« みかん「田口早生」と「盛田温州」 | トップページ | 3月のリプトン・ブルックボンドハウス フルーツ講座 »

2012/01/30

かんきつ類「あまか」と「紅まどんな」

1月26日の銀座リプトンブルックボンドハウスで開催した

「冬のフルーツ講座」で紹介したかんきつ類は

「あまか(天香)」と「紅まどんな」の2種類。

右上の大きいかんきつ類が紅まどんな

右下があまか

4684

あまかは清見とアンコールを親に持つ

漢字で書くと天の香りで「天香」。

その名の通り

本当に香りの良いかんきつです。

果皮がみかんのように手で剥けて

パクパクと手軽に食べることが出来ます。






一方の紅まどんなは

南香と天草が親の

いわゆる清見のひ孫世代に当たる新しいかんきつ類です。

果皮が薄くて手では剥きにくいので

スマイルカットにします。

横に切ってから4等分

歯を見せてにっこり笑ったようなスマイルカット↓

4687

じょうのう膜も薄く

果肉がゼリーみたいにプルプルしていて

甘くてジューシーで

新感覚のかんきつ類!

果皮が薄いので輸送、貯蔵が難しいと思われますが

一度食べたら病み付きになる人も多いのではないでしょうか?





紅まどんな、あまか

ともにレモンで有名な愛媛県いわぎ島の

いわぎ物産センター」にお願いしました。

本来12月中が旬の紅まどんなはもう終了していますが

他にもいろいろと美味しいかんきつ類があるようです。

個人的には国産ライムもオススメです。

国産ライムのジントニック、抜群に美味しいんですよ~。

ちなみにジンは

ドライなボンベイ・サファイアが好きな私です。







さて、リプトン・ブルックボンドハウスの次回講座も決定しました。

3月22日(木)「かんきつ類講座」です。

午前、午後、、夜の3クラス。

1月とはまるで異なる

春のかんきつ類をいろいろお楽しみいただく予定です。

2月初め募集開始予定だそうです。

またご案内いたします。

|

« みかん「田口早生」と「盛田温州」 | トップページ | 3月のリプトン・ブルックボンドハウス フルーツ講座 »

果物」カテゴリの記事

リプトン・ブルックボンドハウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みかん「田口早生」と「盛田温州」 | トップページ | 3月のリプトン・ブルックボンドハウス フルーツ講座 »