« 「間宮兄弟」 | トップページ | 香酸かんきつ類セミナー »

2006/10/23

「雪に願うこと」

下高井戸シネマのモーニングショーで「雪に願うこと」を観てきました。

Jackt

すご~く良かったですよ!

後半はず~っと大泣きはしないもののウルウル状態でした。

感動します。

今年もちょうど東京国際映画祭が始まりましたが、

この作品は昨年の東京国際映画祭で

グランプリ、監督賞、最優秀男優賞、観客賞と史上初の4冠を受賞した作品です。

にもかかわらず、上映館が少なく、あまり観た人はいないかもしれません。

もったいないな~。



原作は故相米慎二監督の「風花」の作者の鳴海章の「輓馬(ばんば)」。

北海道のばんえい競馬が舞台で、

馬好きの私にはたまらないわけですが、

あくまで主役は「人間」。

佐藤浩市ってすごい役者だ!と思いました。



実はこの作品、

本当は相米監督が映画化する予定だったものが

監督が急逝してしまっため、

根岸吉太郎監督がその遺志を受け継ぐことになったという

いろんな意味での人間ドラマ溢れる作品です。


北海道の凍てつくような厳しい冬の景色、

朝もやの中の力強い馬の息遣いなどなど

スクリーンでなくては味わえない部分も多いのですが、

何と!ロードショーは今週の下高井戸シネマで終わり!

下高井戸シネマ。全国で最後のロードショーだったようです。

27日までやってます。でも午前だけです。

ご都合のつく方は是非是非!

|

« 「間宮兄弟」 | トップページ | 香酸かんきつ類セミナー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「間宮兄弟」 | トップページ | 香酸かんきつ類セミナー »