« 「アクロス・ザ・ユニバース」 | トップページ | ウェッジウッド経営破たん »

2009/01/06

「百万円と苦虫女」

11月末に下高井戸シネマ

蒼井優ちゃん主演の「百万円と苦虫女」を鑑賞しました。

Nigamushi_f_1024

脚本と監督が「さくらん」脚本のタナダユキさん。

共演者に森山未來くん、ピエール瀧さん

弟役に斎藤隆成くん。










とにもかくにも蒼井優ちゃんの魅力満載です。

ただかわいいだけじゃなくて

ちょっと風変わりで

不器用だけど憎めない主人公。

アルバイトをして

百万円貯まるたびに

自分を知る人がいないところへ引越しをする女の子は

蒼井優ちゃんをイメージして生み出されたそうです。



ピエール瀧さん、森山未來くんは

まさにはまり役で素晴らしかったのですが

何より感動したのが弟役の斎藤隆成くん!

最近では「流星の絆」でアリアケ長男、

過去にも「砂の器」の本浦少年とか

「ひかるとともに・・・」のひかる君とか

小さい頃から難しい役を上手に演じてきただけあり

存在感抜群。

歩き方とか後姿で感情を表現する子役って!!

いや、すごいですよ。




森山未來くん演じる中島くんとの関係について

感想はいろいろあるようですが

私はラストはあれで良いと思いました。

お洒落で優しい映像、

クラムボン原田郁子書下ろしの音楽にほのぼのしながら

でもちょっと考えちゃう、バランスのいい映画です。


|

« 「アクロス・ザ・ユニバース」 | トップページ | ウェッジウッド経営破たん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「アクロス・ザ・ユニバース」 | トップページ | ウェッジウッド経営破たん »