« ティファールケトルHPティーレッスン | トップページ | ラグビーワールドカップ フィジー戦 »

2007/09/26

ラグビーワールドカップ 日本対カナダ

昨晩遅く、

ラグビーワールドカップ2007 フランス大会 

日本対カナダ戦が放送されていました。

オーストラリア戦、フィジー戦、ウェールズ戦に負け、

すでに決勝トーナメントに進めないことは決定していますが

1勝を目指して挑む最後のカナダ戦。

死闘でした。

切れることなく攻めて攻めて攻め続け、

最後の最後のロスタイムに

直前に交代で入った平がトライを決め、

大西がゴールキックを決め、

12-12の同点でノーサイド。

結局、勝てなかったけれど、

最後まで諦めない姿は感動ものでした。

フィジー戦も同じように最後の10分は攻め続け、

でも結局追いつくことなく負けて悔しい思いをしているので

せめて負けなくてよかった、

もちろん勝つことができれば、もっと良かったんだろうけど・・・。







サッカーのワールドカップは国中で盛り上がるのに

日本が6回連続出場しているラグビーに関しては

「ラグビーにもワールドカップがあったんだぁ」などと言われる始末。

そんな日本ではマイナーなラグビーワールドカップ観戦に

フランス、イギリスまで行ってまいりました!

(実は8年前にも行っております)

先述のフィジー戦は目の前で観戦。

CS放送の画面で私たちを見つけた人もいるようです。





そんなわけでしばらくお休みしておりましたが、

これからしばらくの間

ラグビーワールドカップ観戦記、

ロンドンアフタヌーンティー体験記、

ミュージカル鑑賞感想などなど

最新フランス、イギリス情報をお伝えしていきたいと思います。

お楽しみに!

|

« ティファールケトルHPティーレッスン | トップページ | ラグビーワールドカップ フィジー戦 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ティファールケトルHPティーレッスン | トップページ | ラグビーワールドカップ フィジー戦 »