« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の13件の記事

2011/10/31

リプトン・ブルックボンドハウス「りんご講座」

10月26日(水)に

銀座1丁目の「リプトン・ブルックボンドハウス」にて

28回目のフルーツイベント「秋のフルーツ講座~りんご~」を

開催いたしました。

4441

りんご講座は今回で4回目。

フルーツイベントはリピーターの方が多いのですが

初めての方もいらしゃいますので

りんごについて少しレクチャーをした後に

青森から取り寄せた

8品種の早生、中生種のりんごを食べ比べていただき

りんごに合わせた優しいミルクティーもお楽しみいただきました。

(「軽いミルクティー」ではなくて、あくまで「優しいミルクティー」です。

そんな注文を出してスタッフを困らせる

フルーツアドバイザーでシニア・ティーインストラクターな講師です。

いつもわがままなお願いをしてごめんなさい)









左からひろさきふじ、ゴールデンデリシャス、昂林

ひろさきふじと昂林は早生ふじとして販売していることが多いのですが

ふじとは異なる品種です。

4443

上段 左から秋茜、きおう、おいらせ

下段 左から北紅、北斗

4442

秋茜は「赤とんぼ」の正式名、

岩手生まれのきおうは

漢字で「黄王」と書かれていることも多いようです。

北紅(きたくれない)は商標名で

品種登録名は「あおり13号」。







今回は午前、午後、夜のクラスとも

「北斗」がいちばん人気だったのですが

「北斗」はツル割れ、落下が多く

着色もあまりよくないので

これから生産量が爆発的に伸びるということは

あまり期待出来ないかもしれません。

味は高く評価されているので

作りやすい次世代「北斗」が登場すれば

人気になることでしょう。







2番人気は個体差はあったものの「秋茜」でした。

赤い見た目がかわいらしい

爽やかな酸味を感じるりんごです。

そして今回、意外だったのは

もはや忘れかけていた古い品種

「ゴールデンデリシャス」の人気が高かったこと。

ゴールデンデリシャスというと

しっかり黄色くなって、

パホパホと柔らかく、甘~いイメージが強かったのですが

今回のゴールデンは

まだ少し若かったせいなのか

しっかり酸味を感じられる

実に爽やかない美味しいりんごでした。





紅茶教室、ワイン教室の受講者は

渋味や酸味に強い傾向にあるので

一般的な消費者とは好みが異なるかもしれませんが

お茶好き、ワイン好きを含む

いわゆる食通の人々は

ただ甘いだけではなく

酸味や渋味などもキチンと感じられる

バランスの良いフルーツが好きなように思われます。

程よい酸味の感じられるりんご、いちご、

しっかり酸味のあるかんきつ、

大歓迎です!








************************


次回、リプトン・ブルックボンドハウスのフルーツイベントは

1月26日(木)開催で決定しております。

「冬を楽しむフルーツ講座~いちご、みかんなど~」

そろそろ発表、申し込み受付開始になると思います。

また後日お知らせいたします。

| | コメント (0)

2011/10/24

26日のりんごの品種決まりました~

26日(水)に開催される

リプトン・ブルックボンドのりんごセミナーですが

先ほどようやく品種が決定しました。

青森から8品種届きます。

調べても来歴がよくわからないりんごもあるため

これから、明日締め切りのテキスト作りでわぁわぁします。

リプトン・ブルックボンドハウスでの

りんごセミナーは今回で4回目。

2005年、2007年、2009年に開催しております。

2009年のりんごセミナーの様子はこちら↓

http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-e061.html

このうち、今回のりんごセミナーにも登場するのは2品種。

2005年、2007年も8品種ずつ紹介していて

ほとんど初登場のりんごなので

もしも3回すべてのりんごセミナーに参加していれば24品種!

さらに26日のりんごセミナーにご参加いただければ

28品種のりんごを召し上がっていただくことになりますが

ふじ、つがる、ジョナゴールドなどのメジャーな品種は含まれていないため、

4回参加された方は

おそらく40品種くらいのりんごを食べていることになると思います。

「ふじ」以外のりんごの魅力、お伝えできれば嬉しいです。







そして、今月は別の場所でも3回りんごセミナーを開催しています。

まこれがまたぜんぜん異なる品種ばかりだったため

講師の私は

今月だけで25品種くらい食べていることにふと気付いたのでした。

よっ、りんご好き!!






