« 定期的に通うおいしい中華 富士見台「源烹輪」 | トップページ | 劇団☆新感線「蜉蝣峠」 1回目 »

2009/03/30

世田谷ティーサロン「桜のお茶会」

毎年恒例、

世田谷ティーサロンの「桜のお茶会」。

今年は残念ながら

窓の外の桜が開花する前に開催することになりました。

でも、テーブルの上には満開の桜。

2250

桜の日本茶として

茶匠望月庄司さんの普通蒸しの静7132と

釜炒りの静7132、それから桜の葉入り煎茶をご用意。

静7132とは!?

日本茶の品種名です。

桜の葉のような独特の香りを持つ

誕生時には注目されず、名前すら付かなかったお茶・・・

お茶も人間も個性の時代、

最近は桜の季節に俄然注目されるようになりました。










日本茶と楽しむ桜のお菓子たち

桜おこし、桜ラスキュ、桜の餅のどら焼、紗々ら桜

2248

紅茶の桜のお菓子たち

桜のパウンドケーキ

2240

桜の生キャラメル

2241

桜チョコレート

2239

リーフルダージリンハウスのTHE SAKURA

(ダージリンと桜とミントの紅茶)と

新宿高野の桜フレーバードティーとともに

お楽しみいただきました。












次回の世田谷ティーサロンは「2009年春の紅茶の新茶セミナー」。

4月29日(水・祝日)に開催されます。

ダージリンファーストフラッシュ、ニルギリ、ヌワラエリア、ディンブラの

2009年クオリティシーズンティーの中から

講師のセレクトした逸品をご紹介します。

世田谷ティーサロンのお問い合わせ・お申し込みはこちら

|

« 定期的に通うおいしい中華 富士見台「源烹輪」 | トップページ | 劇団☆新感線「蜉蝣峠」 1回目 »

世田谷ティーサロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 定期的に通うおいしい中華 富士見台「源烹輪」 | トップページ | 劇団☆新感線「蜉蝣峠」 1回目 »