« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の18件の記事

2010/11/28

名古屋 Nagono Tea Room

旅先でも

お茶のおいしいお店を訪ねるようにしております。

今回は名古屋出身の紅茶関係者から

耳寄りな情報をゲット!

最寄り駅は国際センターだけれど

名古屋駅から歩ける那古野にあるティールーム。

その名も「Nagono Tea Room」。

住宅街に突然あるガラス張りの小さなティールームです。

ダージリン、アッサム、ディンブラ、キームンなど

有名な産地の紅茶と

イングリッシュブレンドなど

メジャーなブレンドの紅茶はほぼあります。

もちろんポットサービス。

ディンブラを注文

3657

3658

シンプルにおいしい紅茶を楽しめます。

ただし、

火、水、木と週3日も定休日がありますので要注意!

(火、水、木はギター教室になるようです)

| | コメント (0)

西アサヒ きたなシュラン三ツ星の玉子サンド

朝食は円頓寺商店街の「西アサヒ」へ。

戦前からあるというレトロな喫茶店は

今年の3月に

「とんねるずのみなさんのおかげでした」の1コーナー

汚いけれどおいしいレストラン「きたなシュラン」で

板東さんが分厚い玉子サンドを紹介してから全国的に有名に!

画面で見ていると本当においしそうで

名古屋を訪れたら絶対に食べに行こうと決めていたのでした。

ということで

玉子サンド2人前

3653

厚さ5センチ以上のサンドイッチ

3655

分厚い玉子に

マヨネーズで合えた薄切りきゅうりがベストマッチ!

卵は注文を受けてから焼くのでホカホカです。

一緒に頼むのは

もちろんこちらも「きたなシュラン」で紹介されていた

フレッシュイチゴミルク

3652

明らかに番組を見て来たと思われる

若いカップルはほぼ玉子サンド&イチゴミルクを注文。

そんな中

この喫茶店を長く支えてきたと思われる

1人でコーヒーを飲みながら新聞を読む常連さんの姿もチラホラ。

新旧のファンがバランスよく融合され

これからも長く存続してほしい

懐かしい喫茶店でした。

| | コメント (0)

名古屋 宮鍵でとり味噌すき

同窓会後、夫を名古屋に呼んでもう1泊!

名古屋の美味しいものを満喫するのです。

夕食は夫の友人夫婦と合流して

明治32年創業の納屋橋の老舗「宮鍵」へ。

かしわとうなぎの店なので

ひつまぶしもありますが

ここでは「とり味噌すき」がマストでしょう。

新鮮な三河の赤鶏

3649

3650

八丁味噌のとりすき焼き!

3651

〆にきしめん、という選択もあるのですが

途中でご飯をもらっちゃいます。

八丁味噌とご飯のハーモニーがたまりません。








今回は4名なので

一品料理も頼んでみました。

う巻き

3645

鰻のたたき、とりサラダ

3648

先にいろいろ食べると

すき焼きが食べられなくなるかもしれませんので要注意。

お昼も夜と同じメニューを食べられるので

よく利用しています(昼からすき焼き~)。

今回もおいしくいただきました!

| | コメント (0)

2010/11/27

ひつまぶし まるや本店 天白本店

同窓会2日目のお昼は名古屋名物ひつまぶし!

名古屋の幹事が予約してくれたお店は

天白区の「まるや本店」。

ひつまぶしは既に結構いろいろなお店で食べている私ですが

「まるや本店」は初めてなので嬉しい限り!

特上ひつまぶし

3642

鰻は外側がパリッとしていて

かなりしっかり焼いて香ばしいのに

内側は柔らかくふ~わふわ。

160年継ぎ足したという秘伝のタレも甘過ぎず辛過ぎず、

多過ぎず少な過ぎず、おいしかったです!

薬味もネギの他に大葉の刻んだものも付き

良いアクセントになっております。

そして、しけないように袋に入った海苔が添えられるとという

細かい気の配りよう。

出汁も必要になった時点で頼んで

温かいものを提供、というシステム。

素晴らしい!!

おしんこに名古屋名物守口漬けも付いていました。








そして、

食事中はほうじ茶でしたが

最後に小さな湯飲みで出された深蒸し茶が

実においしかったのです!

