« 広島の紅茶専門店「linden」 | トップページ | 朝日新聞夕刊に巨峰の記事 »

2010/09/17

くだもの新品種プラットフォーム

大田市場で開催された

第6回くだもの新品種プラットフォームに参加してきました。

今回は「丸ごと!くだもの楽しもう」というテーマで

種なしで皮ごと食べることが出来る

ぶどうの新品種「シャインマスカット」を中心に

丸かじり出来る小さいりんご「シナノピッコロ」や

渋皮が簡単に剥ける日本栗「ぽろたん」などが紹介されました。








「シャインマスカット」は

山梨、長野、山形、岡山、島根と

5つの産地のものが勢ぞろい!

こちらは島根産

3469

私がぶどうセミナーで紹介するぶどうは

山形県か愛知県にお願いしています。

愛知県のぶどうでブドウセミナー(9月8日)

http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-d9f6.html

山形県のぶどうでブドウセミナー(9月13日)

http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-b6e1.html

山形産のシャインマスカットは今週初めに紹介したばかり。

他県のものは初めて食べたのですが

山形産は他より涼しい気候だからか

果形がやや長いような気がしました。

異なる産地の同じ品種を食べ比べてこその発見です。

産地により甘さを追及、甘酸味のバランスを考える・・・

いろいろでした。

他にも岡山の瀬戸ジャイアンツ

3470

山梨のサニードルチェ

3475

山梨のオリエンタルスター

3474

他にも長野のナガノパープル

岡山のオーロラブラックなど

期待の新星が勢ぞろい!

いろいろ食べ比べて思ったのは

ぶどうはどんどん甘くなっていくなぁということ。

そして

大きくて種なしで皮ごと食べられる品種はやっぱり食べやすい!

スィーツなどにも使いやすそうだし

これからの主流はこちらになるのでしょうか?









個人的には

後味すっきりの爽やかなぶどうを

休日のブランチに食べるのがこの上なく幸せなので

あまり甘くしすぎないで欲しいなぁと思ってみたり・・・。










普通のりんごの半分くらい

赤くて小さくてかわいいシナノピッコロ

3464

シナノスマイル、ピッコロビアンコというお馴染みのぶどうがあるので

名前だけ聞いたらぶどうかと思っちゃうかもしれません。









それにしても、

ものすごい種類のぶどうを

ものすごい分量食べている最近の私です。

|

« 広島の紅茶専門店「linden」 | トップページ | 朝日新聞夕刊に巨峰の記事 »

果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島の紅茶専門店「linden」 | トップページ | 朝日新聞夕刊に巨峰の記事 »