« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の10件の記事

2010/10/27

安くておいしい別府「チョロ松」

まず別府駅到着後まず「湖月」で「餃子」。

3064

夜は北浜の「チョロ松」で

若鶏の唐揚げと

3544

自家製茹でタン

3548

りゅうきゅう

3543

などなど

もちろんカモ吸い(そば入り)も頼みました。

梅酒もおいしいです。

3546

| | コメント (0)

映画「悪人」

ふかっちゃんがモントリオール映画賞という

海外の映画祭で最優秀主演女優賞を受賞したことで

有名になった映画「悪人」を観てきました。

Wp_01_1024x768

確かにこの映画のふかっちゃんは素晴らしいですが

今までの他の映画のふかっちゃんも充分素晴らしく

特にこの映画だからすごい、というわけでもありません。

いつも素晴らしい演技のふかっちゃんです。

監督は「フラガール」の李相日。

ふかっちゃんとともに主演を務めるのは

「天地人」の妻夫木くん。

「天地人」なんかと比べると

いつもと違うイメージ、と思う人もいるかもしれませんが

「砦なき者」の八尋役と比べるとまだ想像できるイメージ。

「砦なき者」みたいな極悪な妻夫木くんもまた観てみたいものです。






まぁとにかく達者な役者さんばかり出てきます。

柄本明さん、樹木希林さんのベテラン陣

岡田将生くん、満島ひかりさんの若手陣と

演技派が勢ぞろいです。

岡田将生くんは最近私の観る映画によく出演しているのですが

「告白」の教師、「悪人」の大学生・・・

似てるけど違う人かと思いました。

何だかイメージがいつも異なります。

テレビではハンサムな好青年役が多いようですが

クセのある役の方が個人的には好きです。










それはそうと

博多の「鉄なべ餃子」が出てきましたね。

うぅ、「鉄なべ餃子」食べたくなってきました~。

| | コメント (0)

2010/10/26

門司港は「焼きカレー」発祥の地

明治から昭和のはじめに貿易港として栄えた門司港には

洋食文化も発展しています。

特に最近は「焼きカレー」の発祥の地として有名で

「焼きカレーMAP」なるものも配布されていて

焼きカレーを提供している29店舗が紹介されています。

4回目である今回は

「陽の当たる場所」という海に面した7階にある

景色の良いレストランに行ってみました。

この店には「焼きカレー」というメニューはなく

「鉄板焼きカレードリア」となっておりました。

鉄板焼きカレードリア

3542





ちなみにこれまで食べた門司港の焼きカレーは

門司港地ビール工房の激熱★鉄板焼カレー

BEAR FRUITSのスーパー焼カレー

2店の訪問記はこちら↓

http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-a436.html

あとは門司港にも支店がある

伽リイ本舗の焼カレーを博多で食べたことがあります。

ふぐ、バナナ、カレー好きな方にオススメの門司港です。

| | コメント (0)

2010/10/24

門司港のおいしい店「富美」

今年も結婚記念日は門司港の「富美」でした。

30年前頃、父と訪れていた店を

最近は夫と2人で訪れています。

地元の食材を生かしたおまかせ料理は

魚だけではなく旬の野菜も上手に取り入れられていて

季節感を感じる素晴らしいものです。

今回は松茸の土瓶蒸しも入っていました。

料理の後はお寿司。

小さな小さな

普通の半分~三分の一サイズのお寿司は

見た目も美しく握られていて

本当においしい!

小さいですがアワビやフグなどすごいネタが登場します。



今年もおいしかったです。

多分、来年も訪れることでしょう。

| | コメント (0)

