« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の11件の記事

2007/10/28

リプトン・ブルックボンドハウス ティーコーディネータ研究会「リキュールとフルーツティーの研究」

10月24日(水)は

銀座のリプトン・ブルックボンドハウスにて

ティーコーディネーター資格取得者対象の研究会講師を担当。

今回のテーマは

「フルーツティーとリキュール」ということで

Photo

そもそもリキュールとは何なのか?

リキュールの概要(定義、種類、利用法、保存法)を説明した後、

実際にこれまでの「フルーツ講座」で紹介した

さまざまなフルーツティーメニューで

旬のフルーツとともに合わせて使ったリキュールについて説明。

その中から、

果実リキュールの代表ともいえるカシスリキュールと

今が旬の西洋梨の、リキュールを使ったティーメニューを実演、実習。

カシスリキュールは

もちろんクレーム・ド・カシス・デ・ディジョン。

Photo_2

教室で使ったものは明治屋のものでしたが、

いつも私が使うのは近代的カシスリキュール発祥ルジェ社のこちら↓

Photo_3

クレーム・ド~と付いているリキュールは

1リットル当たりに250グラム以上の糖分が含まれている、

という定義がありますがが、

カシスのみ400グラム以上~となります。

甘いのですね。

さて、カシスリキュールを白ワインで割った飲み物をキール、

シャンパンで割ったものをキール・ロワイヤルといいますが

それはなぜだか知っていますか?

続きを読む "リプトン・ブルックボンドハウス ティーコーディネータ研究会「リキュールとフルーツティーの研究」"

| | コメント (0)

2007/10/22

ロンドン紅茶情報3 ヒギンズ

日本ではあまり知られていませんが、

コーヒーが王室御用達の「ヒギンズ」は実は紅茶も有名。

ディークストリートの小さなお店を訪れてみました。

Photo_6

オリジナル・ブレンドとフレーバードティーが多く、

特にストロングなミルクティー用は種類が豊富だったのですが

それらを日本の軟水でいれると恐ろしくストロングになりそうだったので

ストレートでもOKなものをいくつか購入。

Photo_8

ちなみにお店でいちばんのオススメは「シッキム」でした。

Photo_9






ブレンドはまだ封を切っていないので

落ち着いたら日本の水でいれてみたいと思います。

「シッキム」は渋みがやや強く、香り立ちが少々弱めでした。

硬水仕様だから仕方ありませんね。

外国人がお土産を探す店ではないので

ラフなパッケージでお手頃価格の品質の良い紅茶を売っています。

自分のために紅茶を買いたい人にはオススメの店です。

| | コメント (0)

2007年ラグビーワールドカップ 決勝

日本時間の本日早朝、

ラグビーワールドカップ フランス大会 決勝が行なわれました。

9月7日から始まったラグビーワールドカップもいよいよフィナーレ。







パリで行なわれた決勝は

前回大会優勝国でラグビー発祥の地であるイングランドと

そのイングランドを予選プールで倒している南アフリカ。

両チーム ノートライの静かな試合で

結局、予想通り南アフリカが優勝しました。

実は後半イングランドにはビデオで何度もチェックされた

「幻のトライ」がありまして(あれはトライですよ)、

「あれをトライにしてくれていたら~」とも思うのですが、

それでもきっと南アフリカが勝っていたんだろうなぁ~とも。

ウィリアムとヘンリー、王子たちも観戦していたのに残念・・・。

(ちゃんとイングランドのユニフォーム着て観客席に)




とにもかくにも日本ではかなり地味な報道で

あまり盛り上がりませんでしたが

現地ではテレビ視聴率60パーセント超えている大イベント。

今回は会場で生で観戦したのが3試合。




あと一歩!本当に残念だった

日本対フィジー(トゥールーズ)↓

Photo_4

往復の電車がとにかく大変だった

ウェールズ対オーストラリア(カーディフ)↓

Photo_5 

悲しかった

日本対ウェールズ(カーディフ)↓

511




9月23日までのロンドン滞在中は他の試合もパブで観戦。

カーナビーストリートのこちらのパブでは

予選プールを2試合観戦。

Photo_2

パブには大抵テレビがあり、

大会期間中はこんな看板が出ているのです。

Photo





さて、4年後はニュージーランドです。

どうしましょうかねぇ~。

アルゼンチンの天才エルナンデスは

生で観てみたい!というのはあります。

今大会で印象に残ったのは何といってもアルゼンチンとフィジー。

4年後がとても楽しみです。

| | コメント (0)

2007/10/20

ロンドン紅茶情報2 アフタヌーンティー「バークレーホテル」

ナイツブリッジとハイドパークコーナーの中間に位置する

バークレーホテルのアフタヌーンティーメニューは

「プレタポルティー」といい、

トップデザイナーのファッションがティフーズに表現されたもの。

2004年春からスタートした、この人気のアフタヌーンティーメニューは

春夏、秋冬でメニューが変わります。

私が9月に体験したのは2007年春夏メニュー。

今頃は秋冬メニューにチェンジしていることでしょう。







テーブルの上に置かれた元になるデザインたちはこちら↓

410

クリックして大きくしてよ~くご覧下さい。

例えば右上のイエローのバレンチノのドレスが

下の写真の右のムースに

414

上段左から2番目のウンガロのドレスが

左のムースになり、

上に出ているクッキーは脚なので、靴をちゃんと履いています。

手前のビキニは下段左から2番目。







下段真ん中のアニヤ・ハインドマーチのバック、

上段右から2番目の

アレキサンダー・マックィーンの花柄のドレス、

下段右から2番目の

マーク・ジェイコブズのブルーのドレスなどなど

416

写真とお菓子をひとつひとつ当てはめながら楽しみます。







サンドイッチは別皿で提供。

412

なかなかおいしかったです。

綺麗なお菓子たちのお味の方はノーコメント。

1つ2つなら良いのでしょうが、

たくさんあるとよほどの甘いもの好きでなければ飽きてきます。

見て楽しむもの、と言うことにしておきましょう。





テーブルウェアーはポール・スミスの特注品。

411

美しいティフーズを華やかに演出します。

ポンド高というか円安もあり

税金やサービス料などを含むと1人分9千円ほどになりますが、

他では決して体験できないアフタヌーンティーなので

訪れる価値はあると思います。

| | コメント (0)

2007/10/19

中目黒ティーサロン「紅茶とジャムのマリアージュ」

昨日の中目黒ティーサロンは

「紅茶とジャムのマリアージュ」というテーマで、

ホットティーにこのジャムを入れると美味しいんですよ~!

という、講師オススメのティーメニューのご紹介。

580

586

セッティングがピンクの薔薇、なのは

このジャムが登場したからです。

574

フォートナム・アンド・メイソンのローズペタルジェリー。

キュリオシティラインという、F&Mの中でも

高品質で珍しい食品を揃えた特別なラインの商品。

ティーカップの中に大きな花びらと高貴な香りが広がります。

さらに

584

北鎌倉 歐林堂の薔薇のケーキと合わせると

それはそれは優雅なティータイムをお過ごしいただけます。




これだけでもすごいのですが、

他にもストロベリー&シャンパン!ジャムの

贅沢なロシアンティーや

くりとブランデーのジャムの

572

秋のミルクティーなど

ジャムと紅茶のマリアージュをたっぷりとお楽しみいただきました。



何でも入れればいいと、いうものではありませんが、

まだまだ紅茶に入れるとおいしいジャムがたくさんあります。

これからも季節毎においしい組み合わせをご紹介して行く予定です。

お楽しみに!

そんなこだわりの中目黒ティーサロン。

次回の開催は11月15日(木)です。

晩秋を迎えるにあたり、

「身体と心を温める紅茶」というテーマで

スパイスやリキュールを使って、

ポカポカと身体の芯から温まるホットティーをご紹介したいと思います。

「美味しい~!」と心も幸せになること請け合いです。

ご興味のある方は下記まで

p-and-c8@pe.catv.ne.jp

| | コメント (0)

