« 桜の紅茶、日本茶が増えていきます | トップページ | 柑橘セミナーで紹介した8品種 その2 »

2016/04/05

柑橘セミナーで紹介した8品種 その1

3月にリクエスト開催された柑橘セミナ-では

産地、大きさ、皮の色、硬さ、剥き方

果肉の色、香り、甘み、酸味などなど

異なるタイプの

8種類の柑橘類をお楽しみいただきました。

Img_3751

Img_3747

静岡県産ニューサマーオレンジ

Photo

宮崎原産で宮崎では日向夏と呼ばれています。

アルベドと呼ばれる白いワタの部分も

一緒に食べるのが特徴。

私のかんきつセミナーではかなり前から

紹介している品種ですが

まだまだ初めて食べるという方も多いようです。

とにかく香りがよく

程よい酸味が病みつきに!








その日向夏を親に持つ

はるか

Photo_2

日向夏(ニューサマーオレンジ)と

見た目は似ていて

黄色い果皮が

酸味を感じさせますが

ビックリするほど甘い柑橘です。







津之香

清見×興津早生

Photo_3

みかんに似ています。

皮は手で剥いて食べることが出来ます。

思ったよりも酸味があって驚くかもしれませんが

甘い柑橘が多い中、

程よい酸味がよいアクセントになっています。






はれやか

アンコール×ポンカン

Photo_4

なるほどアンコール、ポンカンという

親の特徴を受け継いでいます。

トロピカルな香りで濃厚な味です。







残り4品種についてはまた後ほど

|

« 桜の紅茶、日本茶が増えていきます | トップページ | 柑橘セミナーで紹介した8品種 その2 »

サロン・ド・フルーテ 2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 桜の紅茶、日本茶が増えていきます | トップページ | 柑橘セミナーで紹介した8品種 その2 »