« リプトン ティースクール ギンザ「メロン講座」 | トップページ | 2013年 種子島の新茶 »

2013/03/22

映画「シュガーマン 奇跡に愛された男」鑑賞

アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門を授賞した

シュガーマン 奇跡に愛された男」を観て来ました。

アカデミー賞授賞映画なのですが

東京での上映は有楽町ビックカメラ8階の

角川シネマ有楽町たた1館のみ、なので

とても混雑しています。

ネットで座席指定しておくのが賢明でしょう。






テレビ番組で内容をほぼ把握していたので

ストーリーに対してそれほどの衝撃はありませんでしたが

いい映画でした。

音楽が好きな方は必見!

伊坂幸太郎の小説で

映画にもなった「フィッシュストーリー」が好きな方は

「いつか誰かに伝わる音楽」が

現実に起こったこととして展開する様子に

ワクワクすることでしょう。

2009年「フィッシュストーリー」感想↓

http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-8d6c.html

フィクションの「フィッシュストーリー」は

日本で、時代を超えて、でしたが

ノンフィクションの「シュガーマン」は

アメリカで売れなかった音楽が

本人が知らない間に南アフリカで大ヒット!

そして・・・ですから、まさに奇跡ですよね。








主人公のロドリゲスさんの生き方も何だかすごいです。

大学で哲学を専攻したミュージシャンだからでしょうか?

ああいう人だから奇跡が起きたのでしょうね。

アメリカでも最初は3館での上映だったのが

50倍の150館になったそうです。

アカデミー賞効果で東京でも公開館数が増えるといいですね。

|

« リプトン ティースクール ギンザ「メロン講座」 | トップページ | 2013年 種子島の新茶 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リプトン ティースクール ギンザ「メロン講座」 | トップページ | 2013年 種子島の新茶 »