いいお茶をちゃんといれてるなぁ~という感じ。

調べてみたら三重県の茶園でこだわって作ったお茶だとか・・・。

日本茶インストラクターとしては

こういうお茶にもこだわる店、本当に嬉しくなります。











天白店はやや郊外にもかかわらず

駐車場が広いので車で訪れた地元の人で大行列でした。

名駅店も出来たようなので

次回、名古屋を訪れた際に行ってみよう!

| | コメント (0)

名古屋 フルーツパーラー弘法屋

同窓会で名古屋へ。

同窓会会場が池下のホテルだったので

駅ビルにある

フルーツパーラー弘法屋へ行ってきました。

パーラーというよりは

ショッピングセンターのイートインスペースという感じ。

ちょうど季節のフルーツを使った

シーズンパフェがない時期ということで

フルーツサラダを注文。

3641

メロン、ぶどう、柿、西洋梨、りんご、バナナ、

いちご、パインアップル、キウイフルーツ、オレンジ・・・

10種類以上のフルーツを楽しめます。

| | コメント (0)

2010/11/16

中国茶セミナーのお茶

1月の世田谷ティーサロン

中国茶セミナーでご紹介するお茶は

その多くが

セミナーの前の週に香港で仕入れることになるのですが

上海の知り合いの茶店から仕入れた中国茶も

ご紹介いたします。

そのお茶が入荷しました。

何と!

大紅袍とた極上の七インした茉莉龍珠などなど・・・。

お茶もすごいラインナップになりそうです。

最新香港情報とともにたっぷりお楽しみいただきます。







また昨年同様

セミナーに参加される方で

香港のお茶で指定購入を希望する方は

お早めにご連絡下さい。






| | コメント (0)

黒いけどおいしい紀ノ川柿!

紀ノ川柿です。

3639

果肉が黒砂糖のような色です。

知らないで切ったらビックリするかもしれませんが

これが甘くて非常においしいのです。

ちなみに紀ノ川柿という呼び名は品種名ではありません。

品種は平核無柿。

紀ノ川流れる和歌山県で

木になっている状態のままの柿一つ一つに

固形アルコールを入れたビニール袋をかぶせて渋を抜く、

という珍しい(非常に手間のかかる)方法で作られた柿のことです。

ゆっくりと樹上完熟させてから収穫するので

それはそれは甘い柿になるわけです。


| | コメント (0)

2010/11/09

「西洋なしフォーラム」参加

10月30日(土)に台風の中

「西洋なしフォーラム」に参加してきました。

西洋なしの食べ比べ、講演、シンポジウムという構成。

展示された西洋梨は44品種!

食べ比べは15品種24品で行なわれました。

英国生まれの「コンファレンス」

3609

新潟生まれの「越さやか」

3615

主産地は青森県「ゼネラル・レクラーク」

3608

青森、山形、福島、群馬、長野産の

西洋なしがずらりと並ぶ

圧巻の食べ比べ会は

それぞれを評価し、感想を書いて提出するので

なかなか大変な作業でした。

3625

西洋梨は「食べ頃がわかりにくい」といわれていますが

それは日本では最も食べ頃がわかりにくい品種である

「ラ・フランス」が多く出回っているからでしょう。

実は

緑色から黄色に変化したら食べ頃、と

ハッキリわかる品種もたくさんあります。

例えば「バラード」や「ル・レクチェ」などなど。







「西洋なし」セミナーは

セミナー当日にちょうど食べ頃のものを送ってもらう

ということが非常に難しいため

まだ一度しか開催したことがありません。

その時は

「ゼネラル・レクラーク」と「ドワイエネ・デュ・コミス」を紹介しました。

まだまだいろいろなおいしい品種を知ってもらいたいので

来年は是非開催したいと思っておりますが

さて、どうなることでしょうか?









