« 中国茶セミナー報告2 | トップページ | 5月のフルーツ講座は「メロン」です »

2010/02/03

寒い日の香港は火鍋 「美味廚」

2010年1月中旬の香港は最高気温が15℃くらい。

これは香港の人にとっては極寒の真冬日です。

ということで

そんな寒い日の香港は火鍋を食べます。

湾仔の「美味廚」へ




17種類のスープの中から

冬瓜と金華ハムと蓮の実と帆立の白いスープと

キムチ豆腐スープをチョイス

ハーフ&ハーフにしてもらうとこんな感じ

2883

10種類のタレの薬味

ごま、ネギ、生にんにく、揚げにんにく、唐辛子、

ごま油、豆板醤、XO醤などなど

2879

具材は140種類以上

メニューと格闘しながら

レタスと豚肉の水餃子と

海老ワンタンのハーフ&ハーフ

それから

日本の黒豚

2884

神戸牛が売りのようで

A5、A4のすごい肉がすごい値段でありました。

その下にオーストリア産、アメリカ産、そしてローカル・・・。

そうそう

この店はテーブルクロスの下に薄い板状の電熱器があって

テーブルの上にそのまま鍋、な状態です。

ちゃんとグツグツと沸騰します。







22種類のミートボールメニューの中からは

虹色のいかボール(ひとつ食べちゃいました)

2886

色の違いは

カボチャ、赤ピーマン、紫芋、ビーツ、ネギと

野菜の違いによるもの。

これはすばらしいアイデア

そしておいしい!









野菜盛り合わせ(ちょっと食べちゃった後)

2885

メニューの選び方によりますが

野菜がたっぷり食べられます。

そして

〆はインスタントヌードル投入

漢字では出前一丁

香港人は出前一丁が大好きなのです。

濃い目のスープと実によく合います

いつか大人数で訪れたいおいしい火鍋レストランでした。

|

« 中国茶セミナー報告2 | トップページ | 5月のフルーツ講座は「メロン」です »

香港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国茶セミナー報告2 | トップページ | 5月のフルーツ講座は「メロン」です »