« 世田谷ティーサロン「桜のお茶会」 | トップページ | 「ラースと、その彼女」 »

2009/04/01

劇団☆新感線「蜉蝣峠」 1回目

3月25日(水)に1回目の「蜉蝣峠」観劇。

2252

ようやく取れたチケットは

昼の部 1階最後列

ちょっと悲しかったけど

私の後ろにさらに「立ち見」スペースがあり

座れるだけ幸せ、なようでした。

でも~

舞台は見やすいですが

役者さんの表情までは見えません。

オペラグラスでご贔屓さんをガン見しておりました










新感線の舞台は初めてでしたが、

今回はクドカン脚本なので

常連客の皆様もちょっとびっくりだったようです。

出だしは細かい笑いが満載で

まさにクドカンワールド!

あの大俳優さんが○○先輩だったとは!!

実は1幕目はまったく気が付きませんでした。

で、

そのままクドカンワールドかと思ったら大間違いで

どんどんダイナミックに

すさまじい舞台になって行きます。

出演者の皆様、達者すぎます。

というか、巧い役者さんじゃないとこの舞台は無理でしょうね。

いや~これは面白いですわ!

劇団☆新感線の舞台、癖になるかも~!!

という人がどんどん増えて

チケット取れないんでしょうね・・・











2回目は2階席です

オペラグラスでも表情見えないかも、なので

今度は舞台全体を楽しもうと思います。

3回目は・・・そう、3回行きます!

楽しみ、楽しみ

|

« 世田谷ティーサロン「桜のお茶会」 | トップページ | 「ラースと、その彼女」 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷ティーサロン「桜のお茶会」 | トップページ | 「ラースと、その彼女」 »