11月初めに自宅で食べた「グランド・チャンピオン」

3626

程よい酸味が好みです。

| | コメント (0)

2010/11/08

お茶と果物のお仕事

*************************

ティーサロン(世田谷)

中国茶セミナー

2011年1月22日(土) 14:00~ 終了

2011年1月29日(土) 14:00~ 終了

香港で仕入れた鉄観音、雲南紅茶と中国菓子、

上海の知りあいから取り寄せた大紅袍、西湖明前龍井などに加えて

韓国緑茶も韓国茶道具にてご紹介することになりました。

お洒落なアフタヌーンティースポットなど

香港最新お茶情報とともにお楽しみいただきます。

中国茶の販売も予定。

*************************

ティーサロン(世田谷)

お申し込み、お問い合わせはプロフィールよりメールにて

*************************

銀座リプトン・ブルックボンドハウス

旬のフルーツ講座

2011年1月26日(水)午前、午後、夜の3クラス開催

いちご、国産キウイフルーツなど旬の果物についてレクチャー

産地直送のおいしいフルーツの食べ比べなど

お申し込み、お問い合わせはこちらまで 終了

次回は3月です。

**************************              

果物、紅茶、日本茶に関する各種セミナーを行なっています。

季節のフルーツを使ったティーメニューのレシピ作成、

旬の果物講座、果物全体の講座、小学生向け果物講座、

企業社員・スタッフ向け果物講座、

紅茶のいれ方講座、日本茶のいれ方講座など

お問い合わせはこちらまで

| | コメント (0)

世田谷ティーサロン「りんごセミナー」ご報告

世田谷ティーサロンで行なわれた

「りんご&ティーセミナー」が無事終了致しました。

3631

テーブルフラワーもアルプス乙女を使ってみました。

3629

ウェルカムティーは

リーフルさんのダージリンセカンドフラッシュ

サングマ農園ヨホバリ

リンゴ全体についてレクチャーの後

青森から取り寄せた8品種のりんごの食べ比べ

3628

彩香、清明、黄秋、シナノゴールド、ハックナイン

弘前ふじ、こうたろう、サンゴールデンを

1/8ずつ8品種を食べていただきました。

お一人大きなりんごを丸々1個食べたことになります。

3633

彩香、清明、黄秋、こうたろうなどは

東京ではなかなか見かけない品種だと思います。

いろいろな品種を食べ比べていただくと

パッと見た感じでは同じように見えるりんごが

外観だけでなく果肉の色、食感、

香り、果汁の量、酸味、甘み・・・

それぞれ異なることがお解かりいただけたのではないでしょうか?





りんご食べ比べの後、

ジョナゴールドを使ってりんごの紅茶の実演、実習。

爽やかな香りでアップルパイのお供におすすめの

りんご・ジャム・ティーと

甘くやさしい香りに癒される、

タルトタタンにピッタリの

りんご・ジャム・ミルクティー・・・

生のりんごを使ったバリエーションティーを2種類

お楽しみいただきました。

さらにはりんごのお土産付き!

りんごと紅茶を満喫していただいた「りんごセミナー」でした。

| | コメント (0)

2010/11/04

別府「宴屋 千石」

実家のすぐ近くにあり

かなり前から存在は知っていたものの

初めて訪れたのが南立石公園南にある「宴屋 千石」。

JR九州の車内誌で見た

太刀魚の竹巻きがどうしても食べてみたくて初訪問。

りゅうきゅう

3555

太刀魚の竹巻き

3558

3556

うん、これはおいしい!

わざわざ食べに来る価値あり、ですね。

(ただいつもあるとは限らないようです)

焼おにぎりと味噌汁

3562

| | コメント (0)

2010/11/03

りんごセミナーがすごいことになりそうです

今週末6日に世田谷ティーサロンで開催されるりんごセミナー

何だかすごいことになりそうです。

先ほど青森から連絡が来たのですが

こうたろう

清明

彩香

弘前ふじ

などなど

すごい品種が7~8品種届きそうです。

ウェルカムティーはダージリンセカンドフラッシュ

りんご説明、食べ比べ

りんごを使ったミルクティーの実演、実習を

お楽しみいただきます。

残り2席!

| | コメント (0)

銀座三越地下で紅茶とスィーツ デセール・テ

銀座三越2回目の訪問。

改装オープン3日目に訪れて以来です。

地下の紅茶コーナーでは

3パターンの紅茶とスィーツのマリアージュが楽しめるカウンター

デセール・テ」があります。

3種の紅茶とスィーツが少量ずつすべて楽しめる

1日限定10セットのミニセットもまだあって

(19時前なのに・・・まだ残っていた!?)

早速注文!と思ったのですが

3種類の紅茶が・・・

ハロッズのウバと

マリアージュフレールのアールグレーと

フォトナム&メイソンのロシアンキャラバン(キームンブレンド)。

う~ん。

違いはわかりやすいかもしれないけど

あんまり一度には飲みたくない紅茶なので

セットは諦めて

ハロッズのウバハイランズと

フランソワ・プラシュのブラジリアという

チョコレートケーキのセットを頼んだのでした。

| | コメント (0)

由布院亀の井別荘 天井桟敷

10月12日。

別府の実家から路線バスで由布院へ。

春に亀の井別荘に泊まった時には

雨で散策できなかったので由布院再訪です。

亀の井併設の茶房天井桟敷でお茶。

2階というか屋根裏の席だと

お水やおしぼりが滑車の箱車で上がってきます。

3549

カフェオレとダージリンのアイスティーとMontYUFUを注文。

3550

MontYUFU モンユフ?

マウントユフ

つまり由布岳という名前のクリームチーズ入りのスィーツ

3551

詳しい説明はこちら

http://www.kanko-map.jp/special/sweets/tenjyousajiki/

アイスティーは自分でオンザロックスするので

たっぷり2杯楽しめました。

3552









亀の井併設の土産店鍵屋では

前回オリジナルのカップ&ソーサーを購入しましたが

今回はお揃いのポットを購入をしました。

訪れる度に何か買ってしまう魅惑のセレクトショップです。

3564

| | コメント (0)

2010/11/01

世界お茶まつり2010 感想

9年ぶりに訪れた「世界お茶まつり」。

何だかすごく盛大になっていました。

まず思ったのが1日ではとても無理!ということ。

時期的に厳しいこともあるのですが

次回はもし日程が許せば

1~2泊して

茶園や茶商などを訪れるツアーなどに参加したり

静岡の日本茶喫茶にも行ってみたいものです。





会場ではたくさんのお茶関係の知りあいとも会えました。

驚いたのが

3年前韓国の国際茶文化大展に

日本茶インストラクターとして派遣されていたとき知り合いになった

韓国 河東の緑茶関係者と再会したこと。

お互いビックリしましたが

意外と覚えているものですね・・・。

お茶をご馳走になりました。

韓国緑茶は日本ではまだまだ無名ですが

これがなかなか丁寧に作られていておいしいのですよ。

一緒にいた同期の日本茶インストラクターも

「わ、おいしい」と驚いていました。

ただ・・・非常に高いんです。


最後に

せっかくなので

同じ東静岡駅に展示されていた

等身大ガンダムを見てきました。

お台場はすごかったようですが

東静岡は人も少なく静かに佇ずむガンダムでした。

3596

| | コメント (0)

世界お茶まつり2010 その2日本一の手もみ茶

世界お茶まつりには観覧するだけではなく

体験出来るセミナーもたくさんあります。

会場は広く

セミナーはたくさんありますが

どれも人気ですぐ満席になりますので

時間制限がある場合

ある程度狙いを絞っていかないと

気がつくと何も体験できなかった・・・ということになります。

ということで14時~17時という時間制限のある私は

15時からの

「日本一の手もみ茶を愉しむ

~八十奏は極上手もみ茶のための淹茶法~」

を事前予約。

入間の極茶人比留間さんのセミナーを受講しました。

(とてもとてもご無沙汰でしたのに

覚えていていただいて光栄でした)

その時参加した10名で選んだ日本一の手もみ茶はこちら

2005年の静岡 住田恵朗さんのお茶

3592

-60℃で保管していたそうです。

当然のことですが

生産量が少なく

流通することないお茶ですが

比留間園さんで購入することも可能。

3グラム5250円だそうです・・・。






まず驚いたのが

葉の向きを揃える作業・・・

3593

これは手もみ茶ならではの作業ですね。

静岡の手もみ茶はやや短めで難しいとのこと。

それから

一滴ずつ、8煎楽しみます。

1煎ごとに異なる風味が感じられるので

「八重奏」なのだそうです。

美しい茶殻

3594

この後、今年の日本一の手もみ茶もいただきました。

丁寧に丁寧に淹れてくださり、

質問にも熱心にお答えくださったので

30分の予定が1時間近くに・・・。

でも、あっという間でした。

| | コメント (0)

1月のフルーツ講座発表になりました

来年1月のリプトン・ブルックボンドハウスでの

フルーツ講座が発表になっておりました。

http://www.liptonhouse.com/event02.html

1月26日(水)午前、午後、夜3クラス開催

詳細、お申し込みはこちらまで

リプトン・ブルックボンドハウスでのフルーツ講座も

6年目に突入です!




最近はりんご、ぶどう・・・というように

品目別での講座でしたが

これからしばらくは季節のフルーツ講座になるようです。

1月は

「寒い冬におすすめ!

ビタミンCたっぷり旬のフルーツ講座

~いちご、国産キウイフルーツなど~」

というタイトルで

「風邪予防、乾燥肌予防におすすめ!

ビタミンCたっぷりの旬のフルーツについて

楽しくわかりやすくレクチャー。

産地直送のフルーツ食べ比べ、

紅茶とのマリアージュもお楽しみいただきます。」

という内容で開催。






これまではテーマフルーツを使った

バリエーションティーの紹介もしていましたが

リプトン・ブルックボンドハウスでは

バリエーションティーの実演、提供はなくなりました。

テーマフルーツと一緒に愉しむとおいしい紅茶をご紹介いたします。






世田谷ティーサロンでは引き続き

フルーツを使ったバリエーションティーをご紹介いたします。

11月6日(土)午後

りんごセミナー開催

ウェルカムティー、

りんごについて詳しくレクチャー、

青森から取り寄せたいろいろな品種のりんご食べ比べ、

りんごを使ったバリエーションティーの実演、実習。

残り2席です。

| | コメント (0)

世界お茶まつり2010 その1ミャンマーのラペッ

10月28日から31日まで

静岡で開催されていた世界お茶まつり2010

2001年から3年ごとに開催されて今年で4回目。

10万人以上が集まるお茶の大イベントです。

1回目はお茶料理研究会の日帰りバスツアーに参加。

2回目、3回目は紅茶の仕事とぶつかり不参加。

今年は台風直前の29日に新幹線で日帰りしてきました。











29日を選んだのは

午前中に日本茶インストラクター協会主催

ヨウコッコン先生の講演会

「陸羽と茶経、茶馬街道」に出席するためです。

(午後に国産紅茶の講演会もありましたが・・・)

10時過ぎに到着後、会場に直行。

13時まで講演会。

それから屋外芝生広場で昼食。

講演会で偶然に会った日本茶インストラクターの同期と

異なるお店の「富士宮やきそば」を購入。

シェアして味の違いを楽しみました。

(が、30日は台風で屋外イベントは中止になったそうです。

そうすると・・・食べるところがほとんどない状態だったのでは?)







13時半頃から

「ミャンマーの食べるお茶(ラペッ)を楽しもう」へ参加。

3589

真ん中が食べるお茶ラペッ

(私たちは「ラペソー」と呼んでいましたが

それは実はかなり古い呼び方で

今は「ラペッ」と言うんですよ~とのこと。フムフム)

お祝い事のときは上のような容器に盛り付けられているそうです。

普段デザート、おやつとして食べるときはもっとカジュアル。

ということで

カジュアル仕様で提供されました。

1人分のラペッ

3591

回りの具を混ぜて

サラダ感覚で食べます。

これが・・・

今まで食べたラペッの中でいちばんおいしい!!

ご飯のお供にしても最高だと思います。

ラペッの印象が変わりました。

出展者は

静岡市のミャンマー料理店なのですが

ビッフェ式メニューに「お茶の葉サラダ」とありました。

これが「ラペッ」ですよね。

東京にあれば通いますのに~








「日本一の手揉み茶を愉しむ」セミナーにも参加した

「世界お茶まつり2010」

29日14時以降の様子はまた後ほど・・・




| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »