« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の18件の記事

2006/07/31

今年初の桃

遅ればせながら今年初めて桃を食べました。

仕事の関係でメロンやスイカばかり食べていたら、

もう中生種の時期になっておりまして、

これは山梨県の白鳳↓

Photo_53

桃を選ぶときは

色や形が良い、傷がないのはもちろんのこと

縫合線(割れ目)があまり深くないものをチェック!

縫合線の近くは甘みがなくて美味しくないんですよ。

だからそれが深いと甘みの部分が少なくなるってことなんです。



それと意外と知られていない桃の切り方。

種までナイフを入れ一周させて、クルッとまわして2つに分けます。

つまりアボガドのように切ります↓

Photo_54

まずこうしてから1/4にカット。

リンゴのようにきれいなくし型になります↓

Photo_55

それから皮を剥くようにすると右側のようにするっと簡単に剥けます。



昨年、桃セミナーを開催した際に、

意外と知られていなかったのでご紹介してみました。

こんなことを教えるのも私のお仕事。

残念ながら今年は桃セミナーやりません。

でも、これから8月上旬までが中生種。

その後、9月上旬まで晩生種が出てきますので沢山食べてくださいね。

ペクチンが多く整腸作用があり、美肌効果が期待できますよ~。



ちなみに桃4個とショートケーキ1個がだいたい同じカロリーです。

「桃は甘くて太るから~」なんて言っておいて、

ケーキ食べないようにしてくださいね~。

| | コメント (0)

2006/07/28

トマトセミナー

自分でもたった今気付いて驚きましたが、

もう発表されているのでお知らせしますね。

8月28日(月)19:00~

田崎真也ワインサロンの短期セミナーで

「トマトセミナー」やります!



おかげさまで6月に開催した「メロンセミナー」が好評で

第2弾となった次第です。

主催者側が募集を始める前にここでお知らせするわけにもいかず、

ご連絡遅くなりました。

詳細はこちら↓

http://www.tasaki-shinya.com/winesalon/seminar/winesalon/tanki/fruitstomato.html

申し込みは8月12日までだそうですよ。



というわけもあり、トマト専門店に行ったりしているわけですね。

8月には長野のカゴメの工場にも行きます。

昨年リプトン・ブルックボンド・ハウスでもトマトセミナー開催していますが、

もうね、大好評でしたから!

でも、今年は日照不足が影響してか、

昨年絶賛されたフルーツトマト「北の恵」・・・値段が倍になっています。

1個480円だって~!

もう笑っちゃいますよね、高すぎて!



これからいいお天気が続き、

セミナー開催の頃には

美味し~いトマトが例年くらいの価格で手に入ることを祈るばかりでございます~。

| | コメント (0)

セレブ・デ・トマト

おとといはビアガーデンに行く前に

青山の「Celeb de TOMATO」というトマト専門レストランでランチしました。

http://www.celeb-de-tomato.com/index2.shtml

ランチは1500円で

パスタ、お魚、お肉の3コースから選べます。

私はお魚、友達はパスタを頼みました。

まず、トマトの酵母スープなるものがショットグラスで出てきます。

_002_2

食前酒だと思って飲んだら、すっぱくてびっくりしました。

それからサラダ↓

Photo_48

中にちょびっとポテトサラダが↓

Photo_49

お魚料理は真鯛のポワレ↓

Photo_50

トマトソースでも良かったかも・・・。

シシリアンルージュの冷たいパスタ↓

Photo_51

シシリアンルージュは何だか最近話題ですね。

調理用トマトなのに生でも美味しい、日本人向けに開発されたトマトです。

そしてデザート↓

Photo_52

ソースがトマト味とのことですが、

ガトーショコラは普通のガトーショコラなわけで・・・。

もっとトマト!なデザートが食べたかったなぁ~。

店頭のショーケースではトマトを使った美味しそうなスウィーツが沢山並んでいただけに残念!

