« タテルヨシノ 芝パークホテル | トップページ | 神谷町「カマロン」 »

2007/12/13

フリーダムライターズ 原作本

「ミリオンダラー・ベイビー」でアカデミー賞主演女優賞を受賞した

ヒラリー・スワンク主演の映画

フリーダム・ライターズ」がとても良かったので

原作本を購入。

一気に読んでしまいました。

723

映画に出てくる生徒たちの日記を綴ったものです。

映画の原作本に関しては

観てから読むか、読んでから観るか

意見の分かれるところだと思いますが、

この本に関しては

映画を観ない状態で読むとわかりにくいような気がします。

映画はよりわかりやすくまとめてあるので

観てから読む、をオススメします。





過激な表現も多々あるのですが、

実はこの本を児童書に分類することもあるようです。

なぜ?

中学生、高校生に読んでもらうためなのでしょうか?

それよりも

教育に関わる仕事をしている人や

中学生、高校生の子供を持つ親にこそ詠んでもらいたい1冊です。




アメリカ版「金八先生」のように思われがちですが、

「金八先生」は架空の人物で

物語はあくまでフィクションですが

「フリーダム・ライターズ」は本当にあった出来事で

しかも状況は「金八先生」よりも遥かに深刻。

そして、先生は若くてきれいな新任の女性教師です。

いや~この主人公エリン・グルーウェルという人はスゴイです。

絶対に諦めない。

普通の人なら「さすがにそれは無理」と思うようなことでも

とにかく挑戦する。

そして実現させる。

そんなことが何度も何度も起こります。

だから、どんな生徒も彼女を信じるようになるのでしょうね~。

「フリーダム・ライターズ」たちのその後、も

詳しく知りたくなりました。

|

« タテルヨシノ 芝パークホテル | トップページ | 神谷町「カマロン」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タテルヨシノ 芝パークホテル | トップページ | 神谷町「カマロン」 »