« 劇団☆新感線「蜉蝣峠」 1回目 | トップページ | 「役にたたないもの、美しいと思わないものは家に置いてはならない。」 »

2009/04/03

「ラースと、その彼女」

少し前になりますが

ラースと、その彼女」を鑑賞。

すごくいい映画でした。

観てよかった。

Lars_square

昨年(第80回)のアカデミー賞脚本賞にノミネートされた作品です。

確かに!

脚本がいいです。







寒さが厳しいアメリカ北部の田舎町に住む

心に問題を抱え、

異常なほど人見知りな青年ラース。

そんなラースが

ある日、隣に住む兄夫婦に彼女だと紹介したのが

ネットで購入した等身大リアル・ドール。

というと、

何だかちょっと危ない疑似恋愛映画のような感じですが

そうではなく

リアル・ドールを介しての

ラースと兄夫婦、主治医、同僚、町の人々とのふれあい

そしてラースの心の成長の物語です。








ラースの周りの人々がみんな優しいんです。

それも

いかにも、という感じの優しさではなくて

ちゃんとそれぞれのエゴや嫌な部分も見せながらの優しさ。

だから結構リアリティがあって、感動します。

でも決して号泣はしない。

じんわり、ふふふっといい映画でした。

オススメ!

|

« 劇団☆新感線「蜉蝣峠」 1回目 | トップページ | 「役にたたないもの、美しいと思わないものは家に置いてはならない。」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 劇団☆新感線「蜉蝣峠」 1回目 | トップページ | 「役にたたないもの、美しいと思わないものは家に置いてはならない。」 »