マイクロトマトがベリーのように使われていてかわいかったんですよ~~。

今まで食べたトマトデザートでいちばん美味しかったのはこちら↓

20065

松見坂「ミラヴィル」のトマトのデザート~バルサミコ風味。

口にした瞬間、思わず「おいし~!」と叫びましたね。






「celeb  de TOMATO」はまだ新しい店ですが、

来週から改装のためお休みです。

もっと思い切って「トマト」色を出してもいいんじゃないかなぁ~。

新装開店に期待しています!

| | コメント (4)

2006/07/27

初ビアガーデン!

今日はまたまたどんよりしている東京ですが、

昨日は久々に

夏~!

という感じだったので

ビアガーデンに行きました。

今年初!です。


出先で、当日突然のお誘いを受けたのですが、

何しろすごいお天気でしたから

それゃあ行くっきゃないでしょ!ですよね~。


訪れたのは、

昨日から始まった

「オリオンビアフェスト」イン・イセタン。

新宿伊勢丹の屋上で沖縄のオリオンビールが飲めるわけです。

催物場で開催している「大沖縄展」と連動した企画で、

1週間限定のレアなビアガーデンです。

http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/event/okinawa/orion.jsp




ビアガーデンといっても

席が決まっていて、注文を取りに来てくれるわけではなく、

オリオンビール(樽生!)や沖縄フードの売店がいくつかあり、

好きなものを買って、

屋上にある椅子やベンチで食べる・・・という

お祭りみたいなラフなスタイル。



昨晩はですね~、

ぬーやるバーガー(スパム、ゴーヤー、卵のバーガー)、ミミガーサラダ、ゴーヤーチャンプルー、石垣の塩使用枝豆を食べました!

ちゃんと沖縄のお店が作っているものなので、どれも美味しかったです!

ソーセージも美味しそうだったんですけどね、

長蛇の列であきらめました・・・。


昨晩は初日ということで夏川りみが来場。生歌がBGMでした。

ステージでの姿を見るには、

当日朝10時から配布する整理券をゲットしなければならないのですが、

姿は見えなくても歌声は屋上中聞こえてましたから問題なし。

夏川りみにあまり興味はありませんが、

沖縄の雰囲気を盛り上げてくれておりました。

開催中は誰かしら沖縄のアーティストが来て、歌っているようです。



来週の月曜までです。ご興味のある方はお早めに~!

ちなみにラストオーダー20時20分。健全です。

| | コメント (0)

2006/07/25

ドゥンガ ブラジル代表監督に!

ドゥンガがブラジル代表監督になりました!

いつかはなるだろうと思っていましたが、

思っていたよりも早くなりましたね~。




ドゥンガは95年から~98年、

私の応援するジュビロ磐田に在籍しておりまして、

ジュビロの黄金時代を築いた立役者です。

当時はジュビロVSアントラーズが人気で

国立競技場で試合することも多く、よく観に行ったものです。




そこでよく目にしていたのが、

ボールのないところで緩慢なプレーをした奥(現マリノス)を怒鳴りつけるドゥンちゃんの姿。

もうね、すごかったですよ。

ブラジル語だから何言ってるのかはわかりませんが、

相当ざわついている観客席に怒鳴り声が聞こえてましたからね。

ブラジルで「鬼軍曹」と呼ばれているだけのことはあります。


ただ、お茶目な面もあり、

その頃サポーターズクラブ会員に届いたニューイヤーカードがこちら↓

Photo_47

天下のブラジル代表監督のこんな姿・・・。

いいんでしょうか?

でも実はもっとすごいのがあったんですよ。

残念ながらすでに私の手元にはないのですが、

羽織袴姿のドゥンちゃん。

確か、子供の七五三の時に

一緒に和装して大喜びというものだったかと・・・。




何はともあれ、

これでしばらくはジュビロの監督にはならないってことですよね。

それはちょっと残念かな。

| | コメント (0)

2006/07/24

欠かさず観ているドラマ

毎週欠かさず観ているのは

日曜日にCS(AXN)で放送されている「LOST」と

Photo_45

月曜日にBS(NHK衛星第2)で放送している「ER」ですね。

「LOST」は先週シーズン2がスタートしたばかり。

「ER」なんかもうⅩⅠですよ。11!

