« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の8件の記事

2011/06/21

氷出し玉露

今週末の冷茶セミナーに向けて

茶の分量や抽出時間をキチンとご提案出来るよう

ひたすら氷出し玉露の試作、試飲をしています。

最近よく和雑貨屋さんで見かける

ハリオの氷出し茶ポットも購入しちゃいました~coldsweats01

でもそのような専用ポットがなくても

(むしろ専用ポットでない方が)

おいしい氷出し玉露を淹れられます。

朝から成分がぎゅっと濃縮された氷出し玉露を

ひたすら飲み続けておりまして

ただいま少々お茶酔い気味です。





上記、2通りの氷出し玉露の他、

水出し2通り、オンザロックス・・・と

おいしい冷茶の作り方をいろいろご紹介するセミナーは今週末

土曜日と日曜日の連続開催です。

冷茶に合う和菓子もいろいろご用意いたしました。

参加予定の皆様、お楽しみに!

| | コメント (0)

2011/06/20

オープンキャンパスで日本茶コーナー

昨日は母校のオープンキャンパスにて

日本茶コーナーを担当しました。

国文科で中原中也の研究をしていた私が

なぜだか食物科で日本茶を淹れているという不思議。

お茶とは縁の深い学校なので

ティーインストラクター資格取得してから出入りするようになり

日本茶インストラクター資格を取得してから

ますます身近になりました。

私が在学していた頃とは校舎が改築されて異なりますが

軽食コーナーには当時と同じメニューがあるので

懐かしくお昼を食べています。

将来、お茶に関わる仕事に就きたければ

オススメの女子大だと思います。

(あ、中原中也研究で有名な教授も在籍されていますよ~)

| | コメント (0)

2011/06/12

「小川の辺」試写会

少年隊ひがしこと

東山紀之主演の

藤沢周平原作の映画「小川の辺」の試写会へ。

ひがし、勝地くん、愛之助さん、藤竜也さん

松原智恵子さん&篠原監督の舞台挨拶付き!

藤沢周平原作作品は

2002年の山田洋次監督作品「たそがれ清兵衛」から

毎年のようにさまざまな監督で撮られているようですが

私は最初の「たそがれ清兵衛」しか見ていません。

今回の「小川の辺」は

2008年藤沢映画「山桜」を撮った篠原哲雄監督作品。

ひがしはその「山桜」にも出演。

監督のお気に入りなのね。




その篠原監督の作品って、私、何を観てるのかな~と調べたら

なんとビックリ!

長編初監督作品の「月とキャベツ」しか観ておりませんでした。

山崎まさよし主演映画です。

そうそう、この映画のテーマ曲が

「One more time、One more chance」で

山崎まさよしが売れっ子になったんですよね~。

アルバム買いました。






さて「小川の辺」なのですが

ひがしは時代劇が似合いますね~

テレビでも必殺~とかやっているけど

凛ととしていて所作もきれいです。

ただ、この映画は山形の侍なので

それにしては洗練されすぎているような気も・・・。

その他の出演者も

父親役の藤竜也さん

母親役の松原智恵子さん

妻役の尾野真千子さん

奉公人 勝地涼くん

皆さん素晴らしかったです。







が、しかし

キーパーソンである妹役の菊地凛子さん・・・

時代劇どうでしょう???

雰囲気も殺陣も微妙。

何か違う。すごい違和感を感じました。

そこだけが余りにも残念で

でもそこのところが残念だと

それまでの朔之助(東山さん)と

新蔵(勝地くん)の長い旅路が

すべて台無しになっちゃうんですよ。

う~ん、残念。



| | コメント (0)

2011/06/07

日本茶冷茶セミナー開催決定

暑い夏が来る前に冷茶セミナーのご案内です。

茶葉で作るおいしい冷茶セミナー
6月25日(土) 14:00~ 開催決定 残り4席
6月26日(日) 14:00~ 開催決定 残り3席

水出し、氷出し、オンザロックス方式・・・
それぞれの作り方に合う茶葉を選び、
見た目も喉越しも爽やかな冷茶の作り方を実演、実習。
暑い夏が来る前に覚えておくと少しは涼しくなるかも!?
涼しげなテーブルセッティングで
冷茶にピッタリの茶菓子とともお楽しみいただきます。
別日程開催希望の場合はお早めにまずはご相談下さい。

お申し込み、お問い合わせはプロフィールよりメール送信
もしくはコメント欄にご連絡ください。

| | コメント (0)

2011/06/06

メロンセミナー(赤肉)

今年のメロンセミナーでご紹介したメロン。

白肉は鹿児島末吉町の「ホームランスター」、

青肉が「イバラキング」と尻枝さんの「アンデス」、

そして赤肉が茨城旭村の「クインシー」と

宮崎の「めろめろメロン」の妃メロン。

旭村のクインシーには

バーコードで生産者情報がわかるシールが付いています。

こちらのメロンの生産者は石田正一さんでした。

4133

美しいサーモンピンクの果肉

4160

赤肉メロンのオレンジ色は

人参やカボチャと同じカロテンです。

そして

クインシーメロンの名前は

クィーン&ヘルシーから命名。






宮崎のブランド認証温室光センサーメロン

「めろめろメロン」の名付け親は

東国原前宮崎知事です。

昨年口蹄疫がなかったら

マンゴーのように絶賛アピールして

全国区になっていたかもしれませんね。

ネットの美しいアールス系赤肉メロン

4131

夕張メロンとはまるで異なる香りです

4161

後味さわやかな高級アールス系赤肉メロンです。

まだまだ知られていないおいしいメロンも

結構たくさんあるのです。







メロンをたっぷり召し上がっていただいた後は

キームンベースのブレンドに

白肉メロンを使って作る

温かいメロンのバリエーションティーの実演、実習。

おそらく誰も思いつかない、味を想像できない

謎のティーメニューなのですが

飲んでみると「これはおいしい」と大評判のホットティーです。

メロンを食べた後に本当にピッタリなんですよ~

紅茶とメロン、両方に詳しいからこそ、のメニューなのでした。

菓心たちばなの「武蔵野めろん」とともにお楽しみいただきました。

| | コメント (0)

メロンセミナー1(白肉~青肉)

主宰ティーサロンでのメロンセミナーが終了しました。

4151

4152

ウェルカムティーは

リーフルのダージリンファーストフラッシュ

エバンベール農園DJ-1

メロンを食べる前に飲むDJファースト、

ということで選びました。








そして、メロンの歴史、品種、産地、

選び方、栄養、保存方法、食べ頃、食べ方

などについてのミニレクチャーの後

5品種食べ比べ!

私の開催するメロンセミナーで頻繁に登場する

鹿児島県曽於市の「ホームランスター」

4140

4157

東京ではノーネット白肉メロンは

マクワウリのようで甘くない、などと激しい勘違いをしている方が

まだまだいらっしゃるようですが

ホームランスターはハネデューを親に持つ

ノーネット白肉西洋種メロン。

そして滑らかな口当たりで本当に甘くておいしい!!!

ご紹介すると病み付きになる人が多いメロンなのです。

当サロンではすっかり御馴染み

宮崎のはなまるフルーツさんにお願いしました。





そして青肉メロン2種。

2010年に登録したばかり

茨城の期待の新品種「イバラキング」をいち早くご紹介。

アンデスにアールス系を交配したメロンなので

アンデスよりさらに一歩アールスに近づいたわけです。

4143

やや薄い白っぽい青(緑)肉が涼しげ

4158

アンデスよりも後味がさっぱりしています。

初夏にピッタリの爽やかな甘さのメロンです。

ファーマーズマーケットなだろうさんより取り寄せました。

生産者シールが付いていました。

今回は大森一寿さん生産の「イバラキング」でした。








それから

こちらも私が開催するメロンセミナーでよく登場する

メロン名人 尻枝さんのメロン

今回は「アンデスメロン」(先週は別の場所でタカミメロンをご紹介)。

4137

4159

貫禄の味です。

はなまるさんのHPを見ると

「マルセイユメロン」の生産も始まっているようです。

気になります。

メロンを生産者買いするようになりました・・・。




長くなりましたので

赤肉メロンにつきましてはまた後ほど~。

| | コメント (0)

2011/06/05

本日もメロンセミナー

明日(あ、もう今日か)のメロンセミナーに登場するメロンたち。

九州と茨城から届きました。

4129

ただいま諸々準備中。

頑張ります!

| | コメント (2)

2011/06/03

メロンセミナー~クラウンメロン~

食品メーカーでのメロンセミナー。

ご希望があり

静岡からマスクメロンの最高峰

クラウンメロンを取り寄せました。

冷暖房完備のガラス温室で

1本1果で作られる最高級メロンです。

ジャストな食べ頃のものを

静岡の紅光さんにお願いしました。

本当にまさに食べ頃のものを送っていただき

それはそれはおいしく召し上がっていただきました。

クラウンメロンはハッキリ言って高値です。

でも本当に食べ頃のクラウンメロンは

「これは高くても仕方がない」と納得されるはず。

それくらい、本当においしいんです。

今回送ってもらったのは生産者番号142

世界遺産巡りが趣味の山下さんの作品(もはや芸術作品ですから)でした。

生産者の趣味まですぐわかっちゃう

クラウンメロンなのでした。






ただやっぱりクランメロンは高い、という方もご安心下さい。

旬の今ならもう少し手頃なおいしいメロンもたくさんあります。

宮崎、鹿児島、茨城のメロンについてはまた後ほど・・・。

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »