« 世田谷ティーサロン いちごセミナー | トップページ | 香港 私房菜「黄色門厨房」 »

2007/02/13

「フラガール」

ようやくようやく観て来ました。

各種映画賞受賞しまくりの「フラガール」

Photo_318

映画賞がいろいろ発表され、「フラガール」の名前をよく聞くこの時期、

東京で上映しているのは、よりによって私の通う下高井戸シネマのみ。

ということで、下高井戸シネマ、大変なことになっておりました!

いつもは開演5分前到着で楽勝なのですが、

念のため20分前に到着したところ、すでに大行列。ひぇ~。

さらに人は増え続け、行列は外へ、そして階段、道へ・・・。

私は何とか普通の座席を確保出来ましたが、

後ろ、左右、真ん中の通路にパイプ椅子を追加。

いつもは数えられるほどの観客の映画館なので信じられません!




さて、映画ですが、

いやいや、良かったですよ。期待通り。

映画賞総ナメも頷けます。

「ブラス」「フル・モンティ」のような田舎の再生プロジェクトものと

「ALWAYS 3丁目の夕日」のような古き良き昭和ものと

「ウォーターボーイズ」「スィングガールズ」「シムソンズ」のような

みんなで力を合わせて頑張るエンターティメント青春映画の

いいところを合わせたような映画で、しかも実話がベース。

老若男女問わず、どんな年代でも楽しめます。

泣かされっぱなしです。

笑いの部分は私にはちょっと弱かったけど、他の観客は大笑い。

全員じゃないけれど、上映後拍手している人もいました。

すご~い。




東京では

24日から渋谷、池袋、有楽町、新宿でアンコール上映が始まるそうです。

下高井戸シネマ、その前にスケジュールを入れていたのがラッキーでした。

でも、来週は「蟻の兵隊」だから、また空いているんだろうなぁ・・・。

再来週の「カポーティ」は絶対観たいです!



うちに帰ってジェイク・シマブクロのアルバム

「gently weeps」を聴きました。

映画を観てから聴くとまたグッといい感じになりますね~。

音楽がいいから、劇場でいい音で観たい映画です。

まだ観ていない方はアンコール上映に行くことをお勧めいたします。

あ、下高井戸シネマでも16日まで上映しております。

|

« 世田谷ティーサロン いちごセミナー | トップページ | 香港 私房菜「黄色門厨房」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷ティーサロン いちごセミナー | トップページ | 香港 私房菜「黄色門厨房」 »