« 2010年クリスマスティーパーティーのデザート | トップページ | リプトン・ブルックボンドハウス果物講座で紹介したいちご »

2011/01/28

リプトン・ブルックボンドハウス「いちご・国産キウイフルーツセミナー」

26日は午後、午前、夜と

銀座のリプトン・ブルックボンドハウスにて

旬のフルーツ講座を開催。

2005年から始めて27回目(×3なので回数は81回!)の講座は

「ビタミンCたっぷり旬のフルーツ講座

~いちご、国産キウイフルーツ~」

ということで

果物全体、いちご、キウイフルーツについてのレクチャーの後

いちご3品種とキウイフルーツ2品種を

お楽しみいただきました。

3791

国産キウイフルーツはまさに今が旬!

国産もニュージーランド産も

世界で栽培されているキウイフルーツの90%は

緑の果肉のヘイワードという品種ですが

今回は香川県の香緑、讃緑という

東京ではまだあまり見かけない

珍しい、そして高級な品種を

セミナー当日に食べ頃になるように追熟して

香川から送ってもらいました。

千疋屋、伊勢丹などで見かける高級キウイを作る

キウイ名人にお世話になりました。

本当にありがとうございました。




香緑(こうりょく)

3796

硬い毛がしっかり付いていて俵型

讃緑(さんりょく)

3793_2

香緑より毛が少なめ、先端がやや尖っている

左が香緑、右が讃緑

3798

香緑は果肉の緑も味も香りも濃厚です。

甘くてビックリ!香りは独特。

讃緑は香緑より果肉の色は薄く

香りもサクサクした食感も爽やかです。

そして甘い。

どちらも普段食べなれているヘイワード種とはまるで異なる

別次元のキウイフルーツ!

皆様、キウイの概念が変わったのではないでしょうか?





やはり珍しい3品種のいちごについては

また後ほど・・・。

ただ食べる順番はいちご→キウイフルーツでした。

なぜなら、

かなり甘いいちごよりも

さらにもっとキウイフルーツが甘かったから、です。





そして、明日は中国茶セミナーです。

|

« 2010年クリスマスティーパーティーのデザート | トップページ | リプトン・ブルックボンドハウス果物講座で紹介したいちご »

リプトン・ブルックボンドハウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2010年クリスマスティーパーティーのデザート | トップページ | リプトン・ブルックボンドハウス果物講座で紹介したいちご »