« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月の17件の記事

2007/11/30

マンダリンオリエンタル「タパスモラキュラーバー」2

マンダリンオリエンタル東京38階

オリエンタルラウンジの一角で毎夜繰り広げられる

食のエンターティメント「タパスモラキュラーバー」。

後半戦のご紹介です。





いつも中目黒ティーサロンで使っている

アルコロック社コスモスのティーカップが登場して

個人的に大うけのメニュー

イベリコの秘密

Photo

カップの中でゆらゆら揺らめく白煙をしばし眺めてから

おもむろにカップをはずすと

スモークの香りがホワッと漂います。

そして煙が消えた後に登場するイベリコ豚

Photo_2

イチジクと合わせて食べると最高においしい!

絶品のスープも残さず完食しました。







メニューにないのでどの辺りで出たのか忘れましたが

いくらとパッションフルーツのシリンダー

Photo_3

つるっと一気に食べなければなりません。

温かくて冷たい不思議な

フォアグラとコーンのスープ

Photo_4

モヒート(空気のカクテル)

Photo_5

この3メニューは器も相当変わっているんですよね。

実際使ってみないととわからないと思いますが・・・。






名物メニューの味噌汁

Photo_6

確かに笑っちゃうほど味噌汁です。

ちょっと薄味でヘルシーな・・・。






他にもいろいろなメニューが登場しましたが、

それは行ってからのお楽しみとして

そろそろデザートのご紹介。

2人分です。

Photo_7

5種類の小さなスィーツが載せられているのですが

私のお気に入りはこちら

ラズベリーアンドブラックペッパー(マシュマロ)

Photo_8

ものすごくラズベリーであり

強烈にブラックペッパーです!

大人の、お酒ともに楽しむスィーツです。最高です~~。

そうそう、ここのメニューは全般的に濃い目の味で

お酒と一緒に楽しむように作られています。

メニューとピッタリのワイン4種のコースや

シャンパン3種のコースがありまして、

私はシャンパン3種をいただきました。







〆のフルーツもサプライズな体験が出来て大満足。

2時間強たっぷり

最初から最後までおいしく楽しく食べることが出来ました。

ここはまさにおいしいもの好きのテーマパーク、

最高のアトラクションです。

3ヶ月に1回25パーセントずつメニューが替わるそうです。

それでなくともマンダリン好きな私

(香港のマンダリン15回以上宿泊)

リピーターになりそう・・・。


| | コメント (0)

2007/11/29

マンダリンオリエンタルホテル「タパスモラキュラーバー」1

1回7席限定で

1日2回(18時~、20時30分~)の完全予約制

遅刻厳禁10分前集合というレストラン。

マンダリンオリエンタルホテル38階ラウンジ

タパスモラキュラーバー」に行ってまいりました。





もうずいぶん前から行きたかったのですが、

なかなか予約が取れず、ようやく念願かなって訪れた

molecular モラキュラー 分子の バーです。

寿司屋のカウンターのように横並びに着席。

Photo_5

7名に対して2名の料理人。1名のサービス係が付きます。

そして始まるのは摩訶不思議な食のエンターテイメントショー。

これこそまさにディナー「ショー」ですね。

メニューには23品。実際には27品出てきました。

Photo_2

その中のいくつかをご紹介。

オリーブの雲↓

Photo_3

しっかり「オリーブ」味な泡です。

カリカリビーツ↓

Photo_4

器も徹底的にこだわっています。

トミくん↓

Photo_7

これは本当に本当においしかったです。

こういう見た目、パフォーマンス性重視のレストランは

「でも味はどうなの?」ということを言われがちですが、

ここのすごいのは「おいしい」ところなんですよ。

特にこの「トミくん」にはノックアウトされました。







いちごのスパゲッティ↓

Photo_8

作り方↓

Photo_9

笑っちゃうほどチーズ味。

そう、おいしくて楽しくて笑っちゃいます。







名物にんじんキャビア↓

Photo_10

作り方↓

Photo_11



まだ半分くらいです。

長くなりそうなので続きは明日。

続きもすごいです!








そんなおいしい生活をしている私の本業は

「お茶のあるおいしい暮らし」を提案することです。

そんな仕事のひとつ

ティファールHPで連載しているティーレッスン3回目はこちら↓

http://www.t-fal.co.jp/tefal/tealesson/vol_3/tea_lesson.html

| | コメント (0)

2007/11/28

「恐れを知らぬ川上音二郎一座」1回目

今月日比谷に新しく出来た劇場

シアタークリエの杮落とし公演

恐れを知らぬ川上音二郎一座」を観に行きました。

692

作・演出 三谷幸喜

出演 ユースケ・サンタマリア 常盤貴子 堺正章

    戸田恵子 堺雅人 浅野和之 今井朋彦 小林隆

    堀内敬子 阿南健治 瀬戸カトリーヌ 新納慎也 小原雅人






それでなくとも人気の三谷作品で

杮落とし公演ということで

チケットは前売り初日に売り切れる超人気の作品です。






もっと早くに観に行きたかったのですが、

初旬のチケットが取れずに20日が経過してしまいました。

なのに、

まるでプレビュー公演のように思えたのですが、

これで完成形ではないですよね?

これから進化していくのですよね?

ですよね?

という感じで私としては不完全燃焼だったのですが

周りのお客さんは大笑いで大満足なご様子。

この温度差は何なんでしょう?

いや、笑えるところはたくさんあるんですよ。

実際細かい台詞で大笑いしましたし・・・。

でも~

三谷さんはこんなもんじゃないと思います。






千秋楽を含め、12月にあと2回観に行く予定ですので

どう変化していくか期待しています。

詳しい感想などはその後に。

あくまで個人的な意見ですが

30分位削ってすっきりさせても良いのではないでしょうか?

とりいそぎの感想

今井朋彦さん、うま過ぎます! 感動しました。

(消臭プラグのお殿様役で有名な役者さんですよ)





あと、シアタークリエ。

ロビー(ホワイエ)狭すぎ。

休憩時間は

食べ物や飲み物を買う人と

それを食べたり飲んだりしている人と

トイレに並ぶ人全員がその狭いスペースにいることになります。

新しい劇場なんだから

そういうことをちゃんと考えてゆったり作って欲しかったです(T_T)

| | コメント (0)

2007/11/27

ゆずのまんま

もはやタイトルを見ただけで口の中がすっぱくなる

めちゃくちゃすっぱいゆずのお菓子

667

お菓子好きの間で話題になっているので

滅多に行かないコンビニに行って買ってみました。


こればかりは食べてみないとわからないと思うのですが、

想像を絶するすっぱさです。

何も知らずに電車の中で食べ始めちゃったりすると

あまりのすっぱさにシワシワな顔になります(笑)






しかもこれ

どこのコンビニでも買えるわけではないところが、

妙に購買意欲をかきたてます。

現在、私の知る限りでは

ナチュラルローソン

ampm

で手に入るようです。

その他、ときどき唐突にキオスクで出会う場合があるようです。



すっぱいものがお好きな方、お試しください。




| | コメント (0)

小さい加湿器

空気が乾燥してきました。

普段はあまり感じませんが

どうも口を空けて寝ているらしく

朝起きると口の中がパサパサになっております。



寝ている間だけほんの少し加湿出来る

音がうるさくなくてコンパクトな加湿器を探しておりました。

いろいろと見ましたが、

そんなに立派なものはいらなかったので

そのあまりの小さくかわいい姿に釘付けになった

ペットボトル使用の

CCPの携帯式加湿器を購入。

本当に小さいので旅行に持っていけます。

688

機能に関しては

大きさと値段(だいたい5980円くらい)を考えたら頑張っています。

ただし超音波式で水が霧状に出てくるだけなので

強めに設定すると冷風が出て寒いです。

弱めに設定して直接人に当たらないようにするのがポイント。

また、作動中は薄ぼんやり青く光るので

寝室で使う場合は光が気にならない場所に置く必要があります。





もう一台、

小さくてお洒落で静かなハイブリット式加湿器が欲しいです。

デザインは断然エレクトロラックスが素敵だけど

ちょっと大きいんですよね~。










| | コメント (0)

2007/11/26

世田谷ティーサロン「フルーツポマンダー作り」

今月の世田谷ティーサロンは新しい試み

「フルーツポマンダーを作りましょう」という企画でした。

オレンジなどのフルーツに

680

殺菌作用のあるクローブを刺して作るフルーツポマンダー。

679

欧米では魔除けやお守りとして古くから伝わり、

クリスマスに向けて家庭で作ります。





フルーツはそのまま置いておくと当然腐っていきますが

クローブを刺すことでミイラ化します。

とはいえ、いくらクローブを刺していても

高温で湿度が高い時期にはカビが発生し腐ってしまいます。

空気が乾燥し、寒くなる晩秋からが作成に適した季節なのですが

今年はいつまで経っても気温が下がらず、

11月初旬に作り始めたものは悲しく腐ってしまいました。







2度目の挑戦で11月中旬に作り始めたもの

681

あと10日くらい乾燥させます。

リボンなどでクリスマスらしくきれいに飾り付けして出来上がり。








世田谷ティーサロンでは

材料をすべてこちらで準備、

おいしい紅茶とお菓子を楽しむ休憩時間付きで

676

677

みなさんで楽しく作業していただきました。

1人での作業は非常に地味で忍耐のいるものですが

大勢での作業はなかなか楽しそうです。

11月の定番セミナーになるかもしれませんね。

| | コメント (0)

2007/11/19

ピエール・エルメのスィーツのミニチュア

カラフルなマカロンで有名な「ピエール・エルメ」。

新宿伊勢丹、渋谷西武など

頻繁に訪れる百貨店にショップがあるので

「季節限定のマカロンあるかな~」とよく覗きます。

先日もそんな感じで覗いたところ、

高さ10センチほどの見慣れない箱を発見!

645

いったい何?

と近づいてビックリ(@_@)

これがいわゆる食玩ってやつですか?

今まで私が決して近づくことのなかったジャンルの商品。

(「チョコエッグ」が流行ったときも

あれを集める人の気持ちがまったく理解できませんでした)

まぁそもそもコンビニに行かないので・・・。





その食玩がなぜピエール・エルメのショップに?

そして、なぜピエール・エルメの食玩が存在するの?

367円と安かったのでとりあえず一つ買いましたよ。

8種類あるのですが、

やっぱりピエール・エルメといえば

マカロンとイスパハンでしょ?

でも私が買ったのは「真夏のサティネセット」という

実物を食べたことのないスィーツのミニチュアでした。

ちょっとがっくり・・・。

652

あのかわいい紙袋まで付いています。

残念ながら葉っぱの部分が切り取られていないけれど・・・。

大きさはこのくらい↓

653

かなり小さいです。







パッと見るとかわいいけど、

よくよく見るとやっぱり367円の商品。

食器戸棚には飾りたくありません。

でもなんだかんだで安いので

「憧れのマカロンセット」か

「バラと私とイスパハンセット」が出るまで買ってしまいそうです。

なんなら大人買いでも・・・。

| | コメント (0)

2007/11/18

来年の「いちごセミナー」募集開始

大好評リプトン・ブルックボンドハウスのフルーツ講座。

2008年第一回目は「いちご」です。

1月29日(火)に午前、午後、夜の3クラス開催。

ホームページでの告知はまだのようですが、

会員向けに送付される講座スケジュールには掲載されていて、

すでに募集は始まっております。





今回で3回目となる「いちごセミナー」は

例年大人気ですが、冷蔵庫のキャパシティの関係もあり、

また、いちごは1個単位で注文できないため、

ギリギリに申し込まれる(いちご注文後)と、

お断りしなければならないことがあります。

来年1月のスケジュールが既にわかっていて、

参加ご希望の方はなるべくお早めにお申し込みください。



季節のフルーツ講座

~旬のフルーツ いちご~

午前のクラス 10:30~12:00 イベント番号 13222 

午後のクラス 14:00~15:30 イベント番号 13223

夜のクラス    18:30~20:00 イベント番号 13224

申し込み先  リプトン・ブルックボンドハウス

         03-3535-1105(10:00~19:00)

         申し込みの際にはイベント番号が必要になります。







ちなみに昨年ご紹介したいちごたちはこちら↓

2007

さちのか、やよいひめ、ふさのか、

さがほのか、ゆめのか







さらに一昨年はこちら↓

Photo

あかねっ娘、紅ほっぺ、アスカルビー

章姫、アイベリー

今年もなるべく異なる品種をご紹介したいと思いますが

そろそろ限界が・・・(^_^;)

でも、きっと3回連続ご参加の方も多いんですよね。

が、頑張ります!!

| | コメント (0)

2007/11/16

中目黒ティーサロン「心と身体を温める紅茶」

今日から急に寒くなりましたね。

昨日の中目黒ティーサロンはそんな寒い日に大活躍の

「心と身体を温める紅茶」というテーマで

生姜やゆず、リキュールを使った

見た目も美しく、飲んでおいしく、本当にポカポカと温かくなる

ティーメニューをご紹介いたしました。







秋も深まり、ググッとシックなセッティング

661

647

658

お揃いの紙ナフキンとキャンドルスタンドはアウガルテンのもの。





ウェルカムティーはウバのクオリティシーズンティー。

それから

英国式ジンジャーミルクティーと

大人のゆず紅茶と

カシス・リキュール・ジャム・ティーを実習。

材料の一部↓

662







メニューに合わせて

お菓子は

ゆずのマカロン、ゆずのクッキー、ゆずの砂糖漬け

ジンジャーショートブレッドをご用意。

650

648

本当にポカポカと温まり、おいしいメニューたち。

ただジャムやリキュールを

紅茶に入れればいいというものではありません。

実は紅茶との組み合わせ方、リキュールの選び方が大事。

お酒好きなティーインストラクターならではのメニューなのでした。




さて、次回の中目黒ティーサロンはクリスマス!です。

世界の伝統的なクリスマスのお菓子を

クリスマスらしいテーブルセッティングでお楽しみいただきます。

12月20日(木)  14:30~

            18:30~

お問い合わせ、お申し込みはこちらまで

p-and-c8@pe.catv.ne.jp(担当 佐野)







「T-fal  Tea  Lesson」 連載中です

http://www.t-fal.co.jp/tefal/tealesson/vol_2/tea_lesson.html

紅茶の日 イベントレポート

http://www.t-fal.co.jp/tefal/tealesson/report/index.html

| | コメント (0)

ボジョレー・ヌーヴォー5種ティスティング

本日11月15日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日です。

第3木曜日の夜は中目黒ティーサロンの開催日なのですが、

実は中目黒ティーサロンは

ワインバーのあるSAKE&WINEショップ「出口屋」さんの2階でして、

1階のバーではボジョレー・ヌーヴォー祭りを開催しております!

642

い、行きたい・・・

でも10時閉店のバーに行くには時間的に厳しいかも、という状態。




いや~人間って目的があるとすごいですね(^_^;)

もっのすごい勢いでシャキシャキと後片付けをして、

ぎりぎりセーフでバーに駆け込みました。

私を待っていたボジョレーたち↓

635

もちろん5種ティスティング(1200円)を注文↓

643

モンドールのチーズはサービス。

生ハムは500円。








魅惑のラインナップは

①ドメーヌ・マチュー

②ジャン・モルテ

③ドメーヌ・ラパリュー

④ドミニク・ローラン

⑤ルイ・テット

素敵でしょ~(^_^)

いわゆるボジョレーらしいのはドメーヌ・マチューですが、

ワインとして好みなのはルイ・テットかな。

ドミニク・ローランはピクルスとものすごく合うのに驚きました。







時間があれば、もう少しチーズを頼んで

5種ティスティングのお代わりをしたかったくらいです。

でもすぐに閉店の時間となりました。

ボトルも素敵なルイ・テットを買いたかったけれど、

残念ながらすでに売り切れ。

ボジョレーらしいドメーヌ・マチューを購入しました。

週末は自宅でボジョレー祭りです(^_^)







肝心の中目黒ティーサロンについては

明日ご報告する予定です。

いや、実はこちらもかなりすごかったんですよ!

なんとなくボジョレーの記事は解禁日に更新したかったので・・・。







「T-fal  Tea  Lesson」連載中です。

http://www.t-fal.co.jp/tefal/tealesson/vol_2/tea_lesson.html

紅茶の日イベントの様子はこちら

http://www.t-fal.co.jp/tefal/tealesson/report/index.html

| | コメント (0)

2007/11/14

家計簿

家計簿購入の季節です。

小さい頃からおこづかい帳をマメにつけていたため

その延長線上で

1人暮らしを始めた18歳から家計簿をつけております。

家計簿といっても

単にその日いくらお財布から出したのかをつけるだけ、の

ごくごくシンプルなもの。

なので

愛用している家計簿もこちら↓

606

「おこづかい帳感覚でつけられるシンプル家計ノート」

オレンジページムック 290円。安っ!

たぶんいちばん安い家計簿です。

昨年も一昨年もず~っとこれ↓

607

毎年、販売中止になったらどうしよう!とドキドキしながら

本屋に行きます。

結構愛用者が多いようで

そこそこ大きな本屋なら売っています。

今年も販売していてよかった!







家計簿というよりは予定表かつ1行日記帳。

そこにその日お財布から出て行った金額を記入するだけ。

項目分けもしておりません。

その月の収入を書いて

日々使った金額と

クレジットカードや光熱費の請求金額を引くと

なんとな~く毎月の金銭の出入りがわかります。

それを何年も続けていると

今年はどのくらい貯金できるか、とか

どのくらい大きく出費(引越しや旅行など)してもいいか、が

わかるようになります。

まぁ要するに「どのくらい使えるか」を知るための家計簿です。



来年もシンプルに家計簿をつける毎日です。

| | コメント (0)

2007/11/11

B.A.ロンドン・アイ

国内旅行でも海外旅行でも

いわゆる観光というものをほとんどしないのですが、

今回のイギリス旅行で唯一訪れた観光名所

それが世界最大の観覧車「ロンドン・アイ」です。

乗車チケット↓

632

633

高さ135メートルだそうです。

巨大なゴンドラは1つに20人以上乗れます。


2000年1月にミレニアム記念に出来たこの「ロンドン・アイ」。

1999年の秋にロンドンを訪れた時、

巨大な丸い輪が斜めに吊り下げられている状態で

ロンドン市内のあちこちから確認できたその謎の物体は

日に日に立ち上がっていったのです。

それは実に不思議な風景で

(今思えばその時毎日写真を撮っていれば面白かったのに・・・)

今回、完成した姿を是非見てみたかったのです。






晴れた日はものすごく混雑するということで、

やや曇りの日に乗ることにしました。

それでも結構市内を見渡せます。

ビックベンや

460

バッキンガム宮殿を見下ろします。

455

セキュリティ的に大丈夫なのか?

あ、これで見張っているのか・・・。





いちばん上に行くと次のゴンドラが見えます

457

454

晴れた日なら絵葉書のような写真が撮れるのではないでしょうか?



1周30分。

乗ったらもう逃げられません。

極度の高所恐怖症の方にはおすすめしませんが、

ゴンドラが大きいのでそれほど恐くありません。

大人£14.5(約3600円)

イギリスの物価は日本の3~4倍の感覚ですので仕方ないですね。

| | コメント (0)

2007/11/10

「アヒルと鴨のコインロッカー」

久しぶりに映画館で映画鑑賞。

腰と喉の病院に通いながらハードな仕事の日々だったので

さすがに映画館は~と我慢しておりました。

仕事が一段落したので雨の中、下高井戸シネマへ。




今日から16日まで夕方18時50分からの1回のみですが

アヒルと鴨のコインロッカー」を上映しています。

Photo

観たかったんですよ。これ。

原作が伊坂幸太郎で

濱田岳くんと瑛太くんのダブル主演。

オール仙台ロケで

主題歌がボブ・ディランの「風に吹かれて」。

私のツボがてんこ盛りです。





なかなか面白かったです。

まぁよく考えると突っ込みどころは満載ですが、

何の予備知識もなしに、

できれば原作も読まずに

いきなり映画を観れば

かなり楽しめるのではないでしょうか?

結構泣けちゃったりします。

若い役者さんたちが頑張ってますよ~。




瑛太くんは「さよなら、小津先生」から観ているので

いい役者さんになったな~とつくづく。

特に今回は頑張ったよね~。

濱田岳くんは私は「金八」を観ていないのですが、

NHKでやっていた多部未華子ちゃん主演のドラマ

「すみれの花咲く頃」でいい味出していて気になっていました。

でも、やっぱり

大塚寧々姉さんや松田龍平兄貴の存在感はすごいです。




私的にいちばんツボだったのが

主題歌というか、ストーリーの中核というか

ボブ・ディランの「風に吹かれて」がやたらと流れていたこと。

「風に吹かれて」は数少ない私が英語で歌える曲の一つなんです。

別にボブ・ディランのすごくファンってわけではありません。

20年位前、某大学の社会人向けの

「歌で英語の発音を練習する講座」に1年ほど通っておりまして、

その時、教材として何週間かに渡って歌っていたのがこの曲。

今でも1番くらいなら歌詞カード見なくても歌えます。

なので、

映画の中でこの歌が流れるたびに

思わず一緒に口ずさみそうになってしまって大変でした(笑)





あと、仙台も大好きで一時期通っておりました。

老舗のおいしい紅茶専門店もあります。

牛タンはもちろんですが、

ろばた焼、冷やし中華も仙台が発祥の地。

発祥の店巡りをしたこともあります。

そういえば最近行ってないな~。

寒いけれど、クリスマスの頃はイルミネーションが綺麗なんですよ。

そろそろ仙台に行こうかしら?

| | コメント (1)

勝どき「かねます」仮店舗

ただいま仮店舗にて営業中の立ち飲み割烹「かねます」へ。

最近は混雑していて6時にはなくなるメニューもあるということで

4時開店で4時5分に行くと

友人はすでに来ていていくつか注文済み。

まずは季節の定番ものを

あわびサラダ↓

620

一見するとポテトサラダか卵サラダなのですが、

ごろごろ入っているのは卵やポテトではなくあわび!

土瓶蒸し↓

624

この季節はこれを頼まなくちゃね!のまつたけたっぷりのメニュー。

6時にはなくなります。

名物 うにの牛肉巻き↓

622

濃厚なあま~いウニととろける生の牛肉の組み合わせの絶品。

同じく名物の「ハイボール」と最高に合います。

黒ビールのあと

1杯目のハイボールを頼む時、

無口な親父さんに笑って「濃い目?」と聞かれました。

いやいや本日は調子が悪いので薄目で~~(笑)

変なことをしっかり覚えている親父さんなのでした。







さて、ハイボールに移ったところで、2回目の注文。

白子のふかひれむし

627

大量の白子がふかひれに包まれて~贅沢!

さよりのからすみ合え↓

629

ぷりぷりのさよりが極上の酒の肴に!

定番 まぐろ↓

631

「かねます」で「まぐろ」といえばこれ。

黒板メニューには「まぐろ」としか書かれていません。

知らない人は出てくると驚くかも。

日本酒もいいかも・・・でもやっぱりハイボールなのよね。

締めで頼んだ千枚漬けは

もはや写真取る状態ではなかったようで・・・。

わさびが利いておいしかったです。

千枚漬けも一工夫してるところがすごい!のでした。

本日はあまり飲まなかったので1人6350円とお安く上がりました。

立ち飲みですが「割烹」ですから。

まぁお値段はそこそこ。







それにしても、

久々に「かねます」を訪れて思ったのは

テレビで紹介されたということで

若い初心者同士のお客さんが増えている、ということ。

「飲み物のメニューは?」(ない!)とか

「なす田楽はないんですか?」(それは夏のメニュー!!)とか

トンチンカンな質問をする人が多く、

大忙しの店がますます忙しくなっております。

しかも、3人以上で来ている喫煙者(まつたけの香りが~)が多く、

わいわいと長居しそうな雰囲気。

1人で来る常連の親父さんたちが少なくなった気がします・・・(T_T)

なぜか同じものを人数分ずつ頼む不思議な人もいるし。

今にソフトドリンクとか言い出す人も来てしまうのでは?

(あくまでこの店は飲み屋で、おいしく飲むための料理なのです)

出来れば、こういう店は

まず常連客に連れてきてもらって

店のシステムを理解したうえで利用してもらいたいと思います。

もしくは控えめに少人数(1~2人)で来て、

常連さんと仲良くなっていろいろと教えてもらってくださいませ。

| | コメント (0)

2007/11/09

ゼネラル・レクラーク

青森からリンゴと一緒に送られてきた西洋梨

ゼネラル・レクラークです。

618

619

月曜日に着いたときには全体に黄緑色でしたが、

だいぶん茶色になってきたのでそろそろ食べ頃です。






西洋梨=ラ・フランスと思っている人がいるほど、

日本では圧倒的シェアを誇る山形特産のラ・フランスですが、

実は食べ頃の判断が最も難しい品種。






ラ・フランスに比べると

青森特産のこのゼネラル・レクラークは

果皮が緑から茶色に変化するので

食べ頃がとてもわかりやすい品種です。

両親は不明ですが、

幻の洋梨ドワイアンヌ・ドゥ・コミスの血を引いているのではないか、と

いわれています。

きめ細やかな果肉は甘くて果汁たっぷり

コミスよりはまだ手に入りやすく、お値段もお手頃。





これから、11月下旬に出てくる新潟のル・レクチェとともに、

もっと普及して欲しい品種です。

| | コメント (0)

2007/11/08

リプトン・ブルックボンドハウス 季節のフルーツ講座「りんご」

11月6日は

リプトン・ブルックボンドハウスのイベント

「季節のフルーツ講座 旬のフルーツ りんご」講師を

担当いたしました。

今年最後のフルーツ講座は2年ぶりのリンゴセミナー。

午前、午後、夜の3クラス合計57名の方に受講していただきました。






今回ご紹介、食べ比べしていただいたりんごたちはこちら

608

上段左からサン陸奥、彩香、サンゴールデンデリシャス、

レッドゴールド

下段左からシナノスイート、星の金貨、はつあき、やたか

すべて青森から送ってもらいました。

1人1品種1/8ずつ食べてもらったので

1人りんご一個ずつ召し上がっていただいたことになります。

同じ品種を1個だと辛いかもしれませんが、

食感、香り、酸味、甘味、果汁の量などが異なるものなので

品種ごとの特徴を確認しながら食べていたら

いつも間にか完食、という感じでした。






日本に流通しているりんごの55パーセントは「ふじ」です。

11月に入るとほとんどが「ふじ」になります。

そんなに皆さん甘い「ふじ」がお好きなのでしょうか?

実は「ふじ」以外のりんごを食べてみると

「意外と酸味の強いりんごが好きなのかも」という方が多いようです。







今回の一番人気は

まだ出来たばかりの品種「青り15号」商品名「星の金貨」でした。

すごく甘い!けれど酸味もしっかりある、

黄色くて皮が薄い丸かじりに向く小ぶりなりんごです。

見た目では買わないかもしれませんね。

でも一度食べたら病み付きかもしれません。

私は酸味がしっかりした「はつあき」が好きでした。

その名の通り初秋のりんごなので、

今年はもう会えないかもしれません(T_T)




りんごの紅茶は新作。

アップル・シナモン・リキュール・ティーを

「4-23(ヨンノニジュウサン)」という

個体番号のまま呼ばれているりんごで作りました。

つる割れがしやすいということで

品種登録出来なかったのに

あまりにおいしいので個体番号「4-23」のまま売っている

という生産地ならではのりんごです。

とても濃い味なので

紅茶の中に浸したものを食べてもしっかり甘い。

こちらも大好評でした。

613




どんどんコアなところへ進んでいる

ここまでやるか!の濃い内容のフルーツ講座。

4年目に突入する15回目の次回は

1月29日(火)開催、大人気の「いちご」です。

今週中に申し込み受付開始だと思います。

「いちご」は毎年人気でキャンセル待ちが出るほど。

ご希望の方はお早めにお申し込みくださいませ。

| | コメント (0)

2007/11/02

紅茶の日イベント ティファールティーレッスン

昨日11月1日は日本紅茶協会が認定した「紅茶の日」。

以前、定期的にティーサロンを開いていた

白金台カシーナ・カナミッラ2階サロンで

「ティファール 紅茶の日 ティーレッスン」を朝、昼、晩と

一日3回担当させていただきました。

604

591

ティファールケトルWEBティーレッスンで展開している

ティファールケトルを使った「紅茶のおいしいいれ方」を

実際に体験してもらいましょう、というイベントです。



どんなことも「百聞は一見に如かず」ではあるのですが、

特においしい味や香りなどは

画面だけではなかなか伝わらない部分もあります。

実際にティファールケトルを手にとっていただき、

その軽さ、持ちやすさ、お湯沸きの早さを確認して

ティファールポイントをチェックしながら

紅茶を入れていただきました。





ティーポットの中の見事なジャンピングの様子を見ていただき、

おいしい紅茶が入ったことを確認!

出来上がった紅茶の水色の美しさに感嘆の声を上げ、

一口、口に含んだだけで

思わず「おいし~い」と声に出して感動する方も多く、

教えているこちらまで嬉しくなってしまいました。






昨日は初心者向け講座ということで

(とはいっても実は参加者の中には

同業者や紅茶に詳しい方も多くいらっしゃいましたが・・・(^_^;))

ティータイムを楽しむお菓子も

私の大好きな定番の品々をご用意。

ものすごく生姜!なウエストのジンジャータルト

598

リーフルのポルボロン

597_2

リーフルのアッサムのティークッキー

596

参加された皆様が今後もティファールケトルで

おいしいティータイムをお楽しみいただけましたら嬉しいです。






ティファール WEBティーレッスン 第2回目 アップしました。

http://www.t-fal.co.jp/tefal/tealesson/vol_2/tea_lesson.html

第3回目は今月末の予定です。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »