« サンタマリアという名前のグレープフルーツ | トップページ | かんきつセミナー »

2015/03/12

かんきつ中間母本農6号?

かんきつ中間母本農6号です。

Img_2505

何?といわれましても

そういう名前なのです。

農6とか呼ばれています。

キングマンダリンと無核紀州を交配して出来た品種で

果汁も多く、濃厚な味で美味しいのですが

果皮が厚くて剥きにくいことから

品種改良用とされて

これまであまり紹介されていませんでした。






ところが、最近になって

味の評価に加え

みかんの機能性成分である

βークリプトキサンチンや

ノビレチンの含有量が多いということで

注目されるようになったので

今回リプトンティースクールギンザのかんきつセミナーで

ご紹介してみました。



確かに皮を剥くのは少大変ですが

上の写真のように(オレンジと同じように)

スマイルカットにすれば、簡単に食べることが出来ます。

美味しくて機能性成分たっぷりの

かんきつ中間母本農6号、

大好評でした。








|

« サンタマリアという名前のグレープフルーツ | トップページ | かんきつセミナー »

果物」カテゴリの記事

リプトン ティースクール ギンザ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンタマリアという名前のグレープフルーツ | トップページ | かんきつセミナー »