門司港「バナナフェア」

そもそもなぜバナナ&ティーセミナーを開催したのかというと

毎年秋に門司港で開催される「バナナフェア」を訪れたからです。

ではなぜ門司港でバナナフェアが開催されるのかというと

かつて九州の貿易港として栄えた門司港が

バナナのたたき売りの発祥の地だからです。

当時の日本のバナナといえば台湾バナナ、

地理的に台湾と近い貿易港の門司港には

大量のバナナが荷揚げされるのですが

輸送中に熟してしまったバナナを現金化する手段として

始まったのが「バナナのたき売り」。

3539

門司港にはバナナのたたき売り発祥の地の碑もあります。

Photo

バナナを使ったお土産も豊富にありますし

バナナメニューを提供するお店もたくさんあります。

バナナのフリッター

Photo_2

バナナ好きは是非訪れてほしい街 門司港。

「バナナフェア」では

珍しいバナナの展示などもあります。

巨大な料理用バナナ「ツンドク」

3529

角ばった料理用バナナ「カルダバ」

3530

展示してある「バナナカルタ」

復刻販売してくれないかな~といつも思います。

| | コメント (0)

バナナ&ティーセミナー

昨日は主宰ティーサロンにて

バナナ&ティーセミナーを開催。

3580

ウェルカムティーは

リーフルさんのダージリンセカンドフラッシュ

プッタボン農園DJ-197カクラマスカテル

3563

由布院 亀の井別荘オリジナルのカップ&ソーサーで提供










バナナのたたき売り発祥の地

門司港の話などしながら

3540

バナナ食べ比べ

左から

ペルー産キャベンディッシュ

台湾産山蕉

フィリピン産セニョリータ(モンキーバナナ)

3581






メイプル・バナナ・ミルクティーの実演

茶葉は青山ティーファクトリーさんの

ディンブラ フォーダイスを使用。

カラメル風味がこのメニューにはピッタリ!

3568

実習はチョコ・バナナ・ミルクティー

門司港のバナナ菓子、由布院土産のお菓子と

お楽しみいただきました。

縦切りバナナチップス(トーストタイプ)

亀の井別荘 寒餅あられ

バナナクーヘン、玉の湯のクッキー

3578

バナナゴーフル

3576

〆の紅茶として

リーフルさんの金賞受賞キャンディも提供。

紅茶のテアニンと

バナナのセロトニンで

ゆったり過す秋の午後。

オススメです!





| | コメント (0)

2010/10/19

福岡の名居酒屋「さきと」

別府の実家に帰る途中に福岡へ。

太田和彦さんの居酒屋本に

西日本一と紹介されている

酒と肴の名店「さきと」へ行きました。

地下鉄赤坂駅が最寄り駅のようですが

天神からも歩ける距離です。

カウンター12席のみで常連さんですぐに満員の店なので

少人数でもかなり前からの予約は必須でしょう。






鯨のメニューが目を引きましたが

初心者なので

まずは刺身盛り合わせを注文。

アワビやクエ、タイ、赤身、しめさば、さんま、イカなど盛り沢山。

ごまさばは別に小皿で提供という心配りが素晴らしいです。

魚料理の他にも

豆腐やポテトサラダ、めかぶとろろといった

居酒屋定番メニューも豊富。

海老と里芋のコロッケもおいしかったです。

〆のおにぎりや

味噌汁もいろいろあり

魚の味噌汁を頼んだら

大鉢にタイの味噌汁が出てきてビックリしました。

もちろん、そのおいしさにも驚き!





そして、何より素晴らしいのはお酒のラインナップ。

名前は聞いたことあるけれど

飲んだことはないような

レアな日本酒や焼酎がズラリと並びます。

でも東京ほど高値ではありません。

耶馬美人の芋焼酎や

八海山の米焼酎などを楽しみました。







またひとつ、福岡を訪れる楽しみが増えてしまいました。



| | コメント (0)

2010/10/06

韓国映画「息もできない」

少し前になりますが下高井戸シネマで

韓国映画「息もできない」を見てきました。

韓国映画というと

イケメンが出てくる恋愛映画を想像しがちですが

私が好きな韓国映画は

例えばポン・ジュノ監督でソン・ガンホ主演の

「殺人の追憶」や「グエムル」など、ですね。







「息もできない」はややバイオレンス。

暴力的なシーンも多いためR15ではありますが

ただ暴力的なのではなくて

いえ、決して暴力を肯定しているわけではないのですが

主人公たちが背負う

逃げようのない哀しみやしがらみが

切なくて、どうしようもなくて、泣けてきます。









東京フィルメックスの最優秀作品賞をはじめ

世界の国際映画祭、映画賞で25以上の賞を取った作品で

主人公の借金取立てのチンピラ

サンフン役を演じたヤン・イクチェンが

製作、監督、脚本、編集しているのですが

驚いたことに若干35歳の俳優で

さらにはこの作品が初めて製作した長編映画とのこと。

これはすごい!

