カテゴリー「香港(2013年12月)」の6件の記事

2014/04/01

銅鑼湾の私房菜「飯堂」

2013年12月香港訪問記の続きです。

毎年新しいお店にもチャレンジします。

今回初めて訪れたのは銅鑼湾の私房菜「飯堂」。

私房菜とはプライベートキッチンと訳す

もともとはお金持ちが友人を招待するために作った

小さなレストランのことで予約しなくては入れないため

どの店も入り口が非常に分かりにくいのが特徴です。

「飯堂」は広東料理中心となっているものの

川式と書かれた四川風の辛めの料理も多く、人気のようでした。





川式青瓜皮蛋

ピータンきゅうりはビールに最高!

Img_0956

胡椒猪骨湯

胡椒の効いた豚骨スープは意外とさっぱり

Img_0960

干煽四季豆

いんげんの炒めものもピリ辛でした

Img_0959

飯堂炆雞

飯堂オリジナル鳥肉炒めも辛かった。

Img_0964

薑汁介蘭

生姜風味季節の青菜

これは今まで食べた介蘭の中でもかなり美味しかった

Img_0962

辛い料理ばかり頼んでしまったので

「辛い」印象が強いのですが

上手にメニューを組み立てるとかなり優秀な気がしました。

再チャレンジしたいお店です。





これまで訪れた私房菜

黄色門厨房(2012年も行っているのに・・・もはや紹介していない)

http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-462c.html

周菜

http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_4378.html

四川菜大平伙

http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-486b.html

梓桐堂

http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_c523.html

などなど

| | コメント (0)

2014/03/27

開催中はすべて満席と言われたラデュレのアフタヌーンティー

香港での宿泊は

昨年50周年のマンダリンオリエンタルホテルですが

ランドマークにも新しいマンダリンオリエンタルホテル

ランドマークマンダリンがありまして

1階Mobarのコラボアフタヌーンティーが人気のようです。

12月に訪れた時には

ラデュレとのコラボアフタヌーンティーがありまして

一応マンダリンのコンシェルジュに予約をお願いしてみましたが

開催中すべて満席!と即答されました。

朝から並んでキャンセルを待つ、という手もあったようですが

滞在時間の短い旅行者には難しいですよね。

入り口のマカロンのクリスマスツリーだけ見てきました。

Img_0922blog

2007年ランドマークマンダリンの通常アフタヌーンティー

http://world-tea.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_0ccc.html

| | コメント (0)

香港 旺角「ランガムプレイスホテル」でアジアンアフタヌーンティー

2013年12月の香港滞在記の続きです。

以前から気になっていた

旺角の「ランガムプレイスホテル」へ。

平日は2人用アフタヌーンティーが4種類から選択できます。

EASTを選ぶと

中国風小箪笥が運ばれてきます。

Img_0976_2

蓋と扉を開けるとこんな感じ

Img_0968blog_2

1段目はしゅうまい、チャーシュー包、照り焼きチキン

左側2段目はマンゴープリン

Img_0969

右側の2段目はラムサモサ、3段目は生春巻きが2皿ずつ

Img_0975_2

下段にはバームクーヘン、エッグタルトなど

Img_0973_2

あまり期待していなかったのですが

ダージリンも烏龍茶も予想外に美味しかったです(すいません)。

Img_0967_2

旺角駅に直結しているので

少々騒がしく、景色もよくありませんが

なかなか面白くて美味しいアフタヌーンティーでした。

| | コメント (0)

2014/01/19

マンダリンオリエンタル香港 クリスマス

マンダリンオリエンタル香港の2013年のクリスマスツリー

全体的に金色な感じです

Img_0920lo

ラウンジの飾り

Img_0921

ちなみに2012年は赤

5418

ラウンジの同じ場所の飾りも赤でした

5417

毎年楽しみです。

| | コメント (0)

マンダリンオリエンタル香港の特別なアフタヌーンティー

香港では12月25日、26日が祝日で

レストランなどではスペシャルメニューを提供しているところがあります。

(そのため予約が取りにくくなります・・・)

宿泊していたマンダリンオリエンタル香港では

12月26日、31日、2014年1月1日だけに提供される

特別なアフタヌーンティーメニューがありましたので

クリッパーラウンジへ。

FESTIVE AFTERNOON TEA 2人用セット

3段スタンドですが一番上が空いている状態で運ばれてきました。

Img_0945_2

Img_0947

2段目 

ミンスパイなどもあり

クリスマスっぽいプチフールてんこ盛りですが

2人用なのにすべて1つずつ

Img_0948

3段目 サンドイッチ4種 

こちらは2つずつありました 

スモークサーモンベーグル、

ローストビーフ、キューカンバ&チーズ、ハム

Img_0949

スコーンは缶に入って

クリスマスギフトっぽく登場。

Img_0946

そしてマンダリンオリエンタル香港といえば

おいしいローズペタルジャム

(今年は珍しく購入しませんでしたが)

Img_0951

後から1段目が配られました 

温かいソーセージロールとキッシュ

Img_0952

温かいものを提供したかったのですね。


おいしいのですがかなりのボリュームだったので

少し部屋にお持ち帰りしました。


たっぷり紅茶を飲む場合は

ポットがあまり大きくないため

どんどん差し湯されて

薄~くなってしまい悲しくなります。

烏龍茶(東方美人辺り)を頼むとよいかもしれません。

| | コメント (0)

2014/01/05

マンダリンオリエンタルは50周年 

キャセイパシフィックの12時間半の遅延により

朝4時15分にホテルにチェックイン。

もちろんいつものマンダリンオリエンタルホテルです。

いつも通りの笑顔のお出迎えが嬉しい限り。

こんな時間でもいつも通りチェックインは部屋で行います。

そして、通された部屋は

何と久しぶりのアップグレードでハーバービューでした。

ウェルカムカードによると

マンダリンオリエンタル50周年の記念すべき年に

我が家は10回目の宿泊となっているらしいのですが

それはおそらく今の住所になってからで・・・

どう考えても20回以上は訪れていますから~~

まぁいいけど・・・









ということで滞在時間が12時間半少なくなったことが

惜しまれるハーバービュー宿泊となりました。

Img_0944

ハーバービューといっても埋立エリアが年々広がり

海はどんどん遠くなります。

視界が開けているので解放感はあります。

Img_0929

この奥行きのあるソファ大好き!

(小さく見えますが足を延ばして座れます)

いつも欲しくなります。

部屋に置くと横幅ないのに奥行きがあって中途半端だろうけど・・・

Img_0930

夜はこんな感じ

Img_0965

この部屋の良さは景色だけではありません。

実はバスルームがすごいのです。

左側にバスタブ

Img_0918blog

真ん中に洗面台

回転するテレビ画面になる鏡付き

Img_0919blog

右側がシャワールームとトイレ

Img_0917blog

バスタブ側のブラインドを開けることも出来ます。

Img_0941blog

バスタブが少し深めなので

テレビを見ながらゆっくり入浴できます。






今回からお茶は不思議なスティック型

Img_0932

エスプレッソマシーンもあります。

Img_0934

ミネラルウオーターが

このエスプレッソマシーン横、ミニバーの近く以外にも

ベッドサイド、洗面所といろいろなところに置いてありまして

開封すると新しいものが追加されます。

ある時数えたら8本ありました。

相当お茶を飲みまくる我が家でも

決してミネラルウオーターを購入する必要がありません。

そんなところも含めて

やっぱりこれからも香港の宿はマンダリンオリエンタル!

と思った次第です。

| | コメント (0)