1年に1シリーズ放送だから11年欠かさず観ていることになります。

あと「24」も観てますね。

アメリカのテレビドラマが結構好きなのかな、私。




それにしても、

「ER」は舞台がシカゴなので

登場人物はやたらとコーヒーを飲みます。

食堂、待合室の自販機で、

休憩室のコーヒーメーカーで、

出勤途中や休憩時間にはよくテイクアウトのコーヒーを買っていますよね。

買う場所もいろいろ。

コンビニや路上の出店や行きつけのカフェなどなど。





毎週かかさず観ているわけではないけれど

フジテレビ火曜日放送の「結婚できない男」で

主人公(阿部ちゃん)の部屋のカウンターの右側に

「ティファール アプレシア メタリック」を発見!

確かにインテリアにこだわる男の部屋にはぴったりですよね。

そうそう、ティファール アプレシア、

昨日渋谷のロフトで見かけました。

もういろんなところで買えるみたいですね。




日本のドラマで欠かさず観ているのは

今は「下北サンデーズ」だけ。

下北・・・すぐ近くですし、

友達が小劇団の座長で、

いろいろ知っていたりするので面白く観ています。

下北サンデーズ憧れの「本多劇場」で何回も公演をしている劇団ですが、

友達はいまだに風呂なしアパートに住んでいます。

小劇団の現実はドラマよりはるかに厳しいのですよ!

| | コメント (3)

2006/07/22

アイスティーいろいろ

本日は主催サロンのティーセミナー。

アイスティーのバリエーションをいろいろ作りました。

例えば以前紹介した

カボス園直送美味し~い「はちみつカボス」を使ったアイスティー。

Photo_43

「はちみつカボス」は糖度が高いので

氷を先に入れ、

アイスティーベースをゆっくり氷に当てるように注ぐと

このようにきれいに2層に分かれます。

味ももちろんグッド!

炭酸を加えるとさらに爽やかになります。







その他2種類のアイスティーとホットティーも作りましたが、

好評だったのが

夏限定販売の「はちみつレモンラスク」。

Photo_44

アイスティーのお茶請けにピッタリ。

「東京ラスク」というデパ地下の催事でよく見かけるお店のもの。

インターネットでも買えるようです。

http://www.tokyorusk.co.jp

ケベック州メープルラスクも美味しかったですよ。

8月中は新宿小田急ハルク地下に臨時店がオープン。

焼きたてラスクも売っています。

| | コメント (2)

2006/07/20

「プロデューサーズ」

下高シネマで映画」「プロデューサーズ」を観てきました。

以前手に入れたチラシに

『オペラ座の怪人』『シカゴ』を超えた!

とあったので「オペラ座の怪人」も「シカゴ」も観ていて

結構好きだったので

とても楽しみにしていたのですが・・・。

『シカゴ』>『オペラ座の怪人』>>>>>>>>

『プロデューサーズ」って感じかなぁ~。

おそらくブロードウェイの事情に詳しければ

もっと楽しめたと思うんだけど、

大半の日本人にとってそれは難しいことかもしれませんね。


ミュージカルは大好きで

といってもアンドリュー・ロイドウェ-バーに偏っているんですけど

『キャッツ』と「サンセット・ブルバード』はニューヨークへ

『オペラ座の怪人』と『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド』はロンドンへ観に行きました。

あと日本でのアンドリュー・ロイドウェーバー・ミュージカル・ミュージック・コンサートはおそらく全部行ってます。

痩せていたころのサラ・ブライトマンが懐かしい・・・(遠い目)。




さらに上智大学社会人講座の

「英語でミュージカルを歌う」なんて講座に通い、

ロイドウェーバーの曲、結構歌えます。

ロイドウェーバーは私が勝手に認定する3大天才作曲家の1人。

だって「キャッツ」、「オペラ座の怪人」、「エビータ」、「ジーザス・クライスト・スーパースター」、「スターライト・エクスプレス」ぜ~んぶ作曲したんですよ!