ささ、りんごテキスト作り頑張ろう。

そして29日の紅茶イベントのテキストも作らねば~~

大丈夫か?私!?

| | コメント (0)

2011/10/21

企業向けりんごセミナー終了

昨日は食品メーカー社員対象のりんごセミナーを開催。

りんごについてのレクチャーの後

りんご9品種食べ比べ

今回の品種は

彩香(さいか)

かんき(冠輝)

弘前ふじ

昂林(こうりん)

レッドゴールド

ジョナゴールド

北紅(きたくれない)

トキ

ぐんま名月

果皮の色、形、大きさ、果点の見え方

果肉の色、果肉の変色具合、

香り、酸味、甘み

肉質、食感など

品種による違いを感じていただけましたでしょうか?







一般向けりんご講座は

10月26日(水)に

リプトン・ブルックボンドハウスにて

りんごセミナー開催。

午前、午後、夜の3開催です。

まだ登場品種は決まっておりませんが

7~8品種を食べ比べしていただく予定です。

お問い合わせ、お申し込みはこちらまで↓

http://www.liptonhouse.com/event01.html




リプトン・ブルックボンドハウスでは

来年1月のフルーツ講座の開催も決まりました。

近いうちに発表できると思います。

今年もアッという間に終わりそうです・・・。

| | コメント (0)

2011/10/19

秋のフルーツ&ティーセミナー2

2日連続で開催した世田谷ティーサロンでの

「秋のフルーツ&ティーセミナー」レポートその2。

4428

4434

りんごはクラスにより少し品種が異なりましたが

秋映、陽光、シナノゴールド、清明などをご紹介。

4438

ファームグランマさんに

奥久慈のりんごいろいろ5キロをお願いしました。

好みの品種を1キロから頼めるので

いろいろな品種を少量ずつ楽しみたい方には便利です。

ファームグランマさんのりんごの注文はこちら↓

http://www.farm-grandma.com/item/detail.php?itemid=4038




柿は紀ノ川柿と新しい品種の早秋をご紹介。

4429

夏に桃でもお世話になった

和歌山のマナファームさんに紀ノ川柿をお願いしました。

マナファームさんの柿はこちら↓

http://www.manna-farm.com/cargo/goodslist.cgi

紀ノ川柿は品種名ではなく作り方による商品名です。

一つずつ樹上で渋抜き、という手間のかかる作り方をします。

紀ノ川柿の作り方

http://www.manna-farm.com/sub11.html





ウェルカムティーはリーフルさんのダージリンセカンドフラッシュ

バーネスベッグ農園クローナルDJ-57

実は当ティーサロンではよく登場するバーネスベッグ農園。

華やかではないけれど、自然体の落ち着いた香味が好みです。

そして

りんご、りんごジャム(軽井沢の老舗ジャムこばやし!)を使った

優しいアップルミルクティーもお楽しみいただきました。






あ、忘れてはいけない、カボスもご紹介しました。

| | コメント (0)

秋のフルーツ&ティーセミナー1

週末は2日連続で

「秋のフルーツ&ティーセミナー」を開催。

4439

4435

産地からおいしい旬のフルーツを取り寄せて

そのフルーツについてレクチャー&たっぷりの試食。

長野県南佐久のプルーン2種

お馴染みのサンプルーンと

巨大なプレジデント

4433

プルーンの生果実は初めてという方もいらっしゃいましたが

その美味しさに驚かれていたようです。

南佐久プルーン部会長 菊池さんから取り寄せました。

菊池さんを紹介している記事(2008年のもの)はこちら↓

http://www.iijan.or.jp/oishii/2008/08/post_845.php






それから

今の季節の国産キウイフルーツ

果肉の真ん中が赤い

キウイの赤たまご(品種はレインボーレッド)

4431

お馴染みの緑の果肉のキウイフルーツ

ヘイワード(世界で生産しているキウイの90%を占める)とは

色だけでなく風味もかなり異なるキウイフルーツです。

ヘイワードが苦手という方も

レインボーレッドは大丈夫、と美味しく召し上がっていただけました。

こちらは香川のキウイ名人

キウイバードコーポレーションさんのキウイフルーツ。

伊勢丹で扱っております。

ニュージーランドで購入した

キウイフルーツ専用スプーンで召し上がっていただきました。






奥久慈のりんご、和歌山の柿についてはまた後ほど





| | コメント (0)

2011/10/14

髑髏城 千秋楽!

じゃ~ん!

これに行ってきました↓

4419

わかる人にはわかる

劇団新感線の千秋楽の煎餅投げ!の煎餅。

そう、劇団新感線の舞台

「髑髏城の七人」に行ってまいりました。

今回はキャストが人気者ばかりで

先行予約抽選外れまくりcrying

当日券の頃

体調崩すわ忙しいわで

まさかまさかの千秋楽1回きりの観劇となりました。

(えっと、いつもは初日近く、中日近く、楽日近く、と

好きな舞台は3回行っちゃう私です)









とにかくキャストが豪華。

小栗旬くん、森山未来くん、早乙女太一くん

勝地涼くん、小池栄子さん、仲里依紗ちゃん

という若い面々でいのうえ歌舞伎です。

噂には聞いていましたが

早乙女太一くん、色っぽいです。

そして殺陣が美しいです。

森山未来くんもよく声が出ていて

舞台俳優だわ~という感じ。

勝地くんもすっかり舞台俳優!

切れのある演技&声がいいのですよね。

勝地くんはTVよりも舞台と映画で活躍していただきたい。

小池栄子さんも舞台で活躍しそう。

仲里依紗ちゃんは声がガラガラでかわいそうでした。

まぁ初舞台だから仕方ないか!?

次は頑張ってください。






3時間半、泣いたり笑ったり

若い役者さんたちのエネルギッシュな舞台に釘付けでした。

ホント、あんな難しそうな殺陣の連続・・・素晴らしい!

現場にいないと伝わらない熱気ってあるので

1回しか観れなかったのが本当に残念。

大阪公演に行けば良かったとちょっぴり後悔してます。

| | コメント (0)

2011/10/09

香酸かんきつ類セミナー

食品メーカーの社員向け勉強会。

10月6日開催のテーマは今が旬の「国産香酸かんきつ類」。

そもそも香酸かんきつ類って何?という方も多いかも知れませんが

レモン、ライム、ユズ、スダチ、カボスといった

そのままでは酸味が強すぎて食べられない

薬味や調味料などに使うかんきつ類のことです。

レモンやライムは年間通して輸入物が出回っているので

旬が感じられなくなっていますが

国産レモン、ライムの収穫が始まるのはまさに今頃。

ということで

今回は

青ユズ、レモン、ライム、スダチ、カボス

シークワサー、へべすの7種の香酸かんきつ類を一同に集めて

その特徴を知り、違いを感じていただきました。

4416

西日本在住、出身であれば

その土地特有の香酸かんきつ類に慣れ親しんでいるので

当然スダチとカボス、ユズの区別はつくわけですが

東京では

「スダチとカボスの違いがわからない」

などと言われることもあり・・・

大分出身の両親を持つ私はビックリ仰天なわけです。








大分県民は(私も)

果汁を絞って飲むだけではなく

焼き魚、てんぷら、お刺身、寿司、お吸い物、味噌汁、うどん、

鍋物、豆腐、お浸し、漬物、麦焼酎、日本酒・・・

何にでもカボスを絞って加えます。

少し絞るだけで、どんな料理もぐ~んとグレードアップ!

美味しくなります。

ポン酢はいつも出来立ての自家製です。

カボスのない秋~冬なんて考えられません。






10月15、16日の秋のフルーツセミナーでも

カボスが登場します。

カボスを使った新ドリンクメニューもご紹介します。

またまたカボラー(カボスファン)を増やしてしまいそうです。

| | コメント (0)

2011/10/07

すごいキウイフルーツも登場します!

10月15(土)、16日(日)に開催される

秋のフルーツセミナーに

香川のキウイフルーツ名人から

すごいキウイフルーツを送ってもらえることになりました!

東京では千疋屋、紀ノ国屋や伊勢丹に並ぶ

名人のすごいキウイは

今年のリプトンブルックボンドハウスでもご紹介しましたが

http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-9f6d.html

今回はこの時とは異なる

秋収穫の新しい品種をご紹介いたします。

参加される方、お楽しみに~

実は私もものすごく楽しみです!

| | コメント (0)

2011/10/04

おいしいニュージーランド3 サーモン

ニュージーランド滞在2日目の街は

オーストラリアとアイルランドの応援団で溢れておりました。

ベイエリアのアイリッシュパブなど

昼間からお祭り騒ぎ状態。楽しそうです。

ファンゾーンの大画面で

盛り上がり必須のオーストラリア・アイルランド戦を観るために

近くのシーフードレストランで食事。

一応ガイドブックにも載っている有名なレストラン

ハーバーサイド・シーフードバー&グリルへ。

サウス・アイランド・キング・サーモン

4334

サーモンはかなり美味しいです。

パエリア

4335

シーフードは美味しいんだけど

パエリアじゃなくてリゾット状態。

味はいいんだけど・・・不思議。

サイドメニューのサラダは新鮮なベビーリーフがてんこ盛り

4337

ニュージーランドは生野菜がかなり美味しい。

ドレッシングも控えめな味でハーブ使いも絶妙。

ホントに何でも美味しい国だなぁ。






そして、この夜、

ラグビーの試合のため

通常の鉄道の駅の出入り口が封鎖され

「えっ、ホテルまで帰れるの?」状態に!

ラグビーの試合のために交通規制がかかる、

それがワールドカップなのです。

この日は何とか帰れましたが・・・。

(07大会オーストラリアVSウェールズ戦後、

4時間半遅れた列車を待ったことがあるので

この程度では動じない私なのです)


ファンゾーンにある巨大ラグビーボール

4325

結局毎日通うことになるファンゾーン

公式グッズ売り場有り

巨大パブ有り

各種屋台有り

いろいろ楽しめます。

| | コメント (0)

2011/10/03

母校のオープンキャンパスにて日本茶セミナー

昨日は今年4回目の

母校の女子大学のオープンキャンパスでの日本茶セミナーでした。

さすがに夏休みに比べると来校者も少なく

落ち着いた雰囲気で日本茶セミナーを開催することが出来ました。

各学部もあまり忙しくなかったせいか

私が卒業した文学部関係の教職員の方の訪問があったりして

非常に懐かしい時間を過ごしました。

30年前、中原中也を研究していたキャンパスで

日本茶セミナーを開催することになろうとは

夢にも思っていないことでした。

まったく、人生ってどうなるかわからないものですね。

でも、だから面白いわけです。

| | コメント (0)

秋のフルーツ&ティーセミナー情報

ただいま秋の美味しい果物を全国各地に注文中ですが

長野より美味しいプルーン2品種が届くことが決定しました。

やや予想外な展開ではありますが

産地直送、生のプルーン2品種食べ比べは決定!

あとは柿とりんごと~~いろいろご紹介できるよう頑張ります。

秋のフルーツ&ティーセミナー

10月15日(土) 14:00~

10月16日(日) 14:00~ 残り1席

ニュージーランド土産キウイフルーツ専用スプーン付き

| | コメント (0)

2011/10/01

おいしいニュージーランド2 ムール貝(マッスル)

そういえば

ロンドンでもベルギービールの店に通っていたなぁと

ふと思い出したのですが

オークランドでも

お気に入りのベルギービールパブに通っておりました。

「ジ・オキシデンタル・ベルジャン・ビア・カフェ」

4342

これは空いているときに通りかかって撮った写真ですが

とにかくものすごく混んでいて

立ち飲みするスペースもないくらいの盛況ぶり。

それは美味しくて居心地がよいからに他なりません。

マッスル(NZ固有のムール貝)!!

4332

いろんな味付けを選べます。

これはガーリック、セロリ、白ワインなどで蒸したベーシックなもの。

右はスモークサーモンとクマラ(サツマイモ)のスタックという料理。

野菜もたっぷり、ハーブの使い方もなかなかいい感じ。

ワインにも合いそうです。

ですが、やっぱり日本でも大好きでよく飲む

ベルギービール「ヒューガル生」でしょ!?

サイドディッシュで頼んだサラダも大正解。

4333

ポテトはムール貝にもれなく付いてきます。

この店を訪れて

「ニュージーランドはおいしい」と感じ始めたわけです。

| | コメント (0)

おいしいニュージーランド 1

ニュージーランドが意外にも(失礼)美味しかったので

「おいしいニュージーランド」のご紹介。

オークランドは移住民が多いため

さまざまな国の料理が楽しめる街。

イギリス庶民の定番

フィッシュ&チップスも

パブやレストランで気軽に楽しめます。

4327

そして多分・・・

イギリスよりおいしいと思いました。

(あくまで個人的感想)

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »