« 絶品!函館空弁「阿さ利本店のすき焼きお弁当」 | トップページ | 11月以降のお茶と果物の仕事 »

2010/09/26

国産香酸かんきつ類の紅茶を楽しむ

昨日は世田谷ティーサロンにて

国産香酸かんきつ類の紅茶を楽しむセミナーを開催。

3480

3483

香酸かんきつ類というのは

ミカンやオレンジのように

生で食べるのではなく、

柚子やレモンのように

香りや酸味のある果汁を利用するかんきつ類のこと。

紅茶にレモンでレモンティーは有名ですが

西日本各地の香酸かんきつ類を

紅茶に合わせるのも乙なものです。

国産なので安心安全、そして新鮮、

それぞれ異なる香味を楽しめます。

3488

今回ご紹介したのは

国産のグリーンレモン(今回は長崎産)

大分のカボス

高知の青ゆず

沖縄のシィクワーサー

徳島のスダチ








レモンを入れると紅茶の色(水色)が薄くなるといわれていますが

それはクエン酸が含まれるため。

レモンよりもカボスの方がクエン酸の含有量が多いため

カボス紅茶はレモン以上に水色が薄くなります。

というように

同じ紅茶に入れて飲み比べてみると

水色だけではなく

香り、味もそれぞれ異なるのがよくわかるのです。






ティスティングの後は

ニルギリ、ヌワラエリアで

お好みの香酸かんきつ類のホットティーを入れて(3種類)

お菓子とともにティータイムをお楽しみいただきました。

今回のお菓子は

大分県から取り寄せたカボスを使ったお菓子4種。

ゴーリューの夢というカボスを使った洋菓子

3487

ざびえる本舗の「豊のたちばな

3495

白餡にカボス果汁と果皮が混ざっていておいしいです!

その他、かぼすキャラメルやカボスゴーフルなどもご用意。





香酸かんきつ類の紅茶をたっぷりお楽しみいただいた後

締めの紅茶は

リプトンブルックボンドハウスのダージリンセカンドフラッシュ

今年のリシーハット茶園の茶葉は

撚りがかなりしっかりしていて力強い香味が感じられます。







お土産に川崎かぼす農園のカボスを付けたのですが

皆様さらに追加でカボスをお買い上げ~なので

これからしばらく

「カボスのあるおいしい豊かな暮らし」を送られることでしょう。

そうそう、

ウェルカムティーで

カボスを使ったきれいでおいしいアイスティーもお出ししました。

新作アイスティーです。

写真を撮りましたらご紹介したいと思います。

(忘れなければ・・・)







10月はバナナ、11月はりんごの紅茶を予定しています。

ティーサロン受講者には近いうちにご連絡いたします。

|

« 絶品!函館空弁「阿さ利本店のすき焼きお弁当」 | トップページ | 11月以降のお茶と果物の仕事 »

果物」カテゴリの記事

世田谷ティーサロン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絶品!函館空弁「阿さ利本店のすき焼きお弁当」 | トップページ | 11月以降のお茶と果物の仕事 »