« 気がついたら25品種のいちごを食べていました | トップページ | 山形のぶどう »

2011/02/16

いちご講座

雪のバレンタインデーは

企業の社員向け勉強会にて「いちご講座」を開催。

1時間ほどのいちごについてのレクチャーの後

10品種のいちごを食べ比べしていただきました。






章姫(静岡 いちご狩りで人気)

あかねっ娘(愛知 酸味がなく甘い、果肉が白い)

とちおとめ(栃木 おなじみ)

さちのか(福岡 酸味と甘みのバランスがよい)

紅ほっぺ(静岡 果肉も赤い)

ふさの香(千葉 独特な香り)

あまおう(福岡 あまくてまるくておおきくてうまい!)

ダイアモンドベリー(福岡 きれいな形、業務用で人気)

やよいひめ(群馬 3月以降の日持ちがよい)

かおり野(三重 上品な香り、果肉が白)

さて、どういう順番で並んでいるかわかりますでしょうか?

品種登録された年の順です。

章姫は1992年、かおり野は2010年。

かおり野は昨年品種登録されたばかりなのです。

県名は開発した県。

あまおうは福岡以外では栽培を認められていないので

当然福岡産ですが

ダイアモンドベリーは宮城から

その他はすべて千葉から取り寄せました。








これだけの品種を一度に食べることはなかなかないと思います。

今回は品種の違いがわかりやすいようなラインナップにしてみました。

同じように見えるいちごですが

品種ごとにまるで異なる特徴があることを

お解かりいただけたのではないでしょうか?






人気の寿命が15~20年といわれるいちご。

1996年に品種登録されたとちおとめは今年で15年となりました。

栃木県が次にどんないちごを発表するのか?

迎え撃つ福岡県は?

ダークホース登場か?

目が離せない戦国時代のいちごたちです。

|

« 気がついたら25品種のいちごを食べていました | トップページ | 山形のぶどう »

果物」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気がついたら25品種のいちごを食べていました | トップページ | 山形のぶどう »