« 世田谷ティーサロン「夏向きティーサンドイッチセミナー」 | トップページ | 山形直送「デラウェア」 »

2008/07/30

「人のセックスを笑うな」

久しぶりに下高井戸シネマへ。

18時30分からのイブニングショーで

山崎ナオコーラ原作

井口奈己監督

若手の女流作家×女性監督作品で

永作ちゃん(永作博美)、松山ケンイチくんに加えて

蒼井優ちゃん、忍成修吾くんも出演する話題作

人のセックスを笑うな」を鑑賞。









下高井戸シネマ、久々の満員御礼。

補助席が次々に追加されておりました。

外にもすごい行列が出来た「フラガール」ほどではないにしろ、

下高井戸シネマでは滅多にない光景。

しかもなかなかお洒落な若者の来場者が多く、

私を含む近所の常連さんたちが浮いていたかも・・・







確かにキャストが豪華というか話題の人々なので

いろいろワイドショーなんかで取り上げられていたけれど

映画自体はどうなんでしょうかねぇ。

悪くはないけど長回し多様で少々退屈。

結構、期待していたので

「う~ん。まぁまぁかな」といった感じでしょうか?

蒼井優ちゃんはひたすらかわいいです。

そうか、「フラガール」もそうだけど

下高井戸シネマは蒼井優ちゃんと相性がいいのかもしれませんね。











音楽が非常に良いです。

特に挿入歌の「ANGEL」はすっごくいいです。

公式HPで流れている曲です。

久々にサントラ購入。

さらにHAKASE-SUNの別のアルバムも購入。

夏のBGMにはぴったりです。

この音楽に出会えたことだけでも

この映画を観た価値はあるというもの。






そうそう

ユリと猪熊さんの関係は結構好きです。

かなり大人になると

よ~くわかる2人の関係性なんだけど

若い作家さんと監督にしてはよく描かれていると思いました。

|

« 世田谷ティーサロン「夏向きティーサンドイッチセミナー」 | トップページ | 山形直送「デラウェア」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷ティーサロン「夏向きティーサンドイッチセミナー」 | トップページ | 山形直送「デラウェア」 »