« カゴメ富士見工場 | トップページ | 山わさび その2 »

2006/08/23

グッドナイト&グッドラック

下高シネマで「グッドナイト&グッドラック」を観て来ました。

ジョージ・クルーニー監督・共同脚本・出演の映画です。

(「ER」のダグ・ロスですね)

Photo_29

1950年代、

アメリカの「赤狩り」と呼ばれた時代に実在したニュースキャスター

エド・マローの話で、

アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞、美術賞にノミネートされている作品です。




題材が今の暴走するアメリカに当てはまるところもあり、

メッセージ性は高く、

加えて映像も音楽も素晴らしいのですが、

脚本というか構成はこれでいいのかな?という感じでした。

例えて言うなら

11話完結の連続ドラマの

7話から一気に最終話に飛んでしまったような終わり方なんですよ。

敢えて丁寧に流れを追うことを避け、

芸術性を高めたというやり方なのかもしれないけれど

クライマックスはやはり欲しかったかな~という感じ。

あくまで私の感想ですが・・・。



来週は「戦場のアリア」です。

予告編で泣いてしまった私。

どうなってしまうことやら~。

|

« カゴメ富士見工場 | トップページ | 山わさび その2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カゴメ富士見工場 | トップページ | 山わさび その2 »