« 釜めし「むつみ」 | トップページ | 世田谷ティーサロン「中国茶セミナー(香港案内)」 »

2009/02/01

「越冬袋掛けみかん」をいろいろ楽しむ

1月中旬からは

いろいろなみかんの産地から

「越冬袋掛けみかん」が登場します。

ひとつずつ丁寧に袋に入った小さなみかんたち。

こちらは愛媛のスエヒロマートさんに注文した

越冬有袋味ピカ小太郎みかん

2032

お供え餅のみかんのように小さくて

ビックリするほど甘いです。

贈答用にも相応しいかわいい箱入り。

2033







こちらははなまるフルーツさんに注文した

熊本の越冬袋掛みかん

2030

2031

袋掛みかんにしてはやや大ぶりですが

自宅用には充分。

1日5個のペースで食べております。





袋掛けみかんは

収穫してから袋に入れるのではなく

本来11月中に収穫する早生みかんに

樹になっている状態で袋を掛け

2ヶ月以上樹上で熟成させて

完熟状態の甘いものを1月に収穫して出荷するもの。

小さくて、ちょっと高いけれど

抜群に甘~いみかんです。







下高井戸の果物店で購入したおふくろさん

2065

二つ並べて携帯電話と同じくらいの大きさでした

1個100円

この他

愛媛県の姫みかんや香川県のふるーつ物語など

いろいろあります。

期間限定、そろそろ終盤の袋掛けみかん、オススメです。

|

« 釜めし「むつみ」 | トップページ | 世田谷ティーサロン「中国茶セミナー(香港案内)」 »

果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 釜めし「むつみ」 | トップページ | 世田谷ティーサロン「中国茶セミナー(香港案内)」 »