« 「恐れを知らぬ川上音二郎一座」2回目 | トップページ | 「バッテリー」 »

2008/01/01

「恐れを知らぬ川上音二郎一座」千秋楽

12月27日にも行ったのに

チケットが取れたもので

3日後の千秋楽にも行きました。

今度は何と前から4列目。

811_2

役者さんたちが頻繁に行き来する

あちら側の4列目!

もうかぶりつき状態です。

お芝居の千秋楽やコンサートのツアー最終日は

独特な雰囲気があって大好きなもので

それが東京でない時も1人でふいっと出かけたりする私です。








今回は本当にお得な千秋楽でして、

まず1幕の終わりに役者全員が並ぶ場面に

おそらく三谷さんのいたずらかと思われるのですが、

常盤さんがやかん、阿南さんがモップを持たされておりまして

本人も回りの役者さんも大爆笑!






それから2幕も終わりに近づいた頃、

これも3日前にはなかったことなのですが

瀬戸カトリーヌさんが退場する時に突然でんぐり返し!

マチャアキ師匠が「それは1月公演!」と突っ込む小ネタが・・・。

そう、シアタークリエの1月公演は

森光子さんのでんぐり返しで有名な「放浪記」なのです。

でも、お歳もお歳なので、

でんぐり返しは封印するという記者会見がありましたよね、確か。





そして、鳴り止まぬカーテンコールに三谷さん登場!

例によってのオモシロご挨拶の後、

三谷さんいわく「歌謡ショー」の始まり。

出演者全員で

「川上音二郎一座のテーマ」演奏。

♪野を超え山超え over the sea ~って奴ですね。

(3回も観ると覚えますわ)

常盤さんはこの日のために琴を練習したそうで

三谷さんもアルトリコーダーで参加。

マチャアキ師匠のタンバリンを聞くことも出来ました。




「歌謡ショー」。

DVDの特典映像として入るんだろうなぁ。

3回も観てDVDも買って・・・大変です。

|

« 「恐れを知らぬ川上音二郎一座」2回目 | トップページ | 「バッテリー」 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「恐れを知らぬ川上音二郎一座」2回目 | トップページ | 「バッテリー」 »