« 香港 飲茶「大会堂 美心皇宮」 | トップページ | スペイン料理「カマロン」 »

2007/01/30

食用ほおずき

いちごセミナーの最後にトピックスフルーツとして登場したのは

「食用ほおずき」です↓

Photo_273

えっ、ほおずきって食べられるんですか? とよく聞かれますが、

ほおずき市の「鑑賞用ほおずき」とは品種が異なりますので、

くれぐれもお間違いなく。

「食用ほうずき」は

「フィサリス」、「ストロベリートマト」「オレンジチェリー」などなど、

いろんな名前で呼ばれています。


国産と輸入物がありまして、

国産もハウスものは周年ですが、だいたい秋が旬。

粒が少し大きめになります。

今回は小さくてかわいいチリからの輸入物。






和食の水菓子として、ケーキの飾りとして

最近頻繁に見かけるようになりました。

以前紹介した「タテルヨシノ」の小菓子にもこの通り↓

Photo_275

Photo_274

見た目がかわいいだけでなく、味も美味しい。

すご~く甘くて、ほんの少し酸味があって、

あんずのような味わいです。

一度食べると結構ハマるかもしれません。


と、いうことでトピックスフルーツとして紹介したのですが、

初めて食べるという方も多く、大変に喜ばれました。

世の中には、まだまだ知らない美味しいものがたくさんあるのです!

胃腸を丈夫に、出来るだけ食べられるよう頑張りましょ~。

|

« 香港 飲茶「大会堂 美心皇宮」 | トップページ | スペイン料理「カマロン」 »

果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香港 飲茶「大会堂 美心皇宮」 | トップページ | スペイン料理「カマロン」 »