« 袋掛けみかん「おふくろさん」 | トップページ | 香港 飲茶「大会堂 美心皇宮」 »

2007/01/28

冬のフルーツ講座 「いちご」

26日。銀座リプトン・ブルックボンドハウスで「いちごセミナー」を開催しました。

昨年も同じ会場で開催した「いちごセミナー」。

昨年ご紹介したいちごはこちら↓

Photo_268

あかねっ娘、紅ほっぺ、アスカルビー、

章姫、アイベリー

昨年、静岡の「紅ほっぺ」は東京に進出したばかりで

なかなか手に入らない品種だったのですが、

今年はCMも流れていて、かなり流通しています。

そして、あかねっ娘。

高級いちごで有名な徳島県佐那河内村の「ももいちご」、

実は品種はこのあかねっ娘です。

ブランド名が「ももいちご」で「百壱五」と書きます。

漢字で書くとちょっとお婆ちゃんぽい。



一方、今年のいちごたちはこちら↓

2007

さちのか、やよいひめ、ふさのか

さがほのか、ゆめのか

「やよいひめ」は群馬県の新しい品種で

群馬県以外では生産することが出来ません。

群馬県の丸山いちご園から取り寄せました。

「ふさのか」は漢字で書くと「房の香」。

房総の房です。千葉県の新しい品種。

「さちのか」「ふさのか」は千葉県の相葉苺園から取り寄せました。

「さがほのか」はもちろん佐賀県。

「ゆめのか」はものすごく新しい品種で

愛知県で作られています。たまに東京でも見かけます。

「さがほのか」「ゆめのか」は実は業務用。

だから粒が揃っていてとても綺麗です。




このラインナップを一度に食べる機会はそうはないと思います。

同じように見えるいちごですが、比べてみると、

果皮の色が濃い赤のもの、オレンジがかったもの、

果皮も果肉も固いもの、果皮は固いけれど果肉は柔らかいもの、

果肉が赤いもの、ピンク色のもの、白いもの、

酸味があるもの、ほとんど感じないものなどなど

本当にいろいろな個性を持っています。


いちご戦国時代と呼ばれ、

各県が特徴のあるいちごを生産している今日この頃、

ビタミンCたっぷりのいちごを

いろいろたくさん食べて楽しんでいただきたいと思います。

|

« 袋掛けみかん「おふくろさん」 | トップページ | 香港 飲茶「大会堂 美心皇宮」 »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 袋掛けみかん「おふくろさん」 | トップページ | 香港 飲茶「大会堂 美心皇宮」 »