カテゴリー「ニュージーランド(2011)」の4件の記事

2011/11/18

おいしいニュージーランド4 朝食その1

ラグビーワールドカップ観戦のため

9月15日から10日ほどニュージーランドに行っていた際

思いがけず出会った「おいしいニュージーランド」続報。







オークランドのポンソンビー地区には

お洒落なレストランやカフェが多いということで

なかでも朝食がおいしいと評判のカフェ

「ディゼンゴフ」へ。

オークランド市内の人気エリアを巡回するリンクバスを利用。

古い一軒家を改装したカフェは朝早くから常連さんで大賑わい。

何とか席を確保して注文するわけですが・・・

きちんとしたメニューというものがなく

大混雑のカウンターで

食べたい朝食を細かく早急に説明しなくてはならないので

何がなんだかよくわからず・・・

ちょっと悲しいメニューになってしまいました。

バゲットのトーストとポーチドエッグとほうれん草ディップとバター

(ほうれん草のソテーのつもりがディップに・・・

ディップなんてあったのね、という感じ)

4339

バゲットのトーストとゆで卵とバターとトマト

4340

飲み物は何とか無事に注文

4338

味は良かったので

キチンと注文できればきっと「おいしい朝食」だと思います。

| | コメント (0)

2011/10/04

おいしいニュージーランド3 サーモン

ニュージーランド滞在2日目の街は

オーストラリアとアイルランドの応援団で溢れておりました。

ベイエリアのアイリッシュパブなど

昼間からお祭り騒ぎ状態。楽しそうです。

ファンゾーンの大画面で

盛り上がり必須のオーストラリア・アイルランド戦を観るために

近くのシーフードレストランで食事。

一応ガイドブックにも載っている有名なレストラン

ハーバーサイド・シーフードバー&グリルへ。

サウス・アイランド・キング・サーモン

4334

サーモンはかなり美味しいです。

パエリア

4335

シーフードは美味しいんだけど

パエリアじゃなくてリゾット状態。

味はいいんだけど・・・不思議。

サイドメニューのサラダは新鮮なベビーリーフがてんこ盛り

4337

ニュージーランドは生野菜がかなり美味しい。

ドレッシングも控えめな味でハーブ使いも絶妙。

ホントに何でも美味しい国だなぁ。






そして、この夜、

ラグビーの試合のため

通常の鉄道の駅の出入り口が封鎖され

「えっ、ホテルまで帰れるの?」状態に!

ラグビーの試合のために交通規制がかかる、

それがワールドカップなのです。

この日は何とか帰れましたが・・・。

(07大会オーストラリアVSウェールズ戦後、

4時間半遅れた列車を待ったことがあるので

この程度では動じない私なのです)


ファンゾーンにある巨大ラグビーボール

4325

結局毎日通うことになるファンゾーン

公式グッズ売り場有り

巨大パブ有り

各種屋台有り

いろいろ楽しめます。

| | コメント (0)

2011/10/01

おいしいニュージーランド2 ムール貝(マッスル)

そういえば

ロンドンでもベルギービールの店に通っていたなぁと

ふと思い出したのですが

オークランドでも

お気に入りのベルギービールパブに通っておりました。

「ジ・オキシデンタル・ベルジャン・ビア・カフェ」

4342

これは空いているときに通りかかって撮った写真ですが

とにかくものすごく混んでいて

立ち飲みするスペースもないくらいの盛況ぶり。

それは美味しくて居心地がよいからに他なりません。

マッスル(NZ固有のムール貝)!!

4332

いろんな味付けを選べます。

これはガーリック、セロリ、白ワインなどで蒸したベーシックなもの。

右はスモークサーモンとクマラ(サツマイモ)のスタックという料理。

野菜もたっぷり、ハーブの使い方もなかなかいい感じ。

ワインにも合いそうです。

ですが、やっぱり日本でも大好きでよく飲む

ベルギービール「ヒューガル生」でしょ!?

サイドディッシュで頼んだサラダも大正解。

4333

ポテトはムール貝にもれなく付いてきます。

この店を訪れて

「ニュージーランドはおいしい」と感じ始めたわけです。

| | コメント (0)

おいしいニュージーランド 1

ニュージーランドが意外にも(失礼)美味しかったので

「おいしいニュージーランド」のご紹介。

オークランドは移住民が多いため

さまざまな国の料理が楽しめる街。

イギリス庶民の定番

フィッシュ&チップスも

パブやレストランで気軽に楽しめます。

4327

そして多分・・・

イギリスよりおいしいと思いました。

(あくまで個人的感想)

| | コメント (0)