天才でしょう!

これからが楽しみな俳優&映画監督です。









それはそうと

サンフンとなぜか意気投合する

女子高生ヨニ役のキム・コッピが・・・

多部未華子ちゃんにそっくりで

いちいち多部未華子ちゃんを思い出しておりました。

韓国と日本、国は違いますが

キム・コッピも多部未華子ちゃんも

雰囲気がある実力派若手女優さんで

これからの活躍が楽しみなのも共通点。

| | コメント (0)

2010/10/03

赤い果肉のプラム「サンルージュ」

プラム(すもも)をいろいろ試食。

上段左からサンルージュ(大)、太陽、秋姫

下段左からサンセプト、サンルージュ(小)

どれもブルーム(果粉)がたっぷり付いておいしそう!

3508

本日のメインはサンルージュ

軸周りに年輪のようなリングがしっかり出ているので

適期収穫されているはず

3509

サンルージュの特徴は果肉がきれいな赤色になること

3510

他のプラムと比べると一目瞭然

左が太陽、右がサンセプト

3512

実はこの2日前の果肉色はまだ黄色にぼんやりピンクの状態で

果肉もシャリシャリしていて硬く

酸味も甘味も薄い、ぼんやりとした味でした。

果皮がかなり柔らかく、このくらいシワシワにならないと

赤い果肉には出会えないようです。

3514

赤い果肉のサンルージュは

果汁が滴り落ちる柔らかく

ビックリするくらい甘いプラムでした。

3515

食べ頃をキチンとわかっていないと

その良さを感じられないプラムのようです。









サンルージュをはじめ

プラムは食べ頃の見極めが難しい果物かもしれません。

もしかしたら

本当においしいプラムに出会っていない人も

まだまだたくさんいるかもしれません。

プラムセミナーもやらなければいけないなぁとは思うのですが

セミナー当日がまさにちょうど食べ頃になるように

おいしいプラムを何品種か~集める自信がない、という状態です。

フルーツセミナーで

食べ頃でないおいしくない果物を紹介したら

おそらく二度と食べてもらえなくなりますから責任重大!

メロン、桃、西洋梨・・・いつも大変です。

でも、いつかプラムセミナーもやりたいものです。

| | コメント (0)

とらやパリ店30周年 限定菓子

今年はとらやパリ店30周年ということで

とらや各店舗で「とらやパリ祭」開催。

通常はパリ店でしか買えない商品や

日仏の融合をテーマに開発された商品などを特別販売。

中でも銀座店のアイテムは圧巻。

とらやパリ祭ニュースリリース↓

http://www.toraya-group.co.jp/corporate/pdf/20100819.pdf

10月5日まではその銀座店と同様のラインナップを

伊勢丹新宿店でも買うことが出来ます。

ということで行ってきました伊勢丹新宿店!







パリ店限定販売 焼きりんごの羊羹

3519

ものずごくしっかり焼きりんご、

でもとてもおいしい羊羹、

さすがですわ。

ダージリンセカンドを合わせてみましたが

何か違う・・・

ニルギリかマイルドなディンブラか

もう一度お茶との相性を考えて試したい。

甘さを感じる茎ほうじ茶とかかなぁ。




同じくパリ店限定 アールグレイ饅頭

3516

これは想像したとおりの味。

紅茶といえばアールグレイ??

(小さな和のカップ&ソーサーは由布院亀の井別荘オリジナル、

菓子皿はソウルの国際茶文化大展にて購入したもの)






そして

ミッドタウン店で販売していて

いつも気になっていた

絵図帳のお菓子をかたどった豆皿を買ってしまいました。

日本茶、中国茶、韓国茶セミナーに登場する予定です。

お楽しみに!

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »