« 「ウォンジョンサムパプチプ」 2009年6月ー6 | トップページ | 「鈍獣」 »

2009/07/01

「チェンジリング」

アンジェリーナ・ジョリー主演

クリント・イーストウッド監督の

チェンジリング」(音楽が流れます)を下高井戸シネマにて鑑賞。

Changeling_0_1024

タイトルの「チェンジリング」とは

「妖精が人間の子供をさらった後に置いていく

妖精の醜い子供」という意味。

ヨーロッパの言い伝えだそうです。

何か怖いですよね~。

Changeling_4_1024

ストーリーはそのタイトル通りで

1928年にロサンゼルスで行方不明になった

クリスティン・コリンズの1人息子

ウォルター・コリンズが

5ヵ月後に見つかって帰ってくるんだけど

その男の子はどう考えても別人、ということで

当然、母親が警察に訴えたら

「精神異常者」扱いされて・・・

という「いくらなんでもロス市警、それはないでしょ」なわけですが

これが実話なのでさらに恐ろしいわけです。

そして、ある事件と結びつき・・・。









かなり古い話ではありますが

これだけ大きな事件のこと

今までまるで知りませんでした。

もっと前に映画化とかされていてもおかしくないのに・・・。

当時のロス市警のひどいことをいろいろ暴露するわけですから

規制されていたのかもしれません。

登場人物が実名っていうのもすごい。

そういうところも

クリント・イーストウッド監督らしい、といえるでしょう。

ただ、さすがに完全に実話、ではないらしく

ほぼ実話という感じらしいです。

何はともあれ

イーストウッド監督の映画だなぁと思いました。

|

« 「ウォンジョンサムパプチプ」 2009年6月ー6 | トップページ | 「鈍獣」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ウォンジョンサムパプチプ」 2009年6月ー6 | トップページ | 「鈍獣」 »