すごいと思いません?


ロンドンでミュージカル見たくなりました・・・。

ちなみにロンドンで『オペラ座の怪人』を観る場合、

2階最前列真ん中の席がおすすめです。

| | コメント (0)

2006/07/18

ねぎトースト

小腹が空いたときに作る超簡単メニューのご紹介。

材料は長ネギ、食パン、市販のサルサソース、スライスチーズ、塩、コショウ、炒め油

食パン1枚にねぎ1/2本が目安。


まず、ねぎを切ります

これはねぎ1本分=食パン2枚分=私の1回分↓(食べすぎ?)

Photo_38

青い部分もしっかり使います。

というか、白い部分より青い部分のほうが栄養価が高いのですよ!

ねぎの青い部分にはカロテン、ビタミンC、カルシウム、カリウムがたっぷり含まれています。

白い部分に多いのはアリシン(ねぎ特有の香り成分)。

食欲増進、抗菌作用、疲労回復などの効果があります。




短冊切りか斜め切りにして、軽く炒めて塩、コショウ↓

Photo_39

食パンに乗せ、その上にサルサソースをかけて、

今日は「ガラムマサラ」も加えてみました↓

Photo_40

さらにチーズを乗せます

(いつもはスライスチーズですが、

切らしていたので薄切りにしたパルミジャーノ・レッジャーノ)

Photo_41

オーブントースターでチーズが溶ける程度に焼いて

出来上がり~!

Photo_42




玉ねぎを使うよりさっぱりしています。

冷蔵庫に生しいたけやマッシュルームなどあれば、加えてみてください。

ちょっぴり豪華になります。




このメニューを知っていれば、

1人暮らしでもねぎ3~4本買えるはず。

ときどきスーパーでねぎ1本だけを買っている子供連れの主婦を見かけますが、おそらくそういう人は「ねぎ=薬味もしくは鍋」なんでしょうね。

だって家族でねぎ1本じゃ、ねぎトースト2人分1回作ったら終わりだもの。

知らないって悲しい・・・。

| | コメント (0)

2006/07/17

今週の野菜たち

2週間に1度、野菜が届きます。

今週届いたのはこちら↓

Photo_35

「美味しんぼ」で紹介されたトマトで有名な「永田農法」の野菜です。

めちゃくちゃ美味しいですが、尋常ではなく高額な野菜たち。

(1回送料込み8925円)

しかも自分で品目を選ぶことは出来ません。

冬瓜や白菜がド~ンと丸ごと届くこともあります。

それでも長い間利用しているのは(おそらく10年以上)、

信じられないくらい美味しい野菜に出会えることと、

高額ゆえに「絶対に無駄にしてはならない」との思いから、

いろいろ工夫して使っているうちに

いつの間にか野菜料理のレパートリーが増えたから。



ただし、素材がいいので

それを生かすべく、あまり手は加えません。

だから、正確には

「物凄く簡単な野菜料理のレパートリーが増えた」

ということなんですね。



何しろ春菊も小松菜もとうもろこしさえも「生」が一番なんですよ~!

| | コメント (0)

2006/07/15

根セロリのサラダ

昨日は教室のお花を買いに下高井戸へ。

下高井戸といったら「ノリエット」。当然寄ります。

今回は以前売り切れていた「根セロリのサラダ」がありました。

_001_3

真っ白!とてもシンプルです。

盛り付け例?↓

_003_3

結構な量ですが一人でペロリ!



根セロリって何?

とよく聞かれます。別名セロリアックといいます。

セロリアックって何?

ともよく聞かれます。

名前のとおり、セロリの仲間ですが

葉や茎ではなく根を食べるセロリです。

見た目はちょっと怖い↓

_004_2

草土出版 野菜図鑑より



高級デパートの野菜売り場で時々見かけます。

見かけても「何これ?」と思われているかも。

皮をむいて、茹でてからサラダなどにします。

しゃきしゃきしていて美味しいですよ~。

セロリほど癖がないのでセロリ嫌いの人もきっと食べれるはず。



世の中には美味しいものがまだまだたくさんあるのです!

全部は無理でも出来るだけたくさん食べたいと思ってます。

だから死ぬまで内臓は丈夫でいたいと願う私なのでした。



本日は自家製ジンジャーシロップのアイスティー、

世田谷マーマーレードのアイスティー&ホットティー、

はちみつカボスのアイスティーその他、を作りました。

暑い夏を乗り越えるためのアイスティーメニューです。

自分で言うのもなんだけど、かなり美味しいですよ~!

| | コメント (2)

2006/07/13

スパイスセミナー

実は11日から先ほどまでココログ使えませんでした。

だからというわけではありませんが、その間にPCを買い換えました。

ただいまデータ移行中。

簡単にケーブル1本で移行出来たデータもありますが、

「あれっどうして移せないの?」というものもあり、結構大変。

しばらくは2台のPCを行ったり来たりの生活になりそうです。


さてさて、かなり前の話になりますが、

先週の土曜日、久々にセミナーに参加する側になってきました。

たまに人の開催するものに参加するのはとっても勉強になります。

今回参加したのは「スパイスセミナー」。


講師はハウス食品の方で

主催は知り合いのソムリエでチーズプロフェッショナルで~~

他にも多才に大活躍中の鳥海容子さん。

とにかくセンス抜群のサロンで

内容も濃い~のでとっても勉強になります。

いろいろ盛り沢山だったのですが、

私のお気に入りは

普通のケチャップにガラムマサラを加えるとググっと大人の味になるというアイデア!

_016

なぜか近所のスーパーでは詰め替え用ガラムマサラしか売っていませんでした。

_015

ケチャップに入れて混ぜるだけ~。

何でもドイツで大流行らしいです。

確かにソーセージとかにつけるとおいしいと思いますもの。

フライドポテトとかフライドチキンとかそういうもの普段食べない私ですが、

これはちょっと試したいかも。

ちなみに大分では鶏のから揚げを天つゆのようなものに付けて食べます。

だから「から揚げ」ではなく、「とり天」と言います。

さっぱり食べられるのでお勧めですよ。

鶏肉摂取量第一位の県の食べ方ですから間違いありませ~ん!


さまざまなチーズをいろんなスパイス、ハーブで食べてみる↓

_014

私はウォッシュタイプのチーズにローズマリーが気に入りました。


本当に勉強になりました!

ケララ州のカレーを食べて、インド、スリランカに行きたくなりましたよ~。

朝からカレーブッフェ、昼も夜もカレー・・・・でもぜんぜん平気な私です。

毎日違う味だから飽きませんよ。

まじでインド行きたい。

でも、11月まで仕事の予定がっ!!!



がんばります・・・・

| | コメント (0)

2006/07/11

カシーナ・カナミッラ

日曜日は白金台のリストランテ「カシーナ・カナミッラ」で打ち合わせも兼ねてランチでした。

前菜がとにかくかわい~い↓

Photo_31

パスタも手打ちパスタなどいろいろ選べます。

本日は乾麺をチョイス。ソーセージが自家製です↓

Photo_33

本日のお魚はホウボウ↓

Photo_34

実は私、魚料理を10年習っておりまして、大抵の魚はさばけました~過去形なのは最近さばいてないから・・・。

ま、鯵や秋刀魚くらいなら大丈夫ですがね。

ほうぼうも好きな魚で昔はよく使っていましたっけ。

鮭丸ごと1本とかアナゴとか当時は結構上手にさばいていましたけど、今はもう無理だろうなぁ。

同じお魚料理教室に通っていてお店を出した人もいます。

荒木町「くつき」の朽木さん。

ダンチューなどにもよく登場する美味しいお店です。

それに比べて私は・・・情けないです。

さて、イタリアンに戻ります。

ドルチェは別料金。

単品もあるけど、こちらも盛り合わせをチョイスして

いろいろ楽しみました。

美味しかったで~す!

| | コメント (0)

2006/07/10

メロン(タカミメロンとマルセイユメロン)

W杯終わりましたね。

決勝戦。3時に起きて生で見ました。

実はウクライナ戦を見て以来「イタリアの守備すごいよ!ブッフォンすごいよ!」と周囲に言いまくっていた私。しかし、まさか優勝するとはね~。やっぱり守備は大切。鉄壁の守りがあってこそ生きる攻撃ですね。

それにしてもジダンがあんなことをするとは・・・。何言われたんだろう?よほどのことなんだろうなぁ。映像があるんだから口元の動きで分析して欲しいけど、おそらく放送できないようなことなんでしょうね。ふとジーコの唾吐き事件を思い出しました。

さて、夏のフルーツセミナー第3報です。

最後はメロンです↓

Photo_23

左がタカミメロン、右がマルセイユメロン

産直ならでは!ツル付きタカミメロン↓

Photo_24

高級メロンにしかツルが付けられないわけではありません。

市場などで高級メロンと大衆メロンの区別をしやすいように、大衆メロンのツルを落とすことにしているだけです。本当は全てのメロンにツルが付いていると食べ頃が簡単に判っていいんですけどね~。上のタカミメロンようにツルがしおれた頃が食べ頃です。

アムスメロンやアンデスメロンよりグリーンが強く、爽やかな見た目です。今回の鹿児島県末吉町高の峰地区のものは糖度18度以上で非常に甘いのですが、後味がさっぱりしているのがタカミメロンの特徴。


こちらはマルセイユメロン↓

Photo_26

まだ新しい品種で生産地が限定されているので、東京ではまず見ることはないと思います。今回は「金福スイカ」と同じく福井産。外観はカボチャのようです。

カットしたところ↓

Photo_27

鮮やかなオレンジ色の果肉です。実はこのオレンジは人参やカボチャと同じカロテンの色。人参嫌いのお子様には是非赤肉メロンを(かなり贅沢ですが)!

硬めで粘着があり、食べ応えがあります。こちらも非常に甘いですが、しつこい感じではありません。今後注目される品種を先取り紹介してみました!

さらに紹介したアイスミントメロンティー↓

Photo_28

写真映り悪っ!もっと綺麗ですよ~~。

| | コメント (0)

2006/07/08

西瓜(マダーボールと金福)

夏のフルーツセミナー第2弾。

今日はスイカについてです。

「スナックパイン」の後に見えるのが

「マダーボール」(左)と「金福」(右)↓

Photo_16

緑色に黒縞の小玉スイカ マダーボールは千葉産 館山の武さんの作ったもの

だから大きな「」印

Photo_17

畑直送なのでまだツルが付いています↑

ラクビーボール型で、糖度が高く、皮が薄いのが特徴。

果肉は赤です↓

Photo_25

ここ数年、特に都心では小玉、ラグビーボール型のスイカがよく売れています。なぜって核家族だから小さい方がよくて、丸型よりラグビーボール型の方が冷蔵庫にすっきり収まるじゃないですか。

千葉の「マダーボール」、茨城の「スマートボール」、その他にも「うり坊」「飛紅船」などいろいろあります。

こちら福井の「金福」はまだ世に出たばかり。

Photo_18

福井市が2003年に品種登録した福井特産品です。

薄い黄色に濃い黄色の縞のある種の少ない小玉スイカ。

切ってビックリ果肉は赤(桃)です↓

Photo_22

黄色と赤のコントラストがキュート!

完熟に近い状態で収穫するので日持ちしません。だから配送しない商品だったのですね。無理やり送ってもらいましたけど・・・。

こちらも「マダーボール」に負けないくらい甘かったです!

無理なお願いを聞いてくれた「高井屋」さん、どうもありがとうございました!

| | コメント (2)

2006/07/07

スナックパイン

昨日リプトン・ブルックボンドハウスの夏のフルーツセミナー

無事終了いたしました。

例によって、3クラスとも大盛り上がり!

あまりの盛り上がりに一度に説明出来そうにないので

ミニシリーズ連載にいたします。

昨日のフルーツたち↓

Photo_15

まず初回にご紹介いたしますのは

セミナーでは最後の最後にトピックスとして紹介した

こちら↓完熟スナックパイン

Photo_13

一見すると普通のパインですが、

これはナント

手でちぎって食べるパインなのです↓

Photo_14

大きなとうもろこしのような感じで

女性も子供も

粒ごとに簡単にちぎることが出来、

芯まで食べることが出来ます。

甘味が強く、酸味が少ないので

パインが苦手だという方にも

是非一度食べていただきたいものです。

きっとパイナップルの見方が変わりますよ!

「人生で初めて出会った不思議な果物だけど、

ここで出会えて本当に良かった」

とのお言葉もいただきました。

参加した皆さん、

相当はまっていたようです。

ちなみに品種はボゴール種、

沖縄や南西諸島で4月~7月に収穫されます。

生産量が少ないのでなかなか手に入らないかも知れませんが、

見つけたら買い!です。

今回は完熟ものだったので格別美味しかったです!

@やっちゃば様ありがとうございました~

| | コメント (1)

2006/07/03

白いお茶

自動販売機でこんなお茶を見つけました。

Photo_11

「白いお茶」 大塚ベバレジ

中国茶の白茶(パイチャ)の白牡丹と白毫銀針を使ったお茶です。

「白茶」は緑茶、紅茶、黒茶・・・と中国茶を6つの色に分けたときの「白」に当たる弱発酵茶。

産地は福建省で、主な消費地は広東省。

特に香港で人気のお茶です。

白牡丹の茶葉はこんな感じ↓

Photo_12

↑これは香港 英記茶荘の大白牡丹王

「本当に白茶の味がするの~?」とかなり疑いながら飲んでみたのですが、

まさにまさに「白茶」の味!

甘味の中に、かなりしっかりと渋味も感じられます。

ヘビーティードリンカーの私にはちょうど良いのですが、

ペットボトルの日本茶の薄~い味になれている普通の人々にはどうなんでしょうかねぇ。

「白茶」はほてりを鎮める効果があるので、夏のお茶として最適です。

美肌効果も期待出来るので特に女性におすすめ。

香港の綺麗な女優さんにも愛飲者が多いお茶です。

そんな絶好のアピールポイント満載の「白茶」なのに、どこにも書いてありませ~ん。

誇大広告が多い中、大塚ベバレジさん謙虚過ぎるのではないでしょうか?

| | コメント (10)

2006/07/02

大葉の大人買い

昨日は主宰サロンで「大葉と梅の紅茶」のセミナーでした。

夏バテ気味、もしくは連日の深夜のW杯サッカー観戦で疲れた身体(それは私・・・)にはピッタリのメニューです。

大葉が大好きなので、夏には大活躍します。

だから購入するときも大人買い~↓

Photo_8

100枚入りです。

まぁね、子供は大葉、買わないと思いますけどね。

紅茶に入れて香り高い「ティーペリーラ」を作るのはもちろんのことですが、

ビールにピッタリのメニューがこちら↓

Photo_9

「豚トロの大葉巻き」

軽く焼いた豚トロにわさびを乗せ、

大葉で巻いて食べます↓

Photo_10

池袋の「ホルモン倶楽部」のメニューですが、今ではすっかり我が家の定番。

実は大葉は野菜の中でもカロテンとカルシウムの含有量がトップクラス!

さらに香り成分には食欲増進、防腐作用があるので夏には欠かせない野菜なのですよ。

単なる刺身のツマで終わらせるのはもったいないです!(それも残す人いますよね~)

どんどん料理に利用して夏を乗り切ってくださいね。

リクエストがあれば、ワインに合うメニューと冷酒に合うメニューもご紹介いたします。

| | コメント (2)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »