« スプレー式グラッパ | トップページ | 「恐れを知らぬ川上音二郎一座」 »

2007/07/28

リプトン・ブルックボンドハウス「きゅうりセミナー」

昨日はリプトン・ブルックボンドハウスにて

ティーコーディネーター取得者対象の研究会講師のお仕事。

今回は

「きゅうりとキューカンバサンドイッチ」ということで、

きゅうりについて

歴史、名前の由来、旬、産地、選び方、保存法、利用法など

詳しくレクチャー。

3種のきゅうりの食べ比べも実施。

308

309

いまや生産量の90%が真ん中の

「白いぼ ブルームレスきゅうり」ですが

まさに旬のこの時期に

こだわり野菜を置く店で時々見かけるのが

上 イボイボシワシワの四川きゅうり

下 最近少し復活の兆し ブルームきゅうり

美味しさは見た目ではありません。

きゅうりの美味しさは歯ごたえ!

露地栽培のものが出回るこの時期、

いろんなきゅうりをお楽しみいただきたいものです。




その後、

アイスティーに合う

「夏向きのキューカンバサンドイッチ」を4パターンご紹介。

実際に皆様に作ってもらって

ティータイムをお過ごしいただきました。

ほんの少し工夫して、手を加えるだけで

美味しいキューカンバサンドイッチを何種類も作れるのです。

暑い日には

シンプルで爽やかなキューカンバサンドイッチ、

おすすめです!

|

« スプレー式グラッパ | トップページ | 「恐れを知らぬ川上音二郎一座」 »

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スプレー式グラッパ | トップページ | 「恐れを知らぬ川上音二郎一座」 »