« 「銀座 佐人」の佐々さんは相変わらずお元気! | トップページ | 銀座の呉服店の2階で日本茶「GINZA茶楽」 »

2009/04/13

劇団☆新感線「蜉蝣峠」3回目は東京千秋楽

2回目の観劇からまだ4日しか経っていませんが

3回目の「蜉蝣峠」は東京千秋楽の日。

1回目1階最後列、2回目2階席

3回目にして

ようやくの1階ほぼ真ん中辺りという良い席に恵まれました。

オペラグラスなしに役者さんの表情が見える幸せ

1回目、2回目では気がつかなかった細かい動きも良く見えて

さらにお楽しみ倍増!

頑張って3回訪れた甲斐があったというものです。



観客もリピーターが多いせいか

笑いも多く

歌の手拍子、拍手などのタイミングもよく

大層な盛り上がり

千秋楽独特の雰囲気を

役者さんも観客も大いに楽しんでおりました。


そして

新感線の千秋楽ではお馴染みらしい「煎餅投げ」

2283

ど・センターの私の席には舞台上からは届かず

堤さんや古田さんの投げる煎餅を直接キャッチすることは不可能。

さらには

勝地涼くん、木村了くんの若手2人は舞台から消えていたので

2階席?かどこかで配っていた模様。

で、

私が手にした煎餅は

変態悪役人 蟹衛門を演じていた村木さんから配られたもの。

今回の役柄的に、ですが、いちばん微妙かもしれません・・・。

でもまぁそのおかげで

遠慮なくおいしくいただくことが出来ます

|

« 「銀座 佐人」の佐々さんは相変わらずお元気! | トップページ | 銀座の呉服店の2階で日本茶「GINZA茶楽」 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「銀座 佐人」の佐々さんは相変わらずお元気! | トップページ | 銀座の呉服店の2階で日本茶「GINZA茶楽」 »