« 紅茶の日イベント ティファールティーレッスン | トップページ | ゼネラル・レクラーク »

2007/11/08

リプトン・ブルックボンドハウス 季節のフルーツ講座「りんご」

11月6日は

リプトン・ブルックボンドハウスのイベント

「季節のフルーツ講座 旬のフルーツ りんご」講師を

担当いたしました。

今年最後のフルーツ講座は2年ぶりのリンゴセミナー。

午前、午後、夜の3クラス合計57名の方に受講していただきました。






今回ご紹介、食べ比べしていただいたりんごたちはこちら

608

上段左からサン陸奥、彩香、サンゴールデンデリシャス、

レッドゴールド

下段左からシナノスイート、星の金貨、はつあき、やたか

すべて青森から送ってもらいました。

1人1品種1/8ずつ食べてもらったので

1人りんご一個ずつ召し上がっていただいたことになります。

同じ品種を1個だと辛いかもしれませんが、

食感、香り、酸味、甘味、果汁の量などが異なるものなので

品種ごとの特徴を確認しながら食べていたら

いつも間にか完食、という感じでした。






日本に流通しているりんごの55パーセントは「ふじ」です。

11月に入るとほとんどが「ふじ」になります。

そんなに皆さん甘い「ふじ」がお好きなのでしょうか?

実は「ふじ」以外のりんごを食べてみると

「意外と酸味の強いりんごが好きなのかも」という方が多いようです。







今回の一番人気は

まだ出来たばかりの品種「青り15号」商品名「星の金貨」でした。

すごく甘い!けれど酸味もしっかりある、

黄色くて皮が薄い丸かじりに向く小ぶりなりんごです。

見た目では買わないかもしれませんね。

でも一度食べたら病み付きかもしれません。

私は酸味がしっかりした「はつあき」が好きでした。

その名の通り初秋のりんごなので、

今年はもう会えないかもしれません(T_T)




りんごの紅茶は新作。

アップル・シナモン・リキュール・ティーを

「4-23(ヨンノニジュウサン)」という

個体番号のまま呼ばれているりんごで作りました。

つる割れがしやすいということで

品種登録出来なかったのに

あまりにおいしいので個体番号「4-23」のまま売っている

という生産地ならではのりんごです。

とても濃い味なので

紅茶の中に浸したものを食べてもしっかり甘い。

こちらも大好評でした。

613




どんどんコアなところへ進んでいる

ここまでやるか!の濃い内容のフルーツ講座。

4年目に突入する15回目の次回は

1月29日(火)開催、大人気の「いちご」です。

今週中に申し込み受付開始だと思います。

「いちご」は毎年人気でキャンセル待ちが出るほど。

ご希望の方はお早めにお申し込みくださいませ。

|

« 紅茶の日イベント ティファールティーレッスン | トップページ | ゼネラル・レクラーク »

果物」カテゴリの記事

セミナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅茶の日イベント ティファールティーレッスン | トップページ | ゼネラル・レクラーク »