« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の9件の記事

2008/11/29

ザ・コンランショップカフェ 限定クリーム・ティー

昨年まで「夏の大茶会」を開催していたOZONE。

昨年は地下のティーマーケットを監修させていただき、

何回も通った思い出の場所です。

そんなOZONEを久々に訪問。



11月20日から25日まで

「MY CUP TEA from the UK」という

UK JAPAN 2008オフィシャルイベントがあり

期間中、展示と連動して

コンランショップカフェで限定クリーム・ティーメニューが

提供されていたのです。

クリームティーセット 1000円(税込み)

1868

紅茶は銀座のリプトンティーハウスのもので

ロイヤルミルクティーもポットでたっぷりとサービス。

大きなコンランのカップに2杯分は充分にあったので

普通のティーカップなら3杯分はあったのではないでしょうか?

スコーンは英国大使館 大使公邸前総料理長 畠山氏制作のもの。

1869

サクサクとした軽めの食感のものでした。

・・・がクリームティーのスコーンが1個って珍しいですよね。

紅茶はたっぷりあるのにスコーンが1個で少し悲しかったです。

イベントだから仕方がないんですけど・・・。





いつもあったらいいなぁと思う

おいしいクリームティーでした。

| | コメント (0)

2008/11/26

「ぐるりのこと」

少し前になりますが

下高井戸シネマで「ぐるりのこと」を観て来ました。

「ハッシュ!」の橋口亮輔監督の6年ぶりの作品で

木村多江、リリー・フランキーが主演を務める

夫婦の映画です。

Download_img2

観客は

夫婦の10年間の軌跡(葛藤、戦い)に加え、

法廷画家という夫の職業を通して

90年代に日本で実際に起きた事件

~宮崎勤、オウム真理教、お受験殺人・・・~

などを反映した法廷シーンを

観ていくことになります。

原作、脚本も橋口監督。

よくこんなストーリー思いついたな~と感心します。

主演の二人もものすごい熱演ですが

法廷シーンの脇役が大物ばかりで目が離せません。

新井浩文くん、片岡礼子さんはすごかったです。

記者や同僚として

柄本明さんや寺田農さんもいい味出しています。








結婚して10年以上経っていて子供がいない夫婦、

である人は

身につまされる思いをするかもしれません。

血が繋がっていない(子供を通しても)2人が

長く生活を共にするというのは

それはそれはものすご~くいろいろあります。

映画のふたりのように

殺伐とした時代だからこそ

「ぐるりのこと」(自分の身の周りのこと)を見渡して

「ふたりでいることのしあわせ」を感じることが出来たら

それがいちばんなのかもしれませんね。



| | コメント (0)

ホテル西洋銀座のほうじ茶ロイヤルミルクティー

久しぶりにホテル西洋銀座へ。

2階にある「プレリュード」バー&ラウンジでお茶。

ここでは、

他ではお目にかかれない

「ほうじ茶のロイヤルミルクティー」をいただくことにしています。

1864

紅茶のロイヤルミルクティーよりも

あっさりとしていて優しい風味。

ほのかなほうじ香も感じられ、

妙に落ち着く味です。







夕方には売り切れている銀座マカロンも

ティールームで食べることが出来ます。

1865

場所代がかかりますけどねcoldsweats01

| | コメント (0)

2008/11/20

銀座「野の花 司」

久しぶりに銀座「野の花 司」の茶房へ。

松屋の裏手にある野の花と茶花の専門店で

茶房を併設しています。

かつて茶房は地下にあり

とても小さなスペースでしたが

空也の最中とお茶を楽しむことが出来たので

ときどき立ち寄っていました。










現在、茶房は2階に移り、

少し大きなスペースになり

メニューもいろいろ増えておりました。

ちょっとした軽食もあります。

野山のごちそう 800円

1862

季節の野の花に囲まれていただく

銀杏と栗のご飯に紫芋のきんとんなど

季節感溢れるおかず、お吸い物

そして、ほうじ茶。








銀座でひとりランチするときに使いたい店です。

| | コメント (0)

2008/11/18

銀座「いち利ちゃ屋」

銀座柳通りにある呉服店「いち利」に併設する

日本茶喫茶「いち利ちゃ屋」。

こちらではNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」でも紹介された

静岡の茶師 前田文男さんのお茶が飲めます。

干菓子とともに一煎目

1855

写真用に急須を置いてもらいましたが

自分で淹れるスタイルではなく

向かいに係りの人が座り

目の前でお茶を淹れてくれるシステム。

少々気恥ずかしい感じですが

着物を選びに来たお客様とお茶を飲みながらお話しする、

というのが本来の姿だと思うのでこれは仕方がないでしょう。






ニ煎目はお菓子が選べます。

月曜限定の京都から取り寄せたお饅頭をチョイス

1856

おいしくいただきました。

| | コメント (0)

2008/11/17

銀座「掌」

銀座の備長炭ショップ「」の3階に

今年の6月中国茶のティールーム

TANAGOKORO TEA ROOM」がオープンしております。

初めて訪れてみました。

銀座中央通りに面していて

土、日、祭日は賑わう歩行者天国を見下ろしながら

ゆったりと静かにお茶が楽しめます。

1858

北欧風のインテリアにモダンな茶器を使用。

いわゆる中国茶館ではなく、

お茶も自分で淹れるシステムではありません。

備長炭で洗浄された凛とした空気とともに

空間丸ごとを楽しむ場所といえるでしょう。

| | コメント (0)

2008/11/14

リプトン・ブルックボンドハウス「大人の食育 果物講座」のお知らせ

来年のお知らせです。

2009年1月24日(土)

銀座のリプトン・ブルックボンドハウスにて

「大人の食育 果物講座」を開催します。

これまでかんきつ、いちご、メロン、桃、ぶどう・・・と

18回の果物講座を開催してきましたが

実は果物全体についての講義は

一度も開催したことがありませんでした。





今年の8月に開催した「大人の食育 夏野菜」が好評につき

「大人の食育」シリーズ第2弾としての果物講座です。

いつものように

1品目の果物を掘り下げてじっくり、ではありませんが、

果物全体を見て、比べることで

また新たな発見をしていただければ幸いです。

すでに申し込みを受け付けているようですので

ご興味のある方はお問い合わせください。

初の土曜日で2時間の講座になります。




リプトン・ブルックボンドハウス 

http://www.liptonhouse.com/

「大人の食育 果物講座」

1月24日(土)

10:30~12:30

14:00~16:00

会費5,775円(ティータイム付き)

| | コメント (0)

2008/11/13

中目黒ティーサロン「りんごセミナー」

昨日は中目黒ティーサロンでの「りんごセミナー」でした。

Photo

Photo_5

青森の生産者から直接送ってもらった9品種のりんご

Photo_2

北紅、星の金貨、シナノゴールド、ふじ、北斗

世界一、王林、むつ、紅玉に加えて

「あおもり北彩館」で購入した

大紅栄、栄黄雅を合わせた計11品種を

Photo_3

召し上がっていただきました。

この11品種を一度に食べる機会はなかなかないと思います。

食べ比べてみるとそれぞれのりんごの特徴がよくわかり、

皆様、結構お気に入りのりんごが異なっておりました。






さらには

基本は紅茶セミナーなので

シナモン・リキュール・アップルティーの実演・実習もあり、

青森リンゴのお菓子とともに

Photo_4

ティータイムをお楽しみいただきました。

そして、リンゴのお土産付き!








少人数制だから出来ることが盛り沢山の中目黒ティーサロン。

次回開催は12月17日(水)

クリスマス・ティーパーティーになります。

クリスマスのテーブルセッティングで

クリスマスのお菓子と紅茶をたっぷりとお楽しみいただきます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら(担当:佐野)まで

| | コメント (0)

2008/11/04

銀座「ラデュレ」

ようやく「ラデュレ」に行ってまいりました。

日本1号店として銀座三越に7月26日オープンして以来

行列がすごくて近寄ることが出来なかった

パリ8区に本店のある老舗のサロン・ド・テ。

祭日の午前

テイクアウトは30分待ちで整理券を配布していましたが

意外にもサロンは待たずにすんなり入ることが出来ました。

ずいぶんと落ち着いてきたようです。







イスパハン

1852

バラのマカロンに大振りなフランボワーズ

中を開けると

1866

真ん中はライチとローズペタルクリーム

スィーツと合わせてローズティーをいただきました。

紅茶はフレーバードティーが中心で

ストレートティーはダージリン、セイロン、ラプサンスーチョンなど。




スィーツ以外のお食事のメニューも魅力的で

友人が頼んだフレンチトーストは甘さ控えめ

1848

1849

デパートの中という立地にしては少々お高いとは思いますが

雰囲気とお味はなかなかなので

並ばないで入れるのなら

次回はアフタヌーンティーやランチを楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »