« 香港 アフタヌーンティー「マンダリン・オリエンタル」 | トップページ | 香港 「明茶房」 »

2008/02/01

香港 「周菜」

今回の香港旅行のメインともいえるのが

カリスマシェフ周中氏のプライベートレストランへ行くこと。

周中氏は元ハイアットリージェンシーホテルの総料理長で

「料理の鉄人」などにも出演していたので日本でも有名な方です。

昨年末、澳門にオープンしたMGMホテルの調理顧問にも就任し、

大忙しの周さんなので

レストランの開店は「周さんの空いている日」週2日ほど。

これまでも何度か挑戦しましたがNGな日で

今回初めて訪れることが出来ました。





噂には聞いていましたが、これぞプライベートレストラン。

上環の問屋街にある普通のビルの1室にあります。

Photo

看板どころかフロア案内にも何の表示もありません。

住所とマンション名だけが頼りです。

いきなり夜に訪れるとわからないと困るので

昼にロケハンしておいて正解。





今回は4人で訪れたのですが、他にお客さんはなく、

私たち4人のためだけに周さんが腕を振るってくれるという

夢のような状態に!

ジーンズの周さん。

Photo_4

サービスは奥様。

メニューは周さんの手書き。

Photo_2

まずは周さんのスペシャリテ、

パパイヤに入ったフカひれスープが登場。

Photo_3

これはハイアットリージェンシー時代に何度か食べました。

久しぶり~。

鶏肉を詰めた洋梨。ブロッコリーソース添え。

Photo_5

あんかけソースのかかったお魚

Photo_6

トマトに入ったとこぶし(アワビ)

Photo_9

黒胡椒が効いたトマトソースとトコブシは最高に合います。

今回食べた中で最も気に入った一品!

これはすごいです。さすがです。

野菜と海老のXO醤炒め

Xo

なんと!このXO醤をお土産にいただきました。

あまりのおいしさにどんどん使って、もうすぐなくなります(T_T)





野菜の烏龍茶茶漬け

Photo_7

これもハイアットリージェンシー時代に食べました。

眼からウロコの一品です。

にんじんのちまき

Photo_10

そろそろお腹が一杯になってきましたが、

デザートは別腹です。

マンゴーとバナナのムース燕の巣添え

Photo_11

これは絶品です!これだけ食べに来たいくらいです。





周さんのすごいところは、

フカひれをパパイヤに入れちゃったり

マンゴーにバナナを合わせちゃったり、

先入観を持たず「おいしいから」といろいろ組み合わせちゃうところ。

そして見た目が美しいことも

料理の重要な要素であるということも教えてくれます。





ものすごくいい刺激を受けました。

これからも先入観にとらわれず、

きれいでおいしいティーメニューの開発をしていきたいと思います。

|

« 香港 アフタヌーンティー「マンダリン・オリエンタル」 | トップページ | 香港 「明茶房」 »

香港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 香港 アフタヌーンティー「マンダリン・オリエンタル」 | トップページ | 香港 「明茶房」 »