2007/10/13

ロンドンでミュージカル鑑賞2「MAMMA MIA」

ロンドンでミュージカル「MAMMA MIA」を鑑賞。

Photo

タイトルでお解かりのように

ABBA(本当は最初のBが逆)の曲をフューチャーした

1999年春からロングランの人気ミュージカルです。

実はちょうどその1999年秋に

ラグビーワールドカップ(イギリス大会)でロンドンを訪れた際

観たかったのにチケットが取れず、8年経ってやっと、です。

その間、日本でも劇団四季が上演していますが・・・。

やっぱり本場じゃないとね。








アバの曲が22曲使われますが、

そんなにファンでなくても年代さえ合致していれば

ほとんど知っているはず。

タイトルの「MAMMA MIA」をはじめ

「DANCING  QUEEN」

「MONEY、MONEY、MONEY」

「SOS」

など自分でも驚くほど聞いたことがある曲ばかり。

観客の年代が結構高めですが、

最後はオールスタンディングになり、

会場全体で歌いまくり踊りまくりで大いに盛り上がり、

「あ~楽しかった~!!」と全員笑顔になるミュージカルです。






そして、何といっても注目はこの人。

Photo_2

母親の友達ロジー役のジョアンナ・モンロさん。

おいしいところは全部持っていっちゃってました。

会場を笑わせる、かなり重要な役です。





ということで帰国してから気になって仕方がないのが

ただいま撮影中の映画「MAMMA MIA」のキャスト。

製作トム・ハンクス、

主演の母親役メリル・ストリープでかなり期待できそうなのですが、

ロジー役が誰なのかの情報が入ってきません。

ミュージカルと同じテイストにするなら

そこが肝心なのですが、どうなんでしょうねぇ~。

| | コメント (0)

2007/10/10

紅茶の日 ティファールティーレッスン参加者募集中

11月1日(木)の紅茶の日に

「ティファールケトルを使ったおいしい紅茶のいれ方レッスン」を

開催することになりました。

http://www.t-fal.co.jp/tefal/tealesson/tea_lesson_2.html



11月1日(木)

午前のクラス 11:00~12:30

午後のクラス 14:30~16:00

夜のクラス   19:00~20:30

白金台プラチナ通り沿い イタリア料理「カシーナ・カナミッラ」2階

2

(らせん階段を登った2階です)

定員 各回10名(応募者多数の場合は抽選により決定)

参加費 無料

申し込み締め切り 10月14日(日)24:00

            当選者には10月21日までにご連絡。          

受付は上記サイトの応募フォームからのみになります。



内容はおいしい紅茶のいれ方の基本を実演、実習。

紅茶に興味のある方、

実際にティファールケトルを使って紅茶をいれてみたい方は

抽選になりますが、是非お申し込みくださいませ。




「T-fal Tea Lesson」連載中です↓

http://www.t-fal.co.jp/tefal/tealesson/vol_1/tea_lesson.html

| | コメント (0)

2007/10/09

世田谷ティーサロン 英国紅茶報告会

6日は世田谷ティーサロンを開催。

英国で購入してきた紅茶とお菓子を楽しみながら、

プチ最新英国紅茶事情案内。

537

英国で購入した紅茶は

英国の硬水に合わせたブレンドなので

それをそのまま同じように日本の軟水で入れると

水色はそれほどでもないのですが、

渋みが強く出て大変なことになります。

何回かのリハーサルをして、

軟水でもおいしく飲めるように調節してご紹介。

ストレート用はどうしても香りが弱いのですが、

ミルクティー用は牛乳を入れるとキャラクターがガラッと変わり、

とてもおいしくなるから不思議なんですよね~。

さすがミルクを入れてティスティングをする国、ですね。






世田谷ティーサロンでお楽しみいただいたのは

マークス&スペンサーのオーガニックショートブレッド。

545

555

今回の訪英で驚いたのが

マークス&スペンサーがちょっとお洒落なスーパーになっていたこと。

特に食品に関してはオーガニックや国産にこだわっていて

フレッシュジュースなどかなりおいしくてビックリ。

おそらくイギリスだけではなくヨーロッパ全体で

食の安全に関する意識が相当高くなっているのだなぁと感じました。







18日の中目黒ティーサロンでは

また別のショートブレッドをご紹介する予定です。

他にもフランスで購入したお菓子や

イギリスのジャムなども登場予定。

テーマは「紅茶とジャムのマリアージュ」ですが

「英国とフランスのお菓子やジャムを中心にした」という

但し書きが必要かもしれませんね。

参加予定の方はお楽しみに!

中目黒ティーサロン問い合わせ

p-and-c8@pe.catv.nejp

担当 佐野

| | コメント (0)

ラグビーワールドカップ 準々決勝

ラグビーワールドカップがすごいことになっております。

誰がどう考えても世界一のオールブラックスが

(ニュージーランドのこと。

なぜか唯一ニックネームが公式な呼び方の国)

開幕戦で格下のアルゼンチンに負けて

開催国なのに~と言われていたフランスに負けてしまいました。

勝利の瞬間、フランス中で車のクラクションが鳴り響き、

朝までお祭り騒ぎだったようです。

そりゃあそうでしょう。

フランスの皆様おめでとうございます。

そして

オールブラックスが負けると具合が悪くなる人続出という

ニュージーランド・・・大丈夫でしょうか?






さらにランキング2位のオーストラリアが

南アフリカに完封負けして大丈夫なのか?と心配されていた

イングランドに負けてしまいました。

ラグビーの母国で前大会優勝国の意地、ですね。

そして、全得点がジョニー・ウィルキンソン。

やっぱりスーパースター(女王陛下から勲章もらってます)は

違いますよね。

これはフランスも同じ。

いいところで出てきたミシャラクが絡んだトライで逆転。

ジャパンも最後の最後で大畑が出てきたら何とかなっていたかも~と

ふと思ってみたり。







そんなジャパンと戦ったフィジーも

南アフリカ相手に大健闘。

連続トライで同点に追いついたときは我が家はお祭り騒ぎ状態。

感動しました。

フィジーのラグビーって本当に見ていて面白い!

これからアルゼンチンのように強くなっていくことでしょう。

アルゼンチンもスコットランドに勝ち準決勝へ。

アルゼンチンのエルナンデスは天才!





ということで来週の準決勝は

イングランドvsフランスの北半球対決と

南アフリカvsアルゼンチンの南半球対決です。

| | コメント (0)

2007/10/08

ロンドン紅茶情報1

10日間の滞在中何度も訪れたお気に入りのティールーム。

Photo_2

ハイストリートケンジントン駅の近くにある

(道を一本入った住宅街にあります)

「Maffin Mam」というかわいいティールームです。






宿泊ホテルの近くにあり、

ホテルの朝食がおいしくなかったので

ここで朝食を食べることにしました。

私たちと同じような各国の旅行者や近所の人々でいつも満員。

(でも日本人には一度も会いませんでした)

Photo_3

英国式の朝食セットもあるのですが、

サンドイッチのメニューも豊富で

日替わりスープもあるので

スープやサラダを頼んだり、

Photo_4

おいしいサンドイッチを頼んだり、

(イギリスでこんなにおいしいサンドイッチが食べられるなんて!

しかも追加オーダーでパンを焼いてもらうことも可能)

朝からスコーンを食べたり

(スコーンはベイクドスコーン)

Photo_5

すっかり常連でした。





紅茶もちゃんとリーフで、普通においしいので

近くにあれば毎日でも利用したくなるような

そんな、居心地の良い店でした。

| | コメント (0)

2007/10/01

ロンドンで花火

9月15~16日はロンドン市長の主催するイベント

テムズ・フェスティバルがあり、

16日の夜のフィナーレにテムズ川で花火が上がる、

という情報を日本で入手しておりましたので、

ソーホーで夕食後、

どこに行けば良いのか、よくわからなかったけれど、

何となく、チャリングクロス駅辺りからテムズ川方面へ。






最高なのは川に近い巨大観覧車ロンドン・アイだと思うけれど、

さすがにそれは大混雑だろうし、

テムズ川にかかる橋も人でいっぱい。

橋の下辺りの人の集まるエリアで待っておりました。

花火の打上げ予定時間は21時45分頃。

ずいぶん遅いな、という感じですが、

実はロンドンは9月でも

21時くらいはまだ空がぼんやり明るいんですよ。

夏でも夜はしっかり暗くなる日本って

実は花火を上げるには向いている国なんですね。

妙に納得。






21時45分少し過ぎた頃から15分間の饗宴。

445

446

花火って写真では伝わりにくいですね・・・(^_^;)

いや、なかなかどうして盛大でした。










| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »