« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の13件の記事

2009/01/28

飲茶はやっぱり「美心皇宮」でしょ

香港といえば飲茶。

飲茶といえばやっぱり「美心皇宮」でしょhappy02

というのが我が家の常識。

今では香港でも数少なくなったワゴン方式の巨大レストランです。

ビクトリア湾に面しているので景色もよく

すごいテーブル数ですが

比較的ゆったりと配置されているので落ち着きます。

香港に来たときには必ず訪れます。





スターフェリー乗り場が移動して

少々不便になりましたが

地下鉄の中環駅からすぐなので

若干わかりにくくはあるけれど一度覚えれば便利な場所です。

リッツカールトンがなくなって(2010年九龍に移転オープン)

宿泊しているマンダリンオリエンタル香港が

この「美心皇宮」に最も近いホテルになりました。








ワゴン形式の良い所は見て選べるところ。

ワゴンを押しているおばちゃんにどんどん声を掛けて

セイロのフタを開け、中を見せてもらいます。

「あ、おいしそう」と思ったら

1個(い~ご)と指を差せばOKhappy01

おばちゃんと何となく話しているうちに

何年かすると

マンゴープリンをモンゴォボウディン

蝦餃子をハーガウ

エッグタルトをダンターと

注文できるようになります。





魚翅灌湯餃(ふかひれ餃子スープ)

Photo

蝦腸粉

Photo_2

芥藍

Photo_3

他にもいろいろ頼みまして

香芒凍布甸(マンゴープリン)

Photo_4

11時から開いていますが

あまり早くに行くとワゴンの数が少なく、

そうかといって

12時前には大行列が出来て整理番号が配られるので

11時30~45分に行くのがベストです。





2008年1月「美心皇宮」訪問記事はこちら

2007年4月「美心皇宮」訪問記事はこちら

2007年1月「美心皇宮」訪問記事はこちら

他にもあったような・・・

とにかくオススメです!





| | コメント (0)

2009/01/27

「蜉蝣峠」のチケット届きましたが・・・

e+の先行予約チケットが届きました。

前回のチケットぴあが2階席でガッカリでしたが

今回はかろうじて1階席でした。

でも

本当にかろうじて、で

1階席のいちばん後weep

1階には890席もあるというのに

列も25列もあるのに

どうして最後列の端っこなんでしょうcrying

今年はチケット運がないかもしれませんsweat02

まぁ取れただけでもラッキーなのかもしれませんが・・・。

| | コメント (0)

西苑酒家

お馴染みのおいしい店が多い香港ですが

いつも同じ店を訪れていてはつまらないので

毎回1店は新しいお店に挑戦することにしています。

今回は初めて「西苑酒家」を訪れてみました。

上海、香港店ともお気に入りの「新吉士」と同じ

銅鑼湾のリーガーデンズ2にあります。

(「新吉士」の1つ下のフロア)






常連客が多い化学調味料を使わない広東料理の店で

地元の人で賑わっています。

まずはおいしいと評判の西苑大哥叉焼(小)を注文

Photo

しっかりしたボリュームのある叉焼でした。

なかなか美味しかったです。

それから

看板メニューの西苑粉絲蟹ぼう(上が保で下が火)を注文

Photo_2

土鍋のフタを開けると蟹がどーんと乗っています。

蟹の下には

蟹の卵やみそが絡まった春雨炒め

Photo_3

とても美味しいのですが

2人だと食べ続けることになるので結構辛いですcoldsweats01

もう一品

海鮮什采ぼう(上が保、下が火)という

海鮮と野菜たっぷりの土鍋に入ったスープも頼んだのですが

写真を撮り忘れました・・・。

とてもさっぱりしていて

土鍋に入っているので温かく美味しかったです。

ただ、こちらもたっぷりの春雨で・・・春雨ばかり食べておりました。

ま、ヘルシーでいいでしょう。






ある程度メニューを研究して行ったのですが

常連さんが多いので

2ヶ月ごとにメニューを変更するのだそうです。

英語表記もなかったので

看板メニュー以外は

「何となくこんなものだろうなぁ」というオーダーになりました。

大きな失敗はありませんでしたが

大人数で行ったらもっと楽しめるんだろうな~と

つくづく思う店でした。









2008年1月「新吉士」訪問記事はこちら

2007年4月「新吉士」訪問記事はこちら

| | コメント (0)

2009/01/25

リプトン・ブルックボンドハウス「大人の食育 果物講座」

昨日は

銀座のリプトン・ブルックボンドハウスにて

「大人の食育 果物講座」を開催。

2036

いつもは果物1品目(ぶどう、りんごなど)について

1時間半の講座なのですが

今回は果物全体なので2時間。

休憩なしで2時間しゃべりっぱなしでしたが

果物全体、代表的な果物14品目についてのレクチャー

旬の果物の試食

旬の果物を使った紅茶とサンドイッチでティータイム

(シニア・ティーインストラクターで野菜ソムリエならではの企画です)

と、あまりの盛りだくさんな内容で

2時間ではもの足りないくらいでした。







旬の果物を使ったティーメニューは

見た目もかわいい新作のストロベリーフレーバーみるくティー。

サンドイッチは

定番のホイップクリームを使ったいちごサンドイッチではなく

簡単に作ることが出来る

爽やかないちごのサンドイッチをお楽しみいただきました。

2037

2月14日バレンタインデーに行なわれる世田谷ティーサロンでも

登場する予定のハート型のいちごがかわいい

ストロベリーフレーバーみるくティー。





さらには

今の時期ならではの越冬有袋みかん小太郎を

愛媛のスエヒロマートさんから取り寄せました。

2032

お供えのみかんのように小さいですが

東京の百貨店では1ヶ210円で販売でしております。

小さいけれど存在感抜群で

いちごの甘さに負けておりません!!



逆にいちごたちは

甘いだけではなく甘みと酸味のバランスの良い品種をチョイス。

東京ではまだまだマイナーですが

群馬の丸山いちご園のやよいひめと

香川の池原農園さんのさぬきひめ

二人の姫をご紹介させていただきました。



そして、

リプトン・ブルックボンドハウスでの次回講座が決定しました。

3月4日(水)午前、午後、夜

「中晩生かんきつ類講座」を開催します。

2月上旬に詳細発表、申し込み受付が始まると思いますが

日程は決定ですので

参加予定の方はスケジュール調整をよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2009/01/21

黄枝記

マンダリンオリエンタルホテル香港は

部屋でチェックインして

ウェルカムティーをいただくことが出来ます。

何も言わなければチャイニーズティーになるようですが

ミルクティーを飲みたかったので

イングリッシュブレックファーストを注文。

Photo

少し落ち着いてから、さて行動開始!



夕食を遅めに予約しているので小腹タ~イム。

(こんなことするから太るんだって!)

麺類を食べに

ヨンキーの向かいにある「黄枝記」へ。

昨年と同じメニューを注文。

招牌蝦子撈麵(海老の卵あえゆで麵)

1943

麵の下に青菜(芥蘭)が隠れています。

1945

これがシンプルだけど抜群においしいんです。

スープが付いて(麺をほぐすのに使用)

36元だから現在430円くらいでしょうか?




鮮蝦雲呑麵(海老ワンタン麺)

1944

プリップリの大きな海老ワンタンが5個も!

すっごくおいしいです。

なのに28元なので330円!!

本当においしいったら!!

だから香港通い止められないのですよね~happy02



香港情報満載の中国茶セミナーを開催します。

1月31日(土) 世田谷ティーサロン

お問い合わせ・お申し込みはこちら





2月18日(水) 中目黒ティーサロン

お問い合わせ・お申し込みはこちら(担当:佐野)

| | コメント (0)

2009/01/19

「蜉蝣峠」先行予約抽選結果

先行予約の段階ですでにチケット争奪戦になっている

赤坂ACTシアターで3月に初日を迎える舞台「蜉蝣峠」。

宮藤官九郎作、いのうえひでのり演出

主演が古田新太

出演者が堤真一、高岡早紀、梶原善、橋本じゅん、

高田聖子、勝地涼、木村了と

演劇好きならたまらない超豪華なキャストたち。

これは観たい!!

ということで

いろんなところの先行予約に申し込み、

イープラス(セゾン)で中日辺り、

チケットぴあで楽日近くのチケットをゲット!(2勝4敗です)

が、しかし

チケットぴあの席はS席なのに2階席crying

1階に890席もあるのに、どうして2階なの・・・と落ち込んでいます。

それでも2回も行けるのだから幸せ者ではあるのですが

確実に前の方が取れるのであれば

あと1回くらい申し込みたい気持ちなのです。

ただ

イープラスの方はチケットが郵送されて始めて席がわかるので

まだ何ともいえない状況なんですよね。

その状態で

公式HPでさらに特別先行予約抽選受付中。

ダメ元で千秋楽かプレビュー、申し込もうかなぁと悩んでおります。








今年はユニコーンの再結成ツアーもあり

(これもものすごいチケット争奪戦となることでしょう)

何だかいろいろと忙しくなりそうです。

| | コメント (0)

2009/01/16

香港から戻りました

25回以上30回以下くらいの香港旅行から昨晩帰宅しました。

エアーは燃油サーチャージが格安のキャセイパシフィック。

同じ距離を飛ぶのに日系航空会社は21,000円、

キャセイなら6400円なのでお得。

細かくそんな計算をしながらも

滞在ホテルは今回も常宿のマンダリンオリエンタル香港。

これだけは譲れません!

Photo

改装してから既に4回目の宿泊wink

相変わらず居心地のいい素晴らしいホテルでした。










これからブログで紹介していくであろう

今回の香港旅行の内容としては

まずはティーインストラクターらしく

香港の最新アフタヌーンティー情報(2ヶ所予定)!

それから香港デザート情報(4ヶ所予定)、

おいしいレストラン情報(5ヶ所)、

そして

中国茶、中国菓子をたくさんたくさん購入してきました!!

そのお茶とお菓子をお楽しみいただきながら

香港のおいしいもの情報を

たっぷりご紹介する中国茶セミナーを開催します。





世田谷ティーサロン 中国茶セミナー

1月31日(土) 14:00~

マンダリンオリエンタルの特製正月(来週が旧正月)菓子登場!!

この時期しか発売されない

美しいパッケージの特別な中華菓子をお楽しみいただきます。

そんな世田谷ティーサロンのお問い合わせ、お申し込みはこちら







中目黒ティーサロン 中国茶セミナー

2月18日(水)

キャセイパシフィック機内でしか購入できない

ペニンシュラホテルのアニバーサリーチョコレートが登場!!

バレンタインデー直後なので

中国茶、中国菓子に加えてのスペシャルプレゼントです。

そんな中目黒ティーサロンのお問い合わせ、お申し込みはこちら

| | コメント (0)

2009/01/10

「ハッピーフライト」

昨年末「ハッピーフライト」を鑑賞。

「ウォーターボーイズ」、「スウィングガールズ」でおなじみの

矢口史靖監督の作品です。

「ウォーターボーイズ」は妻夫木聡くんの出世作であり、

玉木宏くんを認識した映画ですし、

「スィングガールズ」も上野樹里ちゃんの出世作であり、

貫地谷しほりちゃんを認識し、平岡祐太くんがデビューした作品。

あ、本仮屋ユイカちゃんも出ていましたね。

そんな感じで

矢口監督の映画は

「これから」の若手が多く出演するイメージが強かったのですが

今回はメインも脇もメジャーな俳優さんばかり。

その辺りは安心して観ることが出来ました。





テレビでの宣伝などを見ると

綾瀬はるかちゃん主演のCAの映画のようですが

むしろ主演は

副操縦士役の田辺誠一さんのような感じでした。

そして、いちばんおいしいというか、

いい役だな~、と思ったのが機長役の時任三郎さん。



時任さんは確か40代前半の頃

子供の教育のために、と

俳優を辞めて海外に移住していたんですよね。

それってかなりリスキーなことだと思うんだけど

帰国してからもすぐお仕事していて、いや~すごいです。

他にはいない特徴ある役者さん、ということなのでしょう。

確かに「ふぞろい」世代には強烈な印象を残しています。








実は従姉妹がチーフパーサーをやっていました。

寺島しのぶさんが演じていた

ちょっと怖い、もとい責任感のある役ですね。

その従姉妹がチーフパーサーの飛行機に

なんと偶然に2回も搭乗したことがあります。

もうビックリ仰天ですよ。

普段は聞き流している機内アナウンスですが

知っている声で知っている名前が聞こえると

ちゃんと気がつくものです。

近くを歩いていたCAに伝言して

従姉妹を呼んでもらいましたが

そのCAがビビッていたのが・・・coldsweats01

そんなことを思い出しながら鑑賞していました。






予想以上にしっかり作っている迫力ある映画なので

是非大画面で観ていただきたいです。

| | コメント (0)

2009/01/09

いちごのサンドイッチ

今月24日

銀座のリプトン・ブルックボンドハウスで開催される

大人の食育 果物講座」では

果物についての

正しい役に立つ(そして楽しい)情報のレクチャーはもちろん

旬の果物(3種ほど)を召し上がっていただき、

さらには

いちごを使ったティーメニューと

いちごのサンドイッチもお楽しみいただきます。








ということで、ただいま試作、試飲、試食の日々。

毎日1人でいちご1パックを平らげております。

いちごのサンドイッチというと

ホイップクリームを使ったものがほとんどですが

そうすると

簡単にすぐ出来るものではありませんよね。

ということで

思い立ったらすぐに作ることが出来る

もちろんバッチリおいしい

いちごのサンドイッチをご紹介しようと思っております。

お楽しみに!!




| | コメント (0)

2009/01/06

ウェッジウッド経営破たん

まさかこんな日が訪れるとは!

ウォーターフォード・ウェッジウッド経営破たん・・・。

紅茶業界関係者はびっくり仰天なのではないでしょうか?




確かに

一昨年秋に久しぶりに訪れた

ロンドンのリージェントストリート店の寂れようは酷かったです。

陳列棚はスカスカで

閉店セール開催中のようで驚きました。

また、オズボーンなど

永久不滅だと思っていた伝統的なパターンの

ティーカップとケーキプレート以外の製造を中止したのも

考えられないことでした。

そして何より悲しかったのは

ボーンチャイナ製品の原料を中国、

生産をインドネシアに変更したのはショックでした。

そう考えるとかなり前から経営は苦しく、

今回の世界的な金融危機で遂に・・・という感じだったのでしょう。

以前掲載したオズボーン廃盤の記事はこちら

http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_e900.html


日本のウェッジウッドは別会社なので

経営が破綻したわけではありませんし

英国のウォーターフォード・ウェッジウッドも

あれだけの伝統ある、世界的に有名なブランドですから

どこかの会社が引き取ることでしょう。

ただ、しかしながら

これまでの250年とは

多少なりとも異なるブランドになることは否めません。



ウェッジウッドのティーカップは

単なるブランド品でも装飾品でもありません。

本当に紅茶の水色を美しく見せる色合いで

取っ手の形も非常に持ちやすく

おいしい紅茶を飲むための

実用品としての価値が非常に高い商品なのです。

もはや

そういうことに価値を見出せない世の中なのでしょうか?

悲しいことです・・・。

Photo

写真撮影:平良耕(クラッカースタジオ)

すばらしく美しいミルクブラウンを引き出す

ウェッジウッドのティーカップ



そんな状況の中、ウェッジウッド展が全国巡回開催中

1月29日からは横浜そごう

http://www.wedgwood.jp/news/200806/0626_010000.html

混雑しそうです。

| | コメント (0)

「百万円と苦虫女」

11月末に下高井戸シネマ

蒼井優ちゃん主演の「百万円と苦虫女」を鑑賞しました。

Nigamushi_f_1024

脚本と監督が「さくらん」脚本のタナダユキさん。

共演者に森山未來くん、ピエール瀧さん

弟役に斎藤隆成くん。










とにもかくにも蒼井優ちゃんの魅力満載です。

ただかわいいだけじゃなくて

ちょっと風変わりで

不器用だけど憎めない主人公。

アルバイトをして

百万円貯まるたびに

自分を知る人がいないところへ引越しをする女の子は

蒼井優ちゃんをイメージして生み出されたそうです。



ピエール瀧さん、森山未來くんは

まさにはまり役で素晴らしかったのですが

何より感動したのが弟役の斎藤隆成くん!

最近では「流星の絆」でアリアケ長男、

過去にも「砂の器」の本浦少年とか

「ひかるとともに・・・」のひかる君とか

小さい頃から難しい役を上手に演じてきただけあり

存在感抜群。

歩き方とか後姿で感情を表現する子役って!!

いや、すごいですよ。




森山未來くん演じる中島くんとの関係について

感想はいろいろあるようですが

私はラストはあれで良いと思いました。

お洒落で優しい映像、

クラムボン原田郁子書下ろしの音楽にほのぼのしながら

でもちょっと考えちゃう、バランスのいい映画です。


| | コメント (0)

2009/01/04

「アクロス・ザ・ユニバース」

鑑賞直後に首を捻挫して記事を書けなかった映画について。


11月下旬に下高井戸シネマ

アクロス・ザ・ユニバース」を観ました。

タイトルでわかる人もいると思いますが

ビートルスの曲を使ったミュージカル映画です。

監督は「フリーダ」のジュリー・テイモア。

「フリーダ」も観ましたが、かなりアクの強い作品。

好き嫌いは別にして「とにかくすごい」というのが感想でした。







ビートルズの曲が33曲も使われているので

(上映中ついつい数えてしまいます)

ビートルズファンの方は当然観ることでしょう。

でもそれだけで観ると

ジュリー・テイモアの特異な世界に驚くかもしれません。

私はそれほどビートルズマニアではありませんし、

「フリーダ」がそんなに好きだったわけでもありませんが

ちょうどこの直前に劇団四季の「ライオンキング」を観劇し、

(今年10周年だそうですが初観劇です。

海外ではよくミュージカルを観るのですが、

日本のミュージカルにはあまり興味がなく、

機会があり、ようやく・・・)

あの特殊衣装(装置?)の担当がジュリー・テイモアということを知り、

あまりの天才ぶりに映画も鑑賞しよう、となったわけです。







ストーリーはやや暗め、難解な感じですが、

映像表現は相変わらず個性的ですばらしく

また誰もが聞いたことのある有名な曲を

全曲出演者がちゃんと歌っていて(これがまた上手い)

イメージを崩さずに成立しているのはすごいですよね。

あとU2のボーノなど大物のカメオ出演も楽しい。


とにもかくにも

「やっぱりジュリー・テイモアは天才である」

ということをつくづく感じる作品なのでした。


| | コメント (0)

2009/01/01

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。




今朝はお正月らしく

窓から富士山が綺麗に見えておりました。

一応それなりの都心に住んでいるのですが、

高台なのか、晴れた冬の日は富士山を拝むことが出来ます。




さて、今年はどんな年になるのでしょうか?

思えば昨年の初めには

まさか韓国で日本茶セミナーを開いたり、

(そして韓国にハマったり)

広島で小学生に野菜を教えたり、

卒業した小学校で

日本茶食育授業を担当するとは思ってもいませんでした。

いろいろなところから面白いお話をいただき、感謝しております。





世田谷ティーサロン、中目黒ティーサロン、

銀座リプトンブルックボンドハウスの講座など

レギュラーのセミナーに関しては

新しい面白い企画がご紹介できるよう頑張ります!!

そして

昨年に引き続き、

予想外のさまざまなシチュエーションで

日本茶、紅茶、中国茶、果物、野菜のおいしい情報を

より多くの人々に提供出来る機会があれば嬉しいです。





本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »