« 日本茶新茶セミナー開催しました | トップページ | 初夏のフルーツとティーパンチセミナー »

2019/06/02

日本茶新茶セミナー かぶせ茶の楽しみ方

日本茶新茶セミナーでは

8種のお茶と

7種のお茶菓子を

お楽しみいただきましたが

印象深いお茶といえば

伊勢茶(三重県産のお茶)

マルシゲ清水製茶さんの

かぶせのてらかわわせでしょうか?

F85f7b8620df402f9e34b9be3661d917

かぶせ茶とは

摘採前に遮光して

うま味成分を引き立てたお茶。

お茶の生産量全国3位の三重県では

北の北勢ではかぶせ茶、

南の南勢では深蒸し茶と

異なるお茶を生産しています。

今回のかぶせ茶は

てらかわわせという

宇治在来の碾茶用品種なので

うま味成分たっぷり!

低い温度で

玉露用の道具を使って

ごく少量を

喉で楽しむ飲み方で

お楽しみいただきました。

204ebb00c09a43db8bc170df2e62e958

E77396e6ac664845a2e47657d17d2d0f

3煎お楽しみいただいた後は

柔らかくなった茶殻を

食べていただきます。

8adc97ea5da14a5dbe71081e2b324469

たれは

クハラの「キャベツのうまたれ」が

おススメ!!

茶殻のおいしさに

驚かれる方続出です。












|

« 日本茶新茶セミナー開催しました | トップページ | 初夏のフルーツとティーパンチセミナー »

日本茶」カテゴリの記事

サロン・ド・フルーテ2019」